Beauty Topics

【TWICEナヨン風メイク】で韓国美女を演出!やり方やポイントを徹底レクチャー

出典:adobestock

【TWICEナヨン風メイク】で韓国美女を演出!やり方やポイントを徹底レクチャー

韓国のアイドルグループ「TWICE(トゥワイス)」のメンバー「ナヨン」をご存知ですか?爽やかで可愛いルックスを持つ彼女は、多くの女性たちから憧れられる存在です。
そんな憧れの彼女に近づくべく、今回はナヨン風に仕上げるメイク方法を伝授!ナヨンの顔に近づくためのメイクポイントや、やり方を詳しく解説します。今日から簡単に実践できる簡単な方法を紹介しているので、気になった方はぜひチェックしてみてくださいね。

カテゴリ | アイメイク
How to 韓国 トレンド

チークメイク方法|少し高めの位置に入れて可愛い印象に

チークメイク方法|少し高めの位置に入れて可愛い印象に 出典:ライター撮影画像

ナヨンは、頬がふっくらとしていて丸いのが特徴。そのため、チークは少し高めの位置に入れ、ふっくらとした丸みのある頬を演出しましょう。ふんわりと淡く入れ、ほんのり血色感を足す程度に仕上げるのがポイントです。 

高めの位置に入れると「幼くなりそう」と抵抗を感じる方もいるかもしれません。ですが、ヘルシーさや上品さを与えるオレンジ系や、ベージュ系のカラーを選ぶことでバランスが取れ、幼くなりすぎるのを抑えられます。 

TWICEナヨンのように可愛い女性に!簡単メイク方法|リップ

ナヨン風メイクのリップはチークとカラーを合わせて統一感を

ナヨン風メイクのリップはチークとカラーを合わせて統一感を 出典:adobestock

リップはチークと同系色を選び、統一感を出しましょう。頬と唇に統一感があると、それだけで全体の顔の印象がまとまって見えます。 

また、さらにナヨンっぽく仕上げるにはリップの質感も重要。ピュアな唇を演出するため、ツヤ感のあるシアーな発色のリップを選びましょう。 

韓国ブランドのリップコスメは、高機能で韓国アイドルらしさも出せます。アイテム選びに迷ったときは韓国コスメから選んでみるのもよいでしょう。 

リップメイク方法|オーバーリップ気味に塗りふっくらした唇に

リップメイク方法|オーバーリップ気味に塗りふっくらした唇に 出典:ライター撮影画像

ナヨンはぷるっとしたふっくら唇が魅力的。リップメイクでは、そんなふっくら唇を演出するため、オーバーリップに仕上げるのがポイントです。 

リップは、本来の唇よりも少しはみ出すようなイメージで塗りましょう。なるべく発色がナチュラルなものを使用したほうが、ナヨンらしさが出ます。もし、濃いリップしか手持ちにない場合は、唇の中央にのせて指で外側にぼかしながら塗ると発色が穏やかになるので試してみてください。 

TWICEのナヨン風メイクで幼くなりすぎてしまうときの対処法

涙袋メイクを控えめにする

涙袋メイクを控えめにする 出典:adobestock

ナヨン風メイクは、クールよりも可愛い要素の多いメイクなので、その人が持つもともとの顔の雰囲気によって、幼く見えてしまう場合があります。もし、ナヨン風メイクをしてみて大人っぽさを加えたくなったら、2つのポイントを押さえてみてください。 

まず1つ目は、涙袋です。涙袋は幼い印象を強くしてしまいやすいパーツ。ぷっくりさせすぎるとまんまるな目元に見え、少女感が増します。アイメイク方法でも解説しましたが、涙袋メイクでは繊細なツヤや自然な明るさでナチュラルに仕上げるのが大前提。それでも気になってしまう場合は、ラメなどのツヤ感を引き算して、明るさだけで立体感を出しましょう。肌よりも少し明るいベージュ系のアイシャドウを使うのがおすすめです。 

チークやリップのカラーをベージュ系に変えてみる

チークやリップのカラーをベージュ系に変えてみる 出典:adobestock

2つ目はチークやリップ。チークやリップのカラーを変えるだけでも、顔の印象が大きく変わります。大人っぽさをプラスしたい場合は、断然ベージュ系のカラーがおすすめ。落ち着いた印象に仕上がり、大人の色っぽさを引き出してくれます。 

チークやリップの質感やメイク方法まで変えてしまうと、ナヨンのイメージとはかけ離れてしまいますが、カラーのみならバランスよく変化がつけられますよ。 

TWICEのナヨン風メイクで可愛いがあふれる韓国美女へ

爽やかで可愛いルックスを持つTWICEのナヨンは、女性たちの憧れの的。そんな憧れの顔に近づけるように、今日からナヨン風メイクに挑戦してみませんか?ものまねメイクのようにそっくりとまではいかないかもしれませんが、ポイントさえ押さえれば誰でもナヨンのようなキュートでフレッシュな雰囲気を纏えますよ。 

ぜひ本記事を参考に、チャレンジしてみてくださいね。 

この記事を書いた人

shimmy

美容やコスメをこよなく愛する2児の母。好きなことを仕事にしたい!という思いから美容やコスメについて一から勉強し、コスメコンシェルジュの資格を取得。

ライター記事一覧

記事一覧へ戻る