Beauty Topics

クレンジングの“正しいやり方”で肌をきれいに。基本からタイプ別の使い方までご紹介

出典:adobestock

クレンジングの“正しいやり方”で肌をきれいに。基本からタイプ別の使い方までご紹介

皆さんはクレンジングの正しいやり方をご存知ですか?間違ったクレンジングの手順でメイク落としをすると、お肌に負担がかかってしまうことがありますので要注意です。
今回はクレンジングの正しいやり方と間違ったやり方、タイプ別のおすすめの使い方をご紹介していきます。
自分に合ったクレンジングのやり方で、すこやかなツヤ肌を目指しましょう!

カテゴリ | スキンケア
How to 基本編 パーツ別 クレンジング
INDEX

クレンジングはそもそもなぜ必要なの?

クレンジングの役割とは

クレンジングの役割とは 出典:ライター撮影画像

そもそも、クレンジングはどのような役割があるのでしょうか。クレンジングは主に油性の汚れを落とすのに優れています。
メイクは油汚れなので、クレンジング剤を使ってお肌のメイクをしっかり落とすことが大切です。
またノーメイクでも日焼け止めを塗っていれば、クレンジングが必要となるケースがありますので注意しましょう。このように、クレンジングは美肌を作る上でなくてはならないステップなのです。

洗顔とは違うの?それぞれの違い

洗顔とは違うの?それぞれの違い 出典:adobestock

クレンジングと併せて大切なのが洗顔ですが、2つの違いは何でしょうか。クレンジングは油性のメイク汚れや余分な皮脂・角栓等を落とすのに比べて、洗顔は主に水性の汚れを落とし、ほこりや汗・古い角質などを除去する目的があります。
それぞれ目的が違う上、2つの手順を行うことで洗い残しを防ぎ、1日の汚れをリセットできるのです。

「W洗顔不要」ってホント?注意点をチェック

「W洗顔不要」ってホント?注意点をチェック 出典:adobestock

市販のクレンジング剤で「W洗顔不要」と言うタイプをよく見かけますが、クレンジングのみで良いというのは疑問ですよね。
このタイプはクレンジングと洗顔の性質が合わさっており少ない手順で済むため、お肌の負担を抑えられるというやり方になります。
ただしアイメイクやリップは落ちにくいので、専用のポイントリムーバーを一緒に使用するやり方がおすすめです。

美への目覚め\韓国美容/旬の韓国コスメの情報を集めました!

クレンジングの基本の手順!正しいやり方をチェック

(1)専用リムーバーでポイントメイクを落とす

(1)専用リムーバーでポイントメイクを落とす 出典:ライター撮影画像

まずはポイントメイクから始めます。ベースメイクとポイントメイクは汚れの度合いが異なるので、メイクの濃さに合わせた洗浄ができるクレンジング剤を使い分け、肌に不必要な負担をかけないようにしましょう。
専用のポイントリムーバーをコットンに適量出して、じんわり染み込ませるようにメイクとリムーバーをなじませます。数秒置いてメイクがなじんでから優しく拭き取りましょう。落ちにくい場合は綿棒を使ってピンポイントに落とすことで、負担を最小限に減らすことができます。

(2)クレンジングを行う前に手を洗おう

(2)クレンジングを行う前に手を洗おう 出典:adobestock

クレンジングを行う前に必ず手を洗いましょう。日中色々な場所に触れたり、スマホを触ることで、手には様々な雑菌が付着している可能性が高いです。
そのまま顔を触るやり方だと肌トラブルのきっかけになることも…。石けんできれいに洗ったら、手に残った水分もタオルで拭き取り乾かしましょう。
水分が混じればクレンジングの洗浄力が落ちることがあるので、クレンジングの邪魔をしないためにも大切な手順です。

(3)適量のクレンジングを手のひらで温めて

(3)適量のクレンジングを手のひらで温めて 出典:adobestock

クレンジング剤はパッケージに記載されている使用量を確認し、適量を手のひらに出しましょう。顔にのせる前に手の温度でクレンジング剤を温めていきます。
特に寒い冬場は、クレンジング剤が冷えて固くなっていることがあります。お肌に均一に伸ばしにくくなり、メイク残りの原因にもなりますので注意が必要です。
スムーズにクレンジングするためにも、人肌程度に温めるやり方が大切なポイントになってきます。

(4)美肌のための正しいお肌の触り方

出典:ライター撮影画像

クレンジングを行う際は力を入れる必要はありません。正しいお肌の触り方をマスターしましょう!

  • 1. 力が入る人差し指は使わない
  • 2. 指先で押さず指の腹を滑らせる
  • 3. 手はピンと張らずにまあるい手
  • 4. 頬など広い範囲は手のひらで包むように

毛穴汚れやメイクを落とそうと力が入りがちですが注意してください。クレンジングの洗浄力にまかせるやり方で、力を抜いて行うのが肝心。赤ちゃんのほっぺを撫でるようなイメージでやってみましょう。

(5)Tゾーンから頬へ手早くなじませる

(5)Tゾーンから頬へ手早くなじませる 出典:adobestock

手のひらで温めたクレンジング剤を顔に広げます。やり方としては顔の上部分から下部分へと大きくらせんを描くようになじませていくのがポイントです。
手順は皮脂や汚れの多いTゾーンやあごからはじめ、頬へと移っていくのがおすすめのやり方です。全体にかける時間は1分ほどを目安に、手早く行うのがおすすめですよ。

(6)すすぎはぬるま湯でたっぷりと!

(6)すすぎはぬるま湯でたっぷりと! 出典:adobestock

全体にクレンジングをなじませたら、すすぎましょう。このときのお湯は顔の皮膚温に近いぬるめの30〜32度くらいが、負担がかからず適切な温度です。
オイルなど特に油分の多いクレンジング剤を使う場合は、あらかじめ水を数滴なじませて乳化(水と油が混じって白く濁る状態)させる手順も大切です。
すすぎ残しがないように注意して、手を上下左右に動かすやり方で30回ほどすすぎましょう。

(7)きれいなタオルで優しく水分を取る

(7)きれいなタオルで優しく水分を取る 出典:adobestock

クレンジング後は、洗顔を行い同じようにしっかりすすぎます。
最後に顔を拭くタオルは、清潔で柔らかく肌触りの良いものを使いましょう。刺激を与えないようにタオルをふわっと顔に当て、顔の水分をタオルに移すようなやり方で行うのがポイントです。
正しいやり方と手順で汚れを落として、明るい素肌を目指しましょう。

この記事を書いた人

RAXY Style 編集部

RAXY Style編集部がセレクトした旬のコスメやメイクのHow to情報をお届けします。いつもより輝けるキレイのヒントをお届けてしていきます★

ライター記事一覧

記事一覧へ戻る

share