Beauty Topics

《団子鼻》の悩みを解消するメイク術!簡単に自然見え×鼻を高く見せる裏技テクを伝授

出典:adobestock

《団子鼻》の悩みを解消するメイク術!簡単に自然見え×鼻を高く見せる裏技テクを伝授

「鼻が低い」「小鼻が大きい」などの団子鼻に悩む女性は多いのではないでしょうか。鼻は顔の中央にあるため、コンプレックスが目立ちやすい部分。ですが、メイクで少し手を加えるだけで変化が出やすいパーツでもあります。
そこで今回は、シェーディングやハイライトで自然に団子鼻を解消するメイク術を伝授!基本のメイク方法から鼻の形に合わせたメイク方法まで、徹底レクチャーします。今まで鼻にコンプレックスを抱えていた方は、本記事で紹介する鼻を高くするメイク術を参考に、理想の美鼻を手に入れましょう。

カテゴリ | ベースメイク
How to

上向きの団子鼻

上向きの団子鼻 出典:ライター撮影画像

正面から顔を見たときに、鼻の穴が見えてしまう上向きの団子鼻の方は、コンシーラーを使ってカバーしましょう。コンシーラーは鼻の穴の入り口部分をクルッと一周して塗ります。先が細めのスティックタイプのコンシーラーを使うと、細かい部分も塗りやすいのでおすすめです。もし、スティックタイプのものがないときは、コンシーラーを綿棒に取ってから塗るとピンポイントで付けやすくなりますよ。

鼻の穴にコンシーラーを塗ることで穴の影を消して大きさを小さく見せ、上向きになっているのを目立たなくします。

《輪郭別》自然に鼻筋を高く!団子鼻解消メイク

丸顔の団子鼻解消メイク

丸顔の団子鼻解消メイク 出典:adobestock

若々しくやわらかい雰囲気を持つ丸顔の方は、鼻が低いとより可愛らしさが加速し、幼く見えてしまいます。団子鼻メイクでは、丸顔を緩和するように縦のラインを意識して入れるとよいでしょう。

シェーディングは眉頭下から鼻筋の中央部分まで長めに引くのがポイント。ハイライトも鼻の付け根から鼻の中央部分まで少し長めに入れてください。どちらも基本の位置より長めに入れることで、縦のラインが強調され幼さが目立たなくなります。

面長の団子鼻解消メイク

面長の団子鼻解消メイク 出典:adobestock

顔が縦に長い面長が縦のラインを強調してメイクをすると、のっぺりと間延びした顔立ちに見えてしまいます。そのため、団子鼻メイクでは長さを隠すようなシェーディングやハイライトの入れ方を意識しましょう。

シェーディングやハイライトは、鼻筋の幅を少し広く見せることで縦の長さを緩和します。眉頭下と目頭横にある三角ゾーンと小鼻のシェーディングは、気持ち外側に入れるのがポイント。ハイライトも少し横長に入れることで横のラインが強調でき、顔の長さを短く見せます。

ベース顔の団子鼻解消メイク

ベース顔の団子鼻解消メイク 出典:adobestock

エラ部分が目立ちやすいベース顔さんは、顔の高い位置にハイライトを入れて視線を上に持っていくことで、団子鼻を解消しながら輪郭の悩みを目立たないようにしましょう。「おでこ」と「鼻の付け根」にのみ入れ、鼻先には入れないのがポイント。なるべく鼻の上部分に立体感を出し、顔全体で見たときに視線を目の位置に集めてフェイスラインをカバーします。

シェーディングは「眉頭下から目頭の三角ゾーン」「小鼻の横」「鼻の下」の基本の位置でOK。気になる鼻先の低さは、シェーディングだけで解消させましょう。

逆三角形の団子鼻解消メイク

逆三角形の団子鼻解消メイク 出典:adobestock

ハチの部分が広く、顎先がシャープな逆三角形さんは、鼻の付け根部分をスリムに見せて縦ラインを強調し、横の広さを隠しましょう。団子鼻解消メイクでは、シェーディングを「眉頭下から目頭の三角ゾーン」「小鼻の横」「鼻の下」の基本の位置に入れますが、縦のラインを強調するために、三角ゾーンの部分はキュッと少し内側に影を入れるのがポイントです。気持ち内側に入れることで鼻筋を細く見せられます。

また、ハイライトも鼻の付け根部分は少し長めに入れ、鼻筋を少し長く見せて縦のラインを強調するように入れてください。

ナチュラルさが遠のく!団子鼻を不自然に見せてしまうNGメイク

自分の肌に合っていないシェーディングやハイライトを使う

自分の肌に合っていないシェーディングやハイライトを使う 出典:adobestock

いくらシェーディングやハイライトの入れる位置が正しくても、自分の肌色になじまないアイテムを使ってしまうと、そこだけが浮いてしまい不自然に見えます。鼻は視線がいきやすいため、カラーを失敗するとそれだけで目立ちやすい部分。色選びも慎重におこないましょう。

団子鼻を解消するために使うシェーディングは、肌色よりもワントーン暗いカラーがおすすめ。ハイライトは白っぽく発色するものやラメ感が強いものは避け、なじみやすいベージュ系のカラーでラメの粒子が細かく繊細に輝くアイテムを選びましょう。

シェーディングやハイライトをぼかさない

シェーディングやハイライトをぼかさない 出典:adobestock

シェーディングやハイライトは、塗って終わりではありません。塗ったあとは、必ずぼかす作業を忘れずにおこないましょう。塗った部分との境目がはっきりしていると、わざとらしく仕上がり不自然です。しっかりとぼかすことで、自然な影や光に見えるように表現します。

ぼかす作業は指でおこなってもよいですが、ブラシを使うと加減が調節しやすいため、より自然な仕上がりが目指せますよ。

自然に鼻筋へ立体感を与えるメイク術で目立たない団子鼻へ

多くの女性がコンプレックスに感じている「団子鼻」。団子鼻にはさまざまな種類がありますが、悩みに合わせてシェーディングやハイライトで立体感をプラスすることで、憧れの美鼻に近づけますよ。

今まで鼻の形で悩んでいた方は今回の記事を参考に、ぜひ団子鼻解消メイクに挑戦してみてくださいね。

この記事を書いた人

shimmy

美容やコスメをこよなく愛する2児の母。好きなことを仕事にしたい!という思いから美容やコスメについて一から勉強し、コスメコンシェルジュの資格を取得。

ライター記事一覧

記事一覧へ戻る