Beauty Topics

『TIRTIR』の人気コンシーラー色選びガイド!カバー力や肌への密着も検証

出典:TIRTIR 公式画像

『TIRTIR』の人気コンシーラー色選びガイド!カバー力や肌への密着も検証

TIRTIR(ティルティル)の「マスクフィットオールカバーデュアルコンシーラー」は、「ナチュラル」と「ミディアム」の2色展開です。せっかく購入するなら、色選びでの失敗は避けたいですよね。
そこで今回は、TIRTIRのコンシーラーの色の違いや選び方のコツをご紹介します。目元のクマやシミをカバーした仕上がりも検証しているので、購入を検討している人はぜひ参考にしてくださいね。

カテゴリ | ベースメイク
How to コンシーラー TIRTIR

TIRTIRコンシーラーのカバー力や密着力を検証

TIRTIRのコンシーラーの使い方

TIRTIRのコンシーラーの使い方 出典:TIRTIR 公式画像

TIRTIRのコンシーラーは、ファンデーションのタイプによって使う順番が変わります。リキッドやクリームファンデの場合は、ファンデーションのあとに使いましょう。一方パウダーファンデの場合は、下地とファンデーションの間で使用するのが一般的です。

下地で肌を整えた後、スティックコンシーラーで目元のクマやほうれい線など広範囲で隠したいポイントをカバーします。その後、リキッドタイプのコンシーラーでシミやそばかすなどの細かいパーツをカバーしましょう。

スティックで目元のクマをカバーできるか検証

スティックで目元のクマをカバーできるか検証 出典:ライター撮影画像

TIRTIRのコンシーラーで目元のクマをカバーできるか検証してみました。今回使用したのは、「ナチュラル」のスティックタイプ。メイク前はクマでどんよりと黒ずんで見えていましたが、スティックタイプのコンシーラーをなじませると、クマが目立たなくなり目元がパッと明るくなりました。

クマをきれいに隠すコツとしては、肌よりワントーン明るいカラーを使うこと!目元が明るくなれば肌全体がきれいに見えるので、目元のクマを隠すときは明るいカラーを選んでもよいですね。

リキッドでシミをカバーできるか検証

リキッドでシミをカバーできるか検証 出典:ライター撮影画像

次に、TIRTIRのコンシーラーでシミをカバーできるか検証してみました。シミ隠しで使用したのは「ミディアム」のリキッドタイプです。頬にポツンとできたシミより一回り大きくリキッドをのせて、外周をぼかしてみました。

すると、ポツンと目立っていたシミの色素をきれいにカバー!塗った直後は周囲の肌との境界線が目立っていましたが、上からファンデーションを重ねると全体のバランスが取れてきれいな肌に整いました。チップの先端が細く、狙ったところに塗りやすいこともおすすめポイントです。

マスクへの色移りを検証

マスクへの色移りを検証 出典:ライター撮影画像

TIRTIRのコンシーラーは、マスクをしても崩れにくい密着力が評価されています。そこで筆者も、マスクへの色移りを検証してみました。スティックタイプを鼻筋に、リキッドタイプを頬に使用。その上から顔にぴったり密着するマスクを付けて、3時間ほど過ごしてみました。

3時間後の結果が写真のとおりです。鼻が当たる部分には若干色移りが見られましたが、頬はほとんど色移りしていません。マスクを外した後の肌も化粧崩れは気にならなかったため、崩れにくいという評判は本当だったことがわかりました。

色選びのコツを掴んでTIRTIRのコンシーラーを使いこなそう

今回はTIRTIRのコンシーラーの色選びのコツをご紹介しました。肌の色に合わせた選び方をするなら、明るい肌には「ナチュラル」、暗めの肌には「ミディアム」がおすすめ。隠したい肌悩みによっても色の選び方は変わってくるので、目的に合わせた選び方をしましょう。

カバー力と密着力に優れたTIRTIRのコンシーラーは、きれいな肌をキープしたい大人女子におすすめのアイテムです。クマやシミなどの肌悩みに悩んだときは、ぜひ試してみてくださいね。

この記事を書いた人

南コウ

化粧品メーカーで商品開発に携わった経験を活かし、美容ライターとして活動中。コスメの知識を深めるため、日本化粧品検定1級の資格を取得。現在は1児の母として子育てに奮闘中。忙しくても肌は綺麗でいたいと願う女性たちに役立つ情報を発信します。

記事一覧へ戻る