Beauty Topics

レディースヘアワックスの使い方講座!基本スタイリングを習得して理想の髪型に。

出典:adobestock

レディースヘアワックスの使い方講座!基本スタイリングを習得して理想の髪型に。

ヘアスタイリングの仕上げに使うアイテム、ヘアワックス。身近であるがゆえに、使い方をよく理解していない…という方も多いのではないでしょうか?せっかくきれいに仕上げた髪型も、ワックスの使い方を間違えて、スタイリングの最後で台無しになってしまってはもったいない!
今回はヘアワックスの基本の使い方をはじめ、簡単におしゃれな髪型にスタイリングできる使い方、ヘアアレンジ方法などを徹底紹介していきます。

カテゴリ | ヘアケア
How to 基本編 ワックス
INDEX

今さら聞けない!ヘアワックスの基本の選び方

髪質や仕上がりに合ったヘアワックスを選ぶことが基本!

髪質や仕上がりに合ったヘアワックスを選ぶことが基本! 出典:adobestock

ヘアワックスを選ぶ際の基本は、自分の髪質や、なりたい髪型のイメージに合っているものを選ぶこと。自分の髪質やスタイリングイメージに合っていないものを使用すると、使いにくいだけでなく、髪を痛めてしまう原因になってしまいます。

ヘアワックスの種類や用途をきちんと理解した上で、自分の髪質や理想の髪型にぴったりのヘアワックスや使い方を見つければ、ヘアアレンジがもっと楽しくなりますよ。

ヘアワックスの種類(1)初心者も安心!ファイバータイプ

ヘアワックスの種類(1)初心者も安心!ファイバータイプ 出典:adobestock

まず最初にご紹介するのが、ファイバータイプ。ヘアワックスの中でも基本的なタイプといえる種類で、中に細かい繊維が入っているのが特徴です。伸びと髪へのなじみがよいため、初心者の方でも簡単な使い方でスタイリングができますよ。

油分が多くツヤや束感が出やすいことから、カールスタイルにぴったり。仕上がりが重ためで髪型がつぶれてしまいがちなので、少量ずつ伸ばす使い方がおすすめです。

ヘアワックスの種類(2)エアリーヘアに!クレイ・マットタイプ

ヘアワックスの種類(2)エアリーヘアに!クレイ・マットタイプ 出典:adobestock

クレイ・マットタイプのヘアワックスは、一般的にドライヘアワックスと言われる種類のヘアワックス。油分が少なく、ツヤや伸び感は少ないですが、キープ力は抜群!まるでスタイリング剤をつけていないような、ふわっと自然な髪型に仕上がるのが特徴で、細く柔らかい髪の方や、トップがぺしゃんこになりがちな方におすすめです。

ただ、伸びがよくない分、上手な使い方をしないと髪に固まりができやすいのが注意点となります。

美への目覚め\韓国美容/旬の韓国コスメの情報を集めました!

ヘアワックスの種類(3)使いやすさ抜群!クリームタイプ

ヘアワックスの種類(3)使いやすさ抜群!クリームタイプ 出典:adobestock

ファイバータイプとクレイ・マットタイプの中間の質感といえるクリームタイプのヘアワックス。ツヤ感、キープ力、伸び感ともに平均的のため、使い方の簡単さではNo.1のヘアワックスです。

ナチュラルに潤った毛束感や、カールヘアの柔らかな動きを生かしたいならクリームタイプのヘアワックスを選ぶと間違いないでしょう。どんな髪型の方にも向いている、まさに万能のヘアワックスといえます。

ヘアワックスの種類(4)崩れ知らずの髪型に!スプレータイプ

ヘアワックスの種類(4)崩れ知らずの髪型に!スプレータイプ 出典:adobestock

ふんわりヘアを キープしたり、まとめ髪をキープしたり、とひとつ持っていると便利なのがスプレータイプのヘアワックス。その名の通りスプレーできるヘアワックスのことで、使い方はシュッとひと吹きするだけ、と手軽な使用方法が人気のタイプになっています。

手を汚すことなくスタイリングできるのはもちろん、ヘアアレンジの仕上げに使う方法もあり、さまざまなシーンで活躍してくれますよ。

理想の髪型に!ヘアワックスの基本的な使い方とスタイリング方法

ヘアワックスの基本的な使い方をマスターして簡単おしゃれに!

ヘアワックスの基本的な使い方をマスターして簡単おしゃれに! 出典:adobestock

それではヘアワックスの基本的な使い方を詳しくご紹介していきましょう。使い方や分量によって表情を変えることができるヘアワックスは、基本の使用方法をしっかり押さえていれば、仕上がりが見違えるように素敵になります。

一番わかりやすい例として、ダウンスタイルの巻き髪アレンジをヘアワックスでスタイリングするときの使い方とスタイリング方法のコツをご紹介しますので、しっかりと使い方をマスターしていきましょう。

ヘアワックスの使い方(1)手のひらに取りよく伸ばす

ヘアワックスの使い方(1)手のひらに取りよく伸ばす 出典:adobestock

髪全体をコテで巻いたら、ヘアワックスを適量手に取ります。ボブ~ミディアムくらいの女性の髪の長さなら10円玉ほどの大きさのワックスが適量ですが、仕上がりや髪の長さによって調整してくださいね。

心配な方は、少量ずつ重ね付けする使い方が安心です。手を合わせてヘアワックスを熱で柔らかくしたら、手のひら全体に薄く伸ばし、ムラづきを防ぎます。指の間にもしっかりと伸ばすと、さらに均一に伸ばせますよ。

ヘアワックスの使い方(2)髪の内側からなじませる

ヘアワックスの使い方(2)髪の内側からなじませる 出典:adobestock

手のひら全体にヘアワックスがなじんだら、サイド~こめかみあたりの髪を取り、毛束をつかむようにして髪の内側からなじませます。ふんわりとしたシルエットを作りたい後頭部部分も忘れず、内側に手を入れましょう。

使い方の注意点としては、カールをつぶさないように、やさしくヘアワックスを付けるようにすること。最後に毛先も手のひら全体でもみこむようになじませます。

ヘアワックスの使い方(3)毛束をほぐしながら全体に伸ばす

ヘアワックスの使い方(3)毛束をほぐしながら全体に伸ばす 出典:adobestock

髪の内側にヘアワックスを付け終わったら、髪型全体に伸ばしていきます。

この時も、せっかくつくったカールをつぶさないように、やさしく髪をもみこむようにする使い方を心がけましょう。

固まった毛束をほぐすようにすれば、細かな毛束ひとつひとつにワックスが薄くつき、簡単におしゃれなニュアンスヘアスタイリングができますよ。

ヘアワックスの使い方(4)髪の表面を整えて毛束を作る

ヘアワックスの使い方(4)髪の表面を整えて毛束を作る 出典:adobestock

ヘアワックスの基本の使い方の最後は、髪の表面のツヤ出しと毛束づくりです。全体の毛束がほぐれたら、髪の根元を片手で支えながら表面をなでるように手ぐしを入れましょう。この使い方で、薄くワックスが付いたままの手で表面が整い、適度なツヤのある質感になります。

最後は毛先をつまむようにして毛束をつくり、カール感を強調。トップを立ち上げるように髪の根元部分にも毛束を作ると、髪型全体のバランスがよくなります。

この記事を書いた人

RAXY Style 編集部

RAXY Style編集部がセレクトした旬のコスメやメイクのHow to情報をお届けします。いつもより輝けるキレイのヒントをお届けてしていきます★

ライター記事一覧

記事一覧へ戻る

share