Beauty Topics

「赤リップ」を引き立たせるメイク術。塗り方も意識して大人の女性を演出しよう

出典:adobestock

「赤リップ」を引き立たせるメイク術。塗り方も意識して大人の女性を演出しよう

唇へのせるだけで一気におしゃれな印象を与える赤リップは、魅力的な大人の女性を演出できるメイクの主役アイテムですよね。ところが、メイクのバランスを間違えるとただの派手顔になってしまう危険性もあります。メイクのバランスを崩さないよう引き算メイクをして、ナチュラルな大人の魅力を引き出しましょう。
今回は、赤リップを引き立てる簡単なメイクのコツや4パターンの塗り方テクニック、赤リップを選ぶコツを解説します。

カテゴリ | ベースメイク
How to 応用編 リップ
INDEX

「赤リップ」を引き立たせる簡単メイク術

赤リップを引き立てるにはバランスが重要

赤リップを引き立てるにはバランスが重要 出典:adobestock

赤リップは発色がよくて強い印象を与えるため、ほかのパーツのメイクは控えめにしてバランスをとらなくてはなりません。ベースメイクのコツは生気のあるみずみずしい水光肌を意識し、大人の色っぽさを演出することです。

ブラウンカラーのアイシャドウで目元に陰影のみをプラスして、派手になりすぎないようにバランスをとります。クールな大人の女性を表現するために、チークも控えめにして可愛らしさを抑えてください。

ベースは透明感あふれるツヤ肌仕立て

ベースは透明感あふれるツヤ肌仕立て 出典:adobestock

赤リップはよい意味で人間みのない人工的な色味のため、生気あふれるツヤっぽい質感のベースメイクでバランスをとりましょう。みずみずしいグロウ肌に仕上げることで、やりすぎ感のないおしゃれな印象に仕上がります。

コツはCゾーンにハイライトを仕込み、にじみ出るナチュラルな大人の水光肌を演出すること。赤リップはマットな質感のベースメイクとも相性がよく、マット肌にすることで人形のようなイメージに仕上がります。

ナチュラルなブラウンアイシャドウ

ナチュラルなブラウンアイシャドウ 出典:ライター撮影画像

印象の強い赤リップにカラーアイシャドウを合わせると、全体的にくどいメイクになりがち。視線は赤リップを塗った口元に集めたいので、バランスを意識してアイメイクは控えめにするのがコツです。ブラウンアイシャドウをブラシでぼかすことにより、テクニック不要でふんわりとナチュラルな発色が叶うでしょう。

目元に色を使用したい場合はバランスを重視して、目尻や下まぶたにポイントで使うテクニックがおしゃれに仕上がります。

チークは薄め・ノーチークでバランス重視

チークは薄め・ノーチークでバランス重視 出典:adobestock

魅力的な大人の女性を演出するためのコツは、淡いチークを薄めに塗ってバランスをとることです。もしくは、潔くノーチークにして可愛らしさを排除し、強い女をイメージさせるメイクをすると赤リップが強調されておしゃれになります。

チークを使用して火照ったような色っぽさを表現するときのコツは、赤色のチークを広範囲にぼかすこと。口紅と同じ赤色のチークを使うテクニックにより、簡単に統一感のあるおしゃれ顔になれます。

メイクに合わせた赤リップの塗り方

同じ赤リップでも塗り方次第で印象チェンジ

同じ赤リップでも塗り方次第で印象チェンジ 出典:adobestock

リップの塗り方には豊富な種類があり、塗り方次第で同じ赤リップでも印象がまったく異なります。

たとえば、はっきりと口元を強調させたいときは、リップライナーを使用して唇の輪郭を縁取るのがコツです。反対に、コンシーラーで唇の輪郭をぼかすことで、簡単にグラデーションリップが完成します。

ナチュラルに仕上げる際はラフにポンポン塗り、色味をしっかりと出したい場合は直塗りなど、メイクに合わせて塗り方を変えてみてください。

リップライナーでぱきっと華やか

リップライナーでぱきっと華やか 出典:ライター撮影画像

リップライナーはペンシル型の口紅で、唇の輪郭を縁取るときに使用するツールです。リップライナーを使用するとリップメイクが強調されるだけでなく、口紅のにじみを予防できる効果が期待できます。また、唇が薄めな女性がボリューミーに見せるコツは、リップライナーでオーバー気味に輪郭を描くこと。

ただし、リップライナーはナチュラルメイクに不向きなうえ、ぱきっと印象的なリップラインを描くためにはテクニックが必要です。

グラデーションでふんわりナチュラル

グラデーションでふんわりナチュラル 出典:ライター撮影画像

赤リップをナチュラルに仕上げたい人は、唇の内側に色をのせるグラデーションリップがおすすめ。テクニックいらずで簡単にできるので、試したことがない女性は挑戦してみてください。

コツは唇全体にコンシーラーを塗って赤みを消すこと。淡いピンクリップを唇の中間から内側に、深みのある赤リップを唇の内側に色をのせるイメージで塗りましょう。高発色な赤リップでも薄めな印象になるため、バランスをとりやすい点が魅力です。

ラフなポンポン塗りでこなれ感

ラフなポンポン塗りでこなれ感 出典:ライター撮影画像

ポンポン塗りは赤リップ1本と指のみでできる簡単な塗り方で、リップライナーやコンシーラーなどの特別なテクニックは不要です。赤リップを指の腹に少量取って、少しずつポンポンと塗り重ねます。

ポンポン塗りのコツはあえてムラを作り、きちんと塗らないことによりおしゃれで魅力的な大人の印象に。発色が強めな赤リップもナチュラルに仕上がるため、赤リップを使いこなせないメイク初心者もバランスをとりやすいでしょう。

リップスティック直塗りでモードに

リップスティック直塗りでモードに 出典:ライター撮影画像

シンプルかつテクニックを必要としない定番の塗り方は、赤リップを唇に直接塗布する方法です。直塗りの魅力は色をダイレクトに表現できるうえ、ツヤやラメなどの質感もそのまま反映される点。塗り重ねる回数によっても印象が異なるので、なりたいイメージに合わせて色味を調節するとバランスをとりやすいでしょう