Beauty Topics

スタイリングに便利なヘアムースの使い方!ヘアスタイルごとのセット方法を伝授!

出典:adobestock

スタイリングに便利なヘアムースの使い方!ヘアスタイルごとのセット方法を伝授!

毎日のヘアスタイルセットに便利なスタイリング剤。たくさんあるアイテムの中でも、やわらかくナチュラルな毛流れとツヤのある仕上がりを楽しめるのが「ヘアムース」です。
今回は、知っているようで意外と知らない基本の使い方をはじめ、パーマ・ストレート・巻き髪といったヘアスタイル別のセット方法の簡単なコツなど、ヘアムースの魅力と使い方についてご紹介していきます。

カテゴリ | ヘアケア
How to
INDEX

ヘアムースとはどんなヘアアイテム?

ヘアムースは泡状のスタイリング剤

ヘアムースは泡状のスタイリング剤 出典:adobestock

まず、ヘアムースの基礎知識についてチェックしていきましょう。ヘアムースとは、液状のスタイリング剤を泡状にしたアイテム。数多くのスタイリング剤の中でも、水分をたっぷりと含んでいるのが特徴です。

ソフトタイプからハードタイプまで整髪力の強弱があり、なりたいスタイルに合わせて使い分けられます。泡タイプで使い方も簡単なため、ヘアスタイリング初心者にもぴったりですよ。

ヘアムースとヘアワックスの違いは?

ヘアムースとヘアワックスの違いは? 出典:adobestock

基本的にどちらのアイテムも、ヘアスタイルを作ってキープするセット剤です。違いとして一番大きいのは、中に含まれる水分量。

泡に水分がたっぷり含まれているため、薄付きで軽やかな質感を作るのに向いています。逆にヘアワックスは油分やファイバーを含むので、髪の表面を固定してスタイルを作るのに向いていますよ。

強力にキープしたいときはヘアワックス、ゆるふわヘアにしたいときはヘアムースと使い分けるのがよいでしょう。

ヘアムースの魅力は?

ヘアムースの魅力は? 出典:adobestock

ヘアムースの魅力は、なんといっても軽く伸び広がる泡で、髪全体にまんべんなく付けられるところ。不器用な方でも簡単な使い方ができて嬉しいですね。

さらに水分を含んでいるため、髪が濡れることでカールが復活するパーマヘアにベストなスタイリング剤でもあります。

パーマやカラーで毛先がパサついているときにも、ヘアムースに含まれる水分が髪に浸透し、軽やかながらも自然なツヤのあるヘアスタイルになりますよ。

ヘアムースはツヤと動きのある髪型に最適

ヘアムースはツヤと動きのある髪型に最適 出典:adobestock

ヘアムースの特徴は、水分がたっぷり含まれているところと、髪の毛一本一本を泡でコーティングするような軽やかな仕上がり。このことからも、ツヤ感が欲しいヘアスタイルや、カールなど髪の毛に動きが欲しいときの使い方が最適です。

ふんわりすべすべで自然なツヤ感があり、思わず触ってみたくなってしまうようなヘアスタイルになりたいときは、ぜひヘアムースを使ってみてくださいね。

特徴を押さえれば簡単!ヘアムースの種類と選び方

理想の髪型でヘアムースのタイプを選ぼう

理想の髪型でヘアムースのタイプを選ぼう 出典:adobestock

ヘアワックスやヘアスプレーに比べて、軽い仕上がりが魅力のヘアムース。メーカーによっても異なりますが、大きく分けてセット力の違いや仕上がりのイメージによってソフトタイプ・ハードタイプ・ウェットタイプの種類がそろっています。

どれを選べばよいか難しそうに感じるかもしれませんが、それぞれの特徴を押さえれば選ぶのは簡単!ひとつずつ解説していきますので、ぜひチェックしてくださいね。

ゆるふわヘアスタイルにはソフトタイプ

ゆるふわヘアスタイルにはソフトタイプ 出典:adobestock

最初に紹介するのは、一番セット力が弱い「ソフトタイプ」。ソフトタイプの特徴は、乾くスピードが一番遅いところです。乾きが遅い分、長い間髪に潤いを与え続けられて、やわらかなヘアスタイルに仕上げてくれます。

ヘアスタイルのキープ力は高くない分、触ってもごわつきにくいのも嬉しいポイント。ゆるパーマヘアスタイルや巻き髪ヘアスタイルにおすすめです。

しっかりカールヘアスタイルにはハードタイプ

しっかりカールヘアスタイルにはハードタイプ 出典:adobestock

ヘアスタイルのセット力を求めるなら、ハードタイプがおすすめ。しっかりと髪をホールドして作ったヘアスタイルを一日中キープしてくれるので、髪型にボリューム感を出したいときや巻き髪のカールを長時間崩したくないときに活躍してくれますよ。

注意点としては、乾いたあとすぐに固まるため手直しができないこと。巻き髪からストレートにしたいなどヘアチェンジが必要なときには、ハードタイプは避けるようにしましょう。

ツヤ&束感を出すならウェットタイプ

ツヤ&束感を出すならウェットタイプ 出典:adobestock

今っぽい濡れた束感を出したいときには、ウェットタイプがよいでしょう。数あるタイプの中でも一番ツヤ感やまとまり感が出やすく、ハイダメージヘアで髪のパサつきが気になるときやストレートヘアにもぴったり。

ヘアムースは乾くと固まるものが多いのですが、ウェットタイプの中には固まらないタイプもあるため、抜け感のあるヘアスタイルのときに使うのがおすすめです。一日中柔らかで色っぽいヘアスタイルがキープできますよ。

この記事を書いた人

RAXY Style 編集部

RAXY Style編集部がセレクトした旬のコスメやメイクのHow to情報をお届けします。いつもより輝けるキレイのヒントをお届けてしていきます★

ライター記事一覧

記事一覧へ戻る

share