Beauty Topics

《団子鼻》の悩みを解消するメイク術!簡単に自然見え×鼻を高く見せる裏技テクを伝授

出典:adobestock

《団子鼻》の悩みを解消するメイク術!簡単に自然見え×鼻を高く見せる裏技テクを伝授

「鼻が低い」「小鼻が大きい」などの団子鼻に悩む女性は多いのではないでしょうか。鼻は顔の中央にあるため、コンプレックスが目立ちやすい部分。ですが、メイクで少し手を加えるだけで変化が出やすいパーツでもあります。
そこで今回は、シェーディングやハイライトで自然に団子鼻を解消するメイク術を伝授!基本のメイク方法から鼻の形に合わせたメイク方法まで、徹底レクチャーします。今まで鼻にコンプレックスを抱えていた方は、本記事で紹介する鼻を高くするメイク術を参考に、理想の美鼻を手に入れましょう。

カテゴリ | ベースメイク
How to
INDEX

団子鼻はメイクで自然に解消できる!

団子鼻をコンプレックスに感じていませんか?

団子鼻をコンプレックスに感じていませんか? 出典:adobestock

「鼻が低い」「小鼻が大きい」などのいわゆる「団子鼻」はアジア人に多い鼻の形。丸みがある鼻の形は、やさしく親しみがある雰囲気に見せてくれます。しかし日本人女性は、この団子鼻をコンプレックスに捉えている方がほとんど。一般的に鼻筋が通り、鼻先がシュッと尖った鼻の形が美しいとされているのです。

そんな憧れのスッキリとした高い鼻は、メイクで簡単に手に入れられますよ。

団子鼻を目立たなくするカギはシェーディングとハイライト

団子鼻を目立たなくするカギはシェーディングとハイライト 出典:adobestock

メイクで団子鼻を解消するためには、シェーディングとハイライトが最重要。影と光を加えて、スッキリとした高い鼻に見せます。

ですが、シェーディングやハイライトは、入れ方を間違えると不自然になりやすいため注意してください。自然な仕上がりを目指すには「アイテム選び」と「入れる位置」の2つのポイントを押さえておく必要があります。

団子鼻をメイクで隠す際に自然に仕上げる2つのポイント

ポイント1|アイテム選び

ポイント1|アイテム選び 出典:adobestock

自然に団子鼻を解消するためには、まずシェーディングやハイライトのアイテム選びがポイントになります。色が暗すぎるシェーディングや、ラメ感が強くギラギラしすぎるハイライトは、舞台メイクのように濃くなってしまうので注意が必要です。

鼻に使うシェーディングは、フェイスラインに使うものよりも淡い色味がおすすめ。ハイライトも自然に肌を明るく見せる肌なじみのよいアイテムを選びましょう。

ポイント2|シェーディングとハイライトの入れる位置

ポイント2|シェーディングとハイライトの入れる位置 出典:adobestock

シェーディングやハイライトを入れる位置も気を付けてほしいポイントの1つ。広範囲に入れるのは避け、部分的に入れるのが自然に鼻を高く見せるコツです。

欲張って入れると、強調しすぎて不自然に見えるので注意してください。鼻は少し手を加えるだけで変化がわかりやすいパーツ。控えめだと感じるくらいでちょうどよい仕上がりになります。

《基本のシェーディング》自然に鼻筋を高く!団子鼻解消メイク

シェーディングを入れる基本の位置をチェック

シェーディングを入れる基本の位置をチェック 出典:ライター撮影画像

ノーズシャドウを入れる基本の位置は「眉頭下から目頭の三角ゾーン」「小鼻の横」「鼻の下」の3ヶ所。この3ヶ所は、基本的に必ず入れてほしい位置です。

先ほども説明したように、団子鼻メイクは部分的に入れるだけで印象が大きく変わります。基本の位置に入れるだけでシュッと高いキレイな鼻に近づけるので、初心者の方も最低限押さえておきましょう。それでは、3ヶ所のシェーディングの入れ方について、詳しく解説していきます。

眉頭から目頭の三角ゾーンのシェーディングで鼻筋に立体感プラス

眉頭から目頭の三角ゾーンのシェーディングで鼻筋に立体感プラス 出典:adobestock

眉頭から目頭にかけての三角ゾーンのシェーディングは、鼻根を際立たせ、通った鼻筋に見せます。鼻筋を高く見せるために、つい濃い色味で鼻の付け根から小鼻までしっかり入れてしまいたくなりますが、それは絶対にやめましょう。わざとらしくならないように、肌よりもワントーン暗い色味で部分的に入れるのが、自然に仕上げるコツです。

小さめのブラシを使って色味を調整しながら塗ると、広範囲にがっつり色味が付くのを避けられます。最後に塗った部分の境目をしっかりぼかして、肌となじませてください。

小鼻にシェーディングを入れて鼻の丸みを隠す

小鼻にシェーディングを入れて鼻の丸みを隠す 出典:adobestock

小鼻のシェーディングは大きい小鼻をカバーし、スリムに見せます。ブラシを使い、小鼻にある少し窪んだ部分から鼻先に向かって斜めに入れましょう。細く入れるのが自然に仕上げるコツです。

幅広く色がのってしまうと、悪目立ちしてしまうので要注意。薄く小さめのブラシを使うと、ピンポイントで塗りやすく失敗が減らせますよ。最後は、必ず境目をぼかす作業を忘れずにおこないましょう。

この記事を書いた人

shimmy

美容やコスメをこよなく愛する2児の母。好きなことを仕事にしたい!という思いから美容やコスメについて一から勉強し、コスメコンシェルジュの資格を取得。

ライター記事一覧

記事一覧へ戻る