Beauty Topics

【厳選】ビタミンC誘導体美容液おすすめ10選!自分の肌に合う選び方とその魅力をご紹介

出典:adobestock

【厳選】ビタミンC誘導体美容液おすすめ10選!自分の肌に合う選び方とその魅力をご紹介

角質層への浸透性に優れ、美肌作りをサポートしてくれると人気の「ビタミンC誘導体美容液」。日焼けによるシミやそばかすなどの肌悩みやエイジングケア※にも効果的とあり、幅広い世代から人気を集めています。
そこで今回は、注目が高まるビタミンC誘導体美容液のおすすめ10選を徹底解説。ビタミンC誘導体の種類や魅力、スキンケアにおすすめの理由のほか、選び方のコツについてもご紹介しているのでぜひチェックしてください。
※年齢に応じたケア

カテゴリ | スキンケア
How to おすすめ 美容液

マッドヒッピー『ビタミンCセラム』

マッドヒッピー『ビタミンCセラム』 出典:Instagram(@hdayslife)ご提供

【マッドヒッピー ビタミンCセラム 30ml】

こちらは、アメリカで人気のスキンケアブランド「マッドヒッピー」の『ビタミンCセラム』です。ビタミンC誘導体の他に、植物エキスなどをブレンドしており、肌につけると天然の植物ならではの香りがほんのり感じられます。

パラベン・合成着色料・香料は無添加。洗顔後の素肌へやさしくマッサージしながらなじませて、仕上げに乳液や保湿クリームでフタをするのがおすすめの使い方です。

3,740円(税込)※編集部調べ

ビタミンC誘導体美容液の選び方

たくさんの種類から自分の肌に合ったビタミンC誘導体美容液を見つけるためには、選び方のコツをつかむことがおすすめです。

ビタミンC誘導体の種類に着目した選び方

ビタミンC誘導体には3つの種類があります。ここではそれぞれの種類の特徴やスキンケアにおすすめのポイント、選び方について解説します。

(1)水溶性ビタミンC誘導体

(1)水溶性ビタミンC誘導体 出典:adobestock

水溶性ビタミンC誘導体は、水に溶けやすい性質を持つ種類です。成分表示には、「リン酸アスコルビルマグネシウム」や「グリセリルアスコルビン酸」といった名前で表記されています。

水溶性ビタミンC誘導体を配合した美容液は、サラリとしたテクスチャーで肌なじみがよく、ベタつきが少ないことが魅力。

軽いつけ心地が好きな方は、水溶性ビタミンC誘導体に着目した選び方がおすすめです。

(2)油溶性ビタミンC誘導体

(2)油溶性ビタミンC誘導体 出典:adobestock

油溶性ビタミンC誘導体は油に溶けやすい性質で、ジェルやエマルジョンタイプの美容液に配合されることの多い種類です。「パルミチン酸アスコルビル」や「ジパルミチン酸アスコルビル」などのような名前で記載されています。

水溶性ビタミンC誘導体と比べて保湿力が高く、しっとりとした使用感が魅力です。乾燥した肌にもしっかりなじんでくれるので、乾燥肌や敏感肌の方は選び方としてチェックしておくのがおすすめですよ。

(3)両親媒性ビタミンC誘導体

(3)両親媒性ビタミンC誘導体 出典:adobestock

両親媒性ビタミンC誘導体は、水溶性と油溶性両方のメリットを取り入れた種類を指します。こちらを含んだ美容液は、サラリと軽い感触でありながら、肌をしっとり保湿してなめらかに整えてくれるのが魅力です。

乾燥肌・脂性肌・敏感肌と肌質を問わず使いやすいため、初めてビタミンC誘導体美容液を使う方は、選び方のポイントにするのがおすすめ。成分表示では、「パルミチン酸アスコルビルリン酸3ナトリウム」などのように記載されています。

肌質に応じた選び方

肌質に合わせて種類を決めるのも、ビタミンC誘導体を配合した美容液の選び方としておすすめです。肌質に合わせたおすすめの選び方とワンポイントをご紹介します。

乾燥肌

乾燥肌 出典:adobestock

乾燥肌の方は、保湿力の高さを選び方の支点にするのがおすすめです。「セラミド」「コラーゲン」「ヒアルロン酸」といった保湿成分が含まれているかをチェックしてみましょう。

ビタミンC誘導体とともに、これらのような保湿成分が一緒に配合されている美容液であれば、角質層のすみずみまで効果的に保湿できます。

また、油分を含んだエマルジョンタイプであれば、乾燥で硬くなった角質もやわらかく整えられますよ。

脂性肌

脂性肌 出典:adobestock

皮脂やテカリが目立つ脂性肌には、さっぱりとした使い心地の種類に絞った選び方がおすすめです。角質層への浸透性に優れる水溶性ビタミンC誘導体を配合しているものや、ジェルなどみずみずしいテクスチャーの美容液に注目してみてください。

軽くてベタつきにくい使用感のタイプであれば、皮脂が気になる脂性肌の方も心地よいスキンケアができます。

敏感肌

敏感肌 出典:adobestock

乾燥や肌荒れといった肌トラブルが起こりやすい敏感肌は、ビタミンC誘導体以外にどのような種類の成分を配合しているか、事前に確認する選び方をおすすめします。

植物由来の成分を多く使っているかどうかや、アルコールなど化学的に合成された成分が不使用であるかなどの点をチェックしましょう。シンプルな成分で作られている美容液であれば、肌にかかる負担をできるかぎり軽減できます。

人気のビタミンC誘導体美容液で、生き生きとした美肌へ

おすすめの商品10選とビタミンC誘導体の種類や魅力についてご紹介しました。ビタミンC誘導体には、すこやかな美肌を目指すのに魅力的な働きが満載です。これまでビタミンC誘導体にあまりなじみがなかった方も、まずはおすすめ商品をチェックすることで美肌作りの第一歩が踏み出せますよ。

今回解説した人気の秘密や種類の選び方、おすすめの商品を参考にして、自分の肌にぴったりなビタミンC誘導体美容液を見つけてくださいね。

この記事を書いた人

RAXY Style 編集部

RAXY Style編集部がセレクトした旬のコスメやメイクのHow to情報をお届けします。いつもより輝けるキレイのヒントをお届けてしていきます★

ライター記事一覧

記事一覧へ戻る

share