Beauty Topics

【ベビーパウダー】は美容や家事にまで使える!種類別におすすめの使い方レクチャー

出典:adobestock

【ベビーパウダー】は美容や家事にまで使える!種類別におすすめの使い方レクチャー

赤ちゃんの肌荒れ対策に使用するベビーパウダー。実は大人の肌にも使える万能アイテムだと知っていましたか?そして、スキンケアやヘアケア以外に、家事アイテムの用途としても注目されています。
今回は、美容や家事で効果を発揮するさまざまな使い方をご紹介します。お家でベビーパウダーを余らせている方や、シンプルなスキンケアをしたい方はぜひチェックしてくださいね。

カテゴリ | ベースメイク
How to パウダー
INDEX

ベビーパウダーって?赤ちゃん用じゃないの?

ベビーパウダーって?使い方は?

ベビーパウダーって?使い方は? 出典:adobestock

赤ちゃんのお風呂上りに使うベビーパウダー。あせもやただれなどの湿疹の防止のために塗って、肌をさらさらに仕上げる薬用の粉末です。粒子が細かくて水分を吸収する作用があり、汗をかきやすい赤ちゃんには欠かせないアイテム。

また、オムツで起こる摩擦による股ずれなどの防止にも活躍します。そんな万能アイテムとして有名で、ドラッグストアやスーパー、最近では100円ショップなどでも気軽に手に入ります。

ベビーパウダーの成分は?

ベビーパウダーの成分は? 出典:adobestock

敏感肌の赤ちゃんにも使えるベビーパウダー。その粉の成分は、コーンスターチとタルク(滑石)がメインです。タルクとは鉱物の一種で肌をなめらかに整える効果があり、コーンスターチは水分を吸収して、かつ肌の湿度を保つ効果が期待できます。

それらの成分が汗や皮脂など水分を吸って、肌をさらさらに仕上げてくれます。

使い方は、多くの製品には大きめのパフが一緒についてくるので、それに粉を含ませて肌につけます。

ベビーパウダーは大人も使えるの?

ベビーパウダーは大人も使えるの? 出典:adobestock

赤ちゃんでも使える、シンプルで刺激の少ない成分を使っているベビーパウダー。もちろん大人が使ってもOKで、近頃はプチプラながら万能アイテムとしてスキンケアやヘアケアにも人気です。

また、美容だけでなく、掃除や洗濯など家事にまで使えると注目されています。シンプルなスキンケアが好きな方や、赤ちゃんが育ってしまい使わず余らせているという方も、今回ご紹介する方法を使って有効活用しましょう。

\お守りコスメ/ 乾燥が辛くなる前に使いたい、保湿アイテムとは?

さまざまな予防の使い方!ベビーパウダーの効果とは?

使い方1:肌のコンディションを整える

使い方1:肌のコンディションを整える 出典:adobestock

基本の使い方は、汗をかきやすい赤ちゃんの湿疹などの症状を予防するためです。ベビーパウダーを使うことで、肌をなめらかにしてさらさらに保つ効果が期待できます。大人の肌も同じく、余分な汗の水分や油分があると、あせもなど湿疹ができてしまうことがありますよね。

そんなときにおすすめなのが、ベビーパウダーです。保湿成分が含まれた種類のものもあるので、肌質に合わせて選ぶのがおすすめ。

使い方2:肌トラブルの予防

使い方2:肌トラブルの予防 出典:adobestock

ニキビなどの肌トラブルの原因は、顔の汗や皮脂によるもの。ベビーパウダーは、水分を吸収する効果があります。ベビーパウダーを使い、余分な水分や油分を吸い取ってさらっとした状態に保つことは、肌トラブルを防止する効果が期待できるのです。

しかし、多くつけすぎて必要な水分や油分まで吸収してしまうと肌の乾燥に繋がる恐れもあるため、つけすぎには注意しましょう。少量の使用がおすすめです。

この記事を書いた人

RAXY Style 編集部

RAXY Style編集部がセレクトした旬のコスメやメイクのHow to情報をお届けします。いつもより輝けるキレイのヒントをお届けてしていきます★

ライター記事一覧

記事一覧へ戻る

share