Beauty Topics

間違ってない?ベースメイクの正しい基本の順番〜きれいに塗るコツまで総まとめ!

出典:adobestock

間違ってない?ベースメイクの正しい基本の順番〜きれいに塗るコツまで総まとめ!

肌をきれいに見せるために欠かせないベースメイク。みなさんは正しい順番で正しく使えていますか?
知れば知るほど奥が深いベースメイクは、使う順番や使い方に落とし穴がたくさん!間違った使い方をしてしまうと、せっかくのメイクが台無しになってしまうこともあるのです。
そこで今回は、ベースメイクの正しい順番や基本の選び方、塗り方などをご紹介します。意外と知られていない上級者テクニックのコツやおすすめアイテムもご紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

カテゴリ | ベースメイク
How to 基本編 アイテム別 肌タイプ別
INDEX

ベースメイクの基本中の基本!種類をチェックしましょう

化粧下地

化粧下地 出典:ライター撮影画像

化粧下地は肌のデコボコをなめらかに整え、ファンデーションのノリをよくします。

また、ファンデーションの密着を高める役割もあるので、崩れにくいベースメイクを作るための縁の下の力持ち的な存在です。

さらに最近は肌のトーンアップや色ムラの補正、日焼け止め効果を訴求しているアイテムといったさまざまな機能が、化粧下地と一体となっているものも多く見られます。

コントロールカラー

コントロールカラー 出典:ライター撮影画像

コントロールカラーはくすみや赤みなどの肌色の悩みに対して反対の色味で打ち消し、色ムラを整えるアイテム。土台から肌色が整うためファンデーションの発色がよくなり、ベースメイクがきれいに仕上がります。

また、コントロールカラーを使うとある程度の肌悩みがカバーできるため、ファンデーションやコンシーラーを塗る量が減り、厚塗りによるベースメイクの崩れを防ぐ効果も期待できるのです。

ファンデーション

ファンデーション 出典:ライター撮影画像

ファンデーションはベースメイクに欠かせないアイテム。肌の気になる部分をカバーし、きれいに見せる役割があります。

リキッドタイプやパウダータイプなど、さまざまな形状のファンデーションがあり、アイテムによって仕上がりの質感に違いがあります。

肌質や好みに合わせて使い分けることが可能です。

また見た目を美しくするだけではなく、乾燥や紫外線、花粉、ホコリなどから肌を守る役割もあります。

美への目覚め\韓国美容/旬の韓国コスメの情報を集めました!

コンシーラー

コンシーラー 出典:ライター撮影画像

コンシーラーは、シミやニキビ跡といったファンデーションでは隠し切れない肌悩みをカバーするアイテム。カバー力が高く、ピンポイントで使うものが一般的です。

肌悩みをファンデーションだけで塗り重ねてカバーしようとすると厚塗り感が出て、メイクが崩れやすくなってしまいます。

そんなときにコンシーラーを部分的に使ってカバーするとファンデーションの重ね過ぎを防げるため、自然な仕上がりと崩れにくいベースメイクが作れるのです。

フェイスパウダー

フェイスパウダー 出典:ライター撮影画像

フェイスパウダーは皮脂や汗によるメイク崩れを予防するアイテム。油分のないサラッとしたパウダーが皮脂をコントロールし、肌のテカりやメイクヨレを防ぎます。

フェイスパウダーは主にパウダーが容器に入った「ルースタイプ」とパウダーが固められた「プレストタイプ」の2種類あり、形状は違うものの使う目的は変わりません。

また毛穴をぼかして陶器肌に見せるものやツヤが出るものなど、仕上がりの質感もアイテムによってさまざまです。

ベースメイクの自分に合ったアイテムの選び方

【選び方1】肌質で選ぶ

【選び方1】肌質で選ぶ 出典:adobestock

肌質は人によって異なりますよね。

より美しいベースメイクに仕上げるためには、肌質に合ったアイテムの選び方が重要です。

脂性肌の方は皮脂をコントロールしサラッと仕上がるアイテム、乾燥肌の方は潤いを保つしっとりしたアイテムなど、機能性や使用感が自分の肌質に合っているのか確認して選びましょう。

また肌に刺激を受けやすい敏感肌の方は、肌に負担をかけにくい成分で作られているかどうかも確認すべきポイントです。

【選び方2】肌色で選ぶ

【選び方2】肌色で選ぶ 出典:adobestock

ファンデーションやコンシーラーは肌色に合わせた選び方をしないと、白く浮いてしまったり顔色が悪く見えてしまったりなど、見た目の仕上がりに影響が出てしまいます。

とくに広範囲に塗るファンデーションは、肌色に合わせたアイテム選びが大切です。

選び方はフェイスラインにファンデーションを少量のせたとき、一番肌になじむカラーを選ぶようにしてください。

コンシーラーの場合は、肌色を基準にワントーン暗い色と明るい色の両方を選ぶとあらゆる肌悩みに対応しやすくなるため便利ですよ。

【選び方3】肌悩みで選ぶ

【選び方3】肌悩みで選ぶ 出典:adobestock

肌悩みも人によってさまざまです。抱えている肌悩みに合ったアイテムを選ぶことで、美しいベースメイク作りの近道になります。

例えば、ファンデーションの下地として使う化粧下地でも、アイテムによってプラスアルファの機能性が違ったりしますよね。

トーンアップをするものや毛穴をカバーするもの、皮脂を抑えるもの、肌に潤いを与えるものなど。自分の肌悩みに合った機能性を訴求されているかどうかも、アイテムの選び方として大切なポイントです。

【選び方4】好みの使用感で選ぶ

【選び方4】好みの使用感で選ぶ 出典:adobestock

ベースメイクは毎日使うものなので、できれば心地よく使えるものを選びたいですよね。

どれだけ機能性がよくても、使い心地が悪いとメイクも楽しめなくなってしまいます。

アイテムによって形状や質感が違うため、好みの使用感や使いやすさでアイテムを選びましょう。

最近は、1つで複数の機能を持つ多機能型のアイテムも数多くあります。忙しくてメイクに時間をかけられない大人女子のみなさんは、そのようなアイテムを上手に使うのもよいですよ。

この記事を書いた人

RAXY Style 編集部

RAXY Style編集部がセレクトした旬のコスメやメイクのHow to情報をお届けします。いつもより輝けるキレイのヒントをお届けてしていきます★

ライター記事一覧

記事一覧へ戻る

share