Beauty Topics

肌トラブルの原因に?《パフの洗い方マニュアル》正しくお手入れして清潔を保とう

出典:adobestock

肌トラブルの原因に?《パフの洗い方マニュアル》正しくお手入れして清潔を保とう

大人女子のみなさん!化粧ノリが悪い、肌の調子がなんとなく悪い…と悩んでいませんか?
それは、衛生的に問題のあるパフを使っているせいかもしれません!
ではパフをただ洗えばいいのかというと、そうではありません。
正しい方法でお手入れしないと、雑菌が残ったりパフが傷んだりする可能性があるのです。
そこで今回は、パフの正しい洗い方を詳しく解説します。
パフの汚れを落として、肌トラブルの防止&メイクノリアップを目指しましょう!
最後にQ&Aもまとめているので、こちらも要チェックです。

カテゴリ | その他
How to 基本編 小物

ふわふわをキープ!パフの正しい洗い方は?

どんなタイプのパフも、洗う順番は基本的に同じ

どんなタイプのパフも、洗う順番は基本的に同じ 出典:adobestock

一言でパフといっても、さまざまなタイプがあります。クッションファンデ用の薄いパフや、立体的で厚めのパフなど、人によって使っているものは異なるでしょう。基本的にはどんなタイプのパフでも、洗い方や順番は同じです。気をつけるべきなのは、パフの大きさや汚れの具合によって、洗剤の量を調整することだけ。

せっかく手間をかけて洗ってもやり方を間違えていれば、思うような効果は見込めません。

これから紹介するパフの洗い方を参考に、今日からでもやってみてくださいね。

手順1.洗剤をパフにもみ込む

手順1.洗剤をパフにもみ込む 出典:ライター撮影画像

最初に、パフに直接洗剤を染み込ませます。このとき、水を染み込ませる前の乾いたパフに洗剤をつけるのがポイントです。

10円玉1つ分くらいの洗剤をパフに垂らしたら、指の腹を使ってもみ込みましょう。洗剤がパフ全体に広がって、メイク汚れが浮いてくるのがわかります。

洗剤が足りないときは、1〜3滴と少量ずつ足しましょう。

手順2.少量のぬるま湯で洗剤を乳化させる

手順2.少量のぬるま湯で洗剤を乳化させる 出典:ライター撮影画像

パフ全体に洗剤が染み込んでメイク汚れが浮いてきたら、ぬるま湯を少しだけ垂らしましょう。

パフを少しだけ湿らせることで洗剤が汚れを適度に浮かせ、洗い流しやすくなります。汚れがあまり浮いてこないときは、洗剤を数滴足して再度パフをもみ込んでください。そしてまたぬるま湯を少し足して乳化、を全体的に汚れが浮いてくるまで繰り返しましょう。

洗剤と垂らすぬるま湯の量を同じくらいにすると、乳化がうまくいきますよ。

\お守りコスメ/ 乾燥が辛くなる前に使いたい、保湿アイテムとは?

手順3.ぬるま湯で汚れを洗い流す

手順3.ぬるま湯で汚れを洗い流す 出典:ライター撮影画像

汚れが全体的に浮いてきたら、たっぷりのぬるま湯で洗い流しましょう。節水の観点から、洗面台や洗面器にぬるま湯を張り、その中でもみ洗いをするのがおすすめ。パフをもんでも汚れが出なくなるまで数回ぬるま湯を張り替えて、汚れや洗剤がパフに残らないようにしましょう。

このとき、力を入れてしぼったりもんだりするとパフを痛めるため、やさしく扱ってくださいね。

手順4.仕上げに柔軟剤を染み込ませてすすぐ

手順4.仕上げに柔軟剤を染み込ませてすすぐ 出典:ライター撮影画像

※敏感・乾燥肌など肌が弱い方や、最初に洗浄する際、すでに柔軟剤入りの洗剤を使っている場合は、この手順を飛ばしてください(必須の手順ではありません)。 柔軟剤を使うと、パフが肌触りのいい柔らかい仕上がりになります。

下準備として、ぬるま湯に少量の柔軟剤を薄めておきます。汚れを落としきったパフを柔軟剤入りのぬるま湯に入れて、やさしくもみ込みましょう。その後、軽くぬるま湯ですすいだら完了です。

