Beauty Topics

【化粧水の使用期限】が知りたい!基本と未開封の場合で異なる期間とは?

出典:adobestock

【化粧水の使用期限】が知りたい!基本と未開封の場合で異なる期間とは?

化粧品には、食品のように期限が記載されているものはほぼありません。そのため、「いつまでに使い切ればいいの?」とお悩みの方も多いはず。
化粧水は、未開封と開封後で使用期限が異なります。また、保管方法や使い方次第では品質を長持ちさせることも可能です。
今回は、化粧水の正しい保管方法や品質を保つ方法、使い方の注意点や購入後時間が経ってしまった化粧水を使用する際の注意点等についてご紹介しましょう。

カテゴリ | スキンケア
How to 基本編 化粧水
INDEX

化粧水の使用期限は未開封と開封後で異なる

化粧水は開封した時点から酸化が始まる

化粧水は開封した時点から酸化が始まる 出典:adobestock

化粧水は、空気に触れた瞬間から酸化が始まります。つまり、開封した時点から品質の劣化が始まってしまうということ。一度開封した化粧品は期間を置いて放置することなく、なるべく早めに使い切りましょう。

開けてから時間が経ったアイテムは、品質が変化してしまったり雑菌が繁殖してしまったりする可能性があります。肌にも悪影響を及ぼすので、しっかりと使用期限や使い方を守ってくださいね。

開封後の化粧水は基本的に3ヶ月を目安に使い切る

開封後の化粧水は基本的に3ヶ月を目安に使い切る 出典:adobestock

それでは、開封後の化粧水はどのくらいの期間使用できるのでしょうか。一般的に、一度開けた化粧水は3ヶ月以内に使い切るのがベストといわれています。化粧水は毎日使うものですので、よほど大容量のものでなければ3ヶ月で使い切ることができるかと思います。

ただし、朝晩で使用するアイテムを変えている方や肌の調子によって使い分けている方は、使用期限が過ぎてしまう可能性もあります。

化粧水に限らず、誤って使用期限の過ぎたアイテムを使うことのないよう、使用開始時の日付をボトルに明記するなどして保管方法を工夫をしてみましょう。

未開封の化粧水の使用期限はおおよそ3年ほど

未開封の化粧水の使用期限はおおよそ3年ほど 出典:adobestock

一方、未開封の場合は基本的に品質を保つことができている状態なので、開封後よりもかなり使用期限が長いです。一般的には、未開封の化粧水の使用期限はおおよそ3年ほどといわれています。

未開封の場合は中身が空気に触れないため、酸化が進まず品質を保つことができます。

ただし、お使いのアイテムに使用期限が明記されている場合は、そちらの使用期限を目安に使い切ってくださいね。

\お守りコスメ/ 乾燥が辛くなる前に使いたい、保湿アイテムとは?

化粧水に使用期限が明記されていない理由は?

化粧水に使用期限が明記されていない理由は? 出典:adobestock

それでは、どうして化粧水には使用期限の記載がないのでしょうか?これは、スキンケア用品や化粧品などについて、法律によって使用期限の表示が義務付けられていないためです。

医薬品医療機器等法では、「製造又は輸入後3年を超えて性状及び品質が安定な医薬品は、使用期限表示の対象から除外」と定められています。上記のような理由から、化粧水には使用期限が明記されていないのですね。

化粧水の品質を保つ使い方や保管方法は?

使い方や保管方法によって化粧水の寿命が変わる!?

使い方や保管方法によって化粧水の寿命が変わる!? 出典:adobestock

化粧水に使用期限はある程度決まっていますが、購入後の保管方法や開封後の使い方などによって寿命が変化します。正しい使い方や保管方法を守っていれば使用期限まで問題なく使えるのですが、誤った方法で保管・使用してしまうと品質が劣化する原因に…。

きちんと品質を保つ方法や正しい使い方は、以下の4つのポイントを守ることが大切です。

  • 1.直射日光を避けて保管する
  • 2.高温多湿を避け、冷暗所で保管する
  • 3.使用後はきちんと蓋を閉める
  • 4.清潔な手で使用する

これらの方法について、それぞれ詳しく解説しましょう。

1.直射日光を避けて保管する

1.直射日光を避けて保管する 出典:adobestock

スキンケアやメイク用品などの化粧品は、基本的にすべて直射日光が当たらない涼しい場所で保管しましょう。継続的に直射日光が当たってしまうと、温度の変化が激しく品質が劣化する原因になりかねません。

品質を保つためにも、未開封の化粧水もすでに使用している化粧水も同じように、直射日光が当たらない場所に保管するように心がけてくださいね。

2.高温多湿を避け、冷暗所で保管する

2.高温多湿を避け、冷暗所で保管する 出典:adobestock

高温多湿な場所は、雑菌が繁殖しやすい場所。雑菌が繁殖すると品質を保てなくなってしまいます。そのため、高温になりやすい場所やじめじめした場所での保管は避けましょう。

とくに注意していただきたいのは、浴室にスキンケアアイテムを保管すること。浴室はお部屋の中でも高温多湿になりやすい場所です。また、浴室に近い洗面所などに保管する場合も、置き場所に工夫をして保管するようにしてください。

3.使用後はきちんと蓋を閉める

3.使用後はきちんと蓋を閉める 出典:adobestock

すべての化粧品は空気に触れると酸化するため、品質を保つためにも使用後にきちんと蓋を閉めて外気からシャットアウトすることが大切です。使用後は蓋を開けっぱなしにせず、毎回きちんと閉めるように心がけましょう。

また、ボトルの口に中身が付着していると、きちんと蓋が閉まらない原因にもなります。そのため、付着が気になったらこまめに拭き取るなどして、ボトルの中身が空気に触れることをなるべく防ぎましょう。

4.清潔な手で使用する

4.清潔な手で使用する 出典:adobestock

基本であり最も大切なことは、清潔な手で使用するということです。ボトルに触れる手が雑菌まみれだと、ボトルの中身にも雑菌が繁殖してしまう原因になります。また、雑菌が肌について肌荒れなどのトラブルを引き起こしてしまうことも。

そのため、化粧水を使用する際には、きちんと手を洗ってから行いましょう。ボトルの口に直接手を付けないことも大切です。

この記事を書いた人

RAXY Style 編集部

RAXY Style編集部がセレクトした旬のコスメやメイクのHow to情報をお届けします。いつもより輝けるキレイのヒントをお届けてしていきます★

ライター記事一覧

記事一覧へ戻る

share