Beauty Topics

より肌をもっちりさせたいあなたへ。【導入液】を効果的に使う方法を教えます!

出典:adobestock

より肌をもっちりさせたいあなたへ。【導入液】を効果的に使う方法を教えます!

スキンケアの通り道を整えたり、ゴワついた角質をケアしたりといったプラスアルファのケアに効果的であると人気の「導入液」。「ブースター」の名称でも広く知られていますが、選び方や使ううえでの注意点が気になる方も多いのではないでしょうか。
今回は、導入液の選び方や効果的な使い方、知っておきたい注意点を徹底解説。さらに、おすすめのアイテムもご紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

カテゴリ | スキンケア
How to 基本編
INDEX

導入液とは?スキンケアに効果的な理由と種類

日頃の保湿ケアに効果的な導入液の魅力

日頃の保湿ケアに効果的な導入液の魅力 出典:adobestock

導入液は、洗顔後化粧水をつける前のタイミングで使う化粧品。「導入美容液」や「ブースター」と呼ばれることも多く、乾燥して硬くなった肌の角質をやわらかくし、次につける化粧水の通り道を整える役割を担っています。保湿成分や美容成分も効果的に補えますよ。

いつものスキンケアだけでは物足りないと感じる方や、乾燥やゴワつきといった肌の悩みをお持ちの方におすすめです。素肌の状態を整えて、メイクのノリをよりよくしたい方にもうってつけです。

導入液の種類とは?

導入液は、テクスチャーの違いによって大きく3タイプに分けられます。選び方のポイントにもなる種類の特徴をチェックしましょう。

(1)化粧水タイプ

(1)化粧水タイプ 出典:adobestock

化粧水タイプの導入液は、水のようにサラサラとしたテクスチャーをしています。みずみずしい質感で、肌なじみがよいことが特徴です。軽い使用感なので、肌の表面にベタつきが残るのが苦手な方におすすめですよ。

化粧水タイプの中には、液をコットンに含ませて使用する拭き取り仕様のものもあります。使い心地が一層さっぱりしていて、角質ケアができる成分を含んでいる場合が多いので、肌のゴワつきが気になる方にぴったりです。

(2)ジェルタイプ

(2)ジェルタイプ 出典:adobestock

ジェルタイプの導入液は、ゼリーのようにぷるんとした質感で非常に伸びがよいことが特徴です。みずみずしくさっぱりとしたつけ心地でありながら肌にぴったりと密着し、肌なじみのよさにも優れています。化粧水タイプと比べるとややしっとりしているため、軽い使用感と保湿力の高さの両方を求める方におすすめです。

また、オイルフリー設計のものも多いので、ベタつきが苦手な方にもうってつけですよ。

\お守りコスメ/ 乾燥が辛くなる前に使いたい、保湿アイテムとは?

(3)オイルタイプ

(3)オイルタイプ 出典:adobestock

伸びのよさとコクのあるなめらかなテクスチャーが、オイル導入液の特徴です。ブースターの種類の中でもとくに角質をやわらかく整える効果と、乾燥した肌をうるおす保湿力の高さに優れています。

化粧水やジェルタイプよりも肌になじむスピードは遅めですが、使用感が軽くサラリとした感触のオイルを使用しているアイテムが多く見られます。乾燥による肌のゴワつきやカサつきでお悩みの方におすすめです。

導入液の選び方と自分に合うタイプを見つけるコツ

たくさんの種類から自分に合った導入液を見つけるには、選び方のポイントを押さえることがおすすめです。ここでは、導入液の選び方をご紹介します。

(1)肌質に合わせた選び方

<乾燥肌>保湿成分が多く配合されたタイプが効果的

<乾燥肌>保湿成分が多く配合されたタイプが効果的 出典:adobestock

乾燥肌の方は、保湿力の高さに着目した選び方をしてみましょう。「セラミド」「コラーゲン」「ヒアルロン酸」などの保湿成分が多く含まれているものであれば、乾燥した肌を念入りに保湿できます。

美容成分も配合されている仕様であれば、より優れた保湿効果を期待できますよ。テクスチャーはサラリとした感触の化粧水タイプよりも、しっとりコクのあるオイル導入液がおすすめです。

<敏感肌>成分表示から配合成分をチェック

<敏感肌>成分表示から配合成分をチェック 出典:adobestock

敏感肌の方は、成分表示をよく確認してから購入する選び方がおすすめ。配合成分がシンプルであったり、植物由来の原料をベースに作られていたりする導入液をチェックしてみましょう。

アルコールなどの化学的に合成された成分は、乾燥や紫外線といった外部刺激を受けやすい敏感肌にとって負担となってしまう可能性があります。

乾燥によるヒリつきが気になる敏感肌であれば、肌の表面を包み込んでくれるオイルタイプが使いやすいですよ。

<脂性肌>軽い使用感の化粧水タイプがおすすめ

<脂性肌>軽い使用感の化粧水タイプがおすすめ 出典:adobestock

皮脂が目立ちやすい脂性肌の方は、みずみずしいつけ心地の化粧水やジェルタイプの導入液を選んでみましょう。使用感が軽く肌なじみがよいため、ベタつきが気になりにくく快適にスキンケアができます。

拭き取り仕様のものであれば、汗をかきやすい夏の時季などでもさっぱり心地よく使えますよ。一方オイルタイプは、脂性肌が使うと皮脂やテカリが出やすくなるので控えることがおすすめ。選ぶ際の注意点として覚えておきましょう。

<混合肌>

<混合肌> 出典:adobestock

皮脂やテカリが目立つ部分と、乾燥が気になる部分が混在している混合肌。そんな混合肌タイプは、乾燥している部分に合わせてスキンケアをするのが効果的です。

乾燥肌の場合と同じように、「保湿力の高さ」を意識して導入液を選んでみましょう。保湿成分や美容成分が多く含まれたものやオイルタイプの導入液を使うことで、肌の状態をよりすこやかに整えられます。

なお、使用感が重いと感じられる部分については、量を減らして使うのが効果的です。

(2)好みのテクスチャーによる選び方

<化粧水・ジェル>肌なじみのよさを重視したい方に

<化粧水・ジェル>肌なじみのよさを重視したい方に 出典:adobestock

肌の表面に残るベタつきや重い使用感が苦手な方は、肌なじみのよさに注目した選び方をしてみましょう。スーッとよく伸びて肌に素早くなじんでくれる、化粧水やジェルタイプの導入液がおすすめです。

軽い使用感なので、高保湿タイプのスキンケアをお使いの方や、季節を問わず快適に使える導入液をお探しの方にもうってつけです。

<オイル>しっとりなめらかなつけ心地が好きな方に

<オイル>しっとりなめらかなつけ心地が好きな方に 出典:adobestock

ほどよく濃厚でしっとりとした使用感を求める方には、オイルタイプに絞った選び方がマスト。カサついた肌にうるおいを与えて、やわらかくなめらかな質感に整えてくれます。油分が肌の表面に薄い膜を作って、肌の水分を逃さないようにしてくれることも魅力です。

ただし、浸透性※に優れたブースターオイルでも、脂性肌や混合肌などの肌質によっては、ベタつきやテカリが気になってしまう可能性があるので注意してください。

※角質層まで

この記事を書いた人

RAXY Style 編集部

RAXY Style編集部がセレクトした旬のコスメやメイクのHow to情報をお届けします。いつもより輝けるキレイのヒントをお届けてしていきます★

ライター記事一覧

記事一覧へ戻る

share