Beauty Topics

化粧水の正しい使い方とつけ方で理想のツヤ肌へ!効果を高める方法とは?

出典:adobestock

化粧水の正しい使い方とつけ方で理想のツヤ肌へ!効果を高める方法とは?

スキンケアに欠かせない化粧水。みなさんは正しく使えていますか?なんとなくつけているだけ…という方は要注意!
どんなに高価なものを使っていても、使い方を誤ってしまうとせっかくの効果が半減してしまいます。
そこで今回は、化粧水の正しい使い方をご紹介!選び方のポイントやつけ方、おすすめアイテムまでご紹介しているので、「ツヤ肌を手に入れたい!」という方はぜひ、最後までご覧くださいね。

カテゴリ | スキンケア
How to おすすめ 基本編 化粧水
INDEX

正しい使い方をチェックする前に化粧水の効果を再確認!

肌にうるおいを与える

肌にうるおいを与える 出典:adobestock

化粧水の最大の役割は皮膚に水分を補給することです。乾燥は肌老化のひとつの大きな要因となり、ハリの低下や小じわが増えるなどさまざまな肌トラブルを引き起こします。
とくにクレンジング後や洗顔後は、汚れとともに皮膚の水分が一緒に流れてしまい乾燥しやすい状態です。
化粧水は乾燥状態の皮膚に素早く水分を与えうるおいで満たし、表面を整える働きがあります。

肌の皮脂バランスが整う

肌の皮脂バランスが整う 出典:adobestock

肌は本来、外的刺激から守るバリア機能が備わっています。しかし、皮膚のうるおいが少なくなり乾燥すると、バリア機能が低下し少しの刺激で肌荒れが起こりやすい状態に…。
すると刺激から皮膚を守ろうと皮脂を過剰に分泌し、顔のテカリや毛穴トラブルを引き起こしてしまうのです。
化粧水で皮膚の水分を補いクリームや乳液で油分を与えると、皮脂のバランスが整うので、乾燥による過剰な皮脂分泌の抑制につながります。

肌のキメが整う

肌のキメが整う 出典:adobestock

肌が乾燥するとターンオーバーのサイクルが乱れ、古い角質がうまくはがれずにどんどん蓄積します。
古い角質が溜まっていくと角層が分厚くなり、ゴワつきの原因に…。くすんで顔色が悪く見え、化粧ノリも悪くなってしまいます。
化粧水はゴワついた皮膚にしっかりと水分を与えて柔軟にし、キメの細かい健康的な肌に導きます。

\お守りコスメ/ 乾燥が辛くなる前に使いたい、保湿アイテムとは?

次に使う美容液や乳液の効果を高める

次に使う美容液や乳液の効果を高める 出典:adobestock

化粧水は次に使う美容液を、効率よくいきわたらせるブースターの役割もあります。化粧水のステップを飛ばしていきなり美容液をつけても角層が硬い状態なので、なかなか皮膚になじみません。
化粧水で皮膚にうるおいを与え角層をやわらかい状態に整えておくと、美容液がスムーズになじみやすくスキンケアがより効果的におこなえます。

化粧水の正しい使い方の第一歩は“正しく選ぶ”ところから

朝と夜で違うものを選ぶ

朝と夜で違うものを選ぶ 出典:adobestock

朝と夜では肌状態が違うので、使うタイミングでアイテムを選ぶと効果的に使えます。
朝はメイクにひびかないさっぱりタイプ、夜は高保湿のしっとりタイプなど朝と夜で使用感が違うものを選んでみてください。
また、化粧水の前に使うプレ化粧水も朝と夜で選ぶのがおすすめ。朝は洗顔代わりに軽い汚れを落とす拭き取り化粧水、夜はスキンケアがいきわたるのを助ける導入化粧水など目的が違うものを選んでみてくださいね。

肌悩みで選ぶ

出典:adobestock

どんな肌トラブルも基本は保湿が一番なのですが、プラスアルファでそれぞれのトラブルに特化した化粧水を上手に選ぶと、より効果的に使えます。
シミやそばかす、くすみが気になる方は美白化粧水、ニキビが気になる方は、殺菌や抗菌成分が配合されている薬用化粧水、毛穴の開きが気になる方には皮膚表面を引き締めて皮脂分泌を抑制する収れん化粧水など、悩みに合ったアイテムを選びましょう。

肌質で選ぶ

肌質で選ぶ 出典:adobestock

自分の肌質を知り、肌に合ったアイテムを選ぶと使用感にストレス無く使えます。
まずはセルフチェックで自分の肌質を把握しましょう。
洗顔後、20分程度肌に何もつけずに放置。

  • ・つっぱって乾く方は乾燥肌
  • ・つっぱる部分とテカる部分がある方は混合肌
  • ・顔全体がテカる方は脂性肌

乾燥肌の方はしっとりタイプ、混合肌の方は保湿力があり低刺激なタイプ、脂性肌の方はさっぱりタイプなど、肌質を知ることで化粧水が選びやすくなり、より効果的に使えます。

年代に合ったものを選ぶ

年代に合ったものを選ぶ 出典:adobestock

肌悩みは年代によっても変わります。化粧水も年代に応じたケアができるものを選びましょう。

  • ・20代はうるおいを与え、皮膚の水分バランスを整える化粧水。
  • ・30代は保湿ケアに力を入れつつ、しみや毛穴ケアなどの肌トラブルに対応できる化粧水。
  • ・40代はしわやたるみなど気になるエイジングサインにアプローチする化粧水。

など、年代に合ったケアができるアイテムを選ぶと、より効果が実感しやすくなります。

この記事を書いた人

RAXY Style 編集部

RAXY Style編集部がセレクトした旬のコスメやメイクのHow to情報をお届けします。いつもより輝けるキレイのヒントをお届けてしていきます★

ライター記事一覧

記事一覧へ戻る

share