手順5.タオルかキッチンペーパーで水気をとる

手順5.タオルかキッチンペーパーで水気をとる 出典:ライター撮影画像

ぬるま湯で汚れや洗剤を落としきったら、タオルかキッチンペーパーで水気を切ります。このとき、必ず清潔なタオルなどを使いましょう。 タオルまたはキッチンペーパーでパフを挟み、やさしく押さえて軽く水気をしぼります。このときも、強い力でしぼるとパフが痛むためやさしく水気をとりましょう。

手順6.風がよく通る日陰で乾かす

手順6.風がよく通る日陰で乾かす 出典:ライター撮影画像

しっかり乾かさないと、雑菌残りの原因になります。風がよく通る日陰で、完全にパフを乾かしましょう。

乾かすとき、肌に当たる面を空気に晒すのがポイントです。クッションファンデのパフのように片面だけ使うタイプのパフの場合は、肌に当たる面を上にして乾かせばOKですが、両面を使うタイプのパフは、洗濯バサミハンガーを使って干すなど、両面が空気に触れるようにして乾かすのがベストです。

裏技1:一気に数個洗える「ジップロック洗い」が簡単!

裏技1:一気に数個洗える「ジップロック洗い」が簡単! 出典:ライター撮影画像

ジップロック洗いとは、ジップロックの中にぬるま湯と洗剤、パフ数個を入れ、ジップロックをもみ込むことで数個のパフを一気に洗う方法のこと。

短時間で、簡単に複数のパフを洗えるのがメリットです。ただし、袋の上からもみ洗いするため、完全に汚れを落とし切れない、力が入ってしまいやすいなどのデメリットもあります。

また、衛生面の観点から1度使ったジップロックの使い回しは避けましょう。

裏技2:石鹸を使う場合は、こすり付ける

裏技2:石鹸を使う場合は、こすり付ける 出典:ライター撮影画像

パフ専用洗剤の代わりに石鹸を使う場合、液体洗剤とは洗い方が異なります。

まず、石鹸とパフを少量のぬるま湯で濡らします。次に、石鹸にパフを直接こすりつけましょう。次に、ぬるま湯を少量だけ足してパフをもみ込みます。

この工程を、パフが白くなるまで繰り返しましょう。汚れが落ちたら、最後にぬるま湯で洗剤を落とし、タオルかキッチンペーパーで水気をとって乾かします。

また、石鹸の種類は、体・顔用であればなんでもOKです。

パフを洗うときの注意点

アルカリ性洗剤を使わない

アルカリ性洗剤を使わない 出典:ライター撮影画像

パフを洗うときは、パフ専用洗剤を使うのが最適です。しかし、どうしても他の洗剤で代用する場合は、必ずアルカリ性洗剤を避けて中性洗剤を使いましょう。

アルカリ性洗剤は強い性質があり、パフの劣化を早めます。洗剤のパッケージの裏面にある液性の欄に「中性」と書かれていることを確認してから使ってください。

また、敏感・乾燥肌など肌がデリケートな方は、顔に使えない洗剤は避けましょう。パフ専用洗剤や、肌にやさしいクレンジング剤、石鹸などで代用するのがおすすめです。

ゴシゴシ洗ったり、しぼったりしない

ゴシゴシ洗ったり、しぼったりしない 出典:ライター撮影画像

肌を強くこすったり、叩いたりすると肌トラブルが起きるように、パフも強い力で扱うと劣化が早まります。洗濯板や洗濯機を使うよりも、手でやさしく洗うのがおすすめです。

汚れが落ちないと感じるときにも、力を加える以外の方法で洗うことが大切です。ゴシゴシと洗うのではなく洗剤を足す、強くしぼるのではなく自然乾燥の時間をとる、など工夫しながらやさしく洗ってあげましょう。

つけおきや高温のお湯は、パフを痛める原因に

つけおきや高温のお湯は、パフを痛める原因に 出典:ライター撮影画像

洗剤を薄めたぬるま湯につけおきする、高温のお湯を使って洗う、日光が当たる場所で乾かすなどの行為もパフの劣化を早めます。パフが劣化すると、使い心地や化粧ノリが悪くなる原因に。

そうなると、買い替えのタイミングが早くなってしまいます。できるだけパフを長持ちさせたいなら、劣化に気をつけて洗うのが望ましいです。

この記事を書いた人

RAXY Style 編集部

RAXY Style編集部がセレクトした旬のコスメやメイクのHow to情報をお届けします。いつもより輝けるキレイのヒントをお届けてしていきます★

ライター記事一覧

記事一覧へ戻る

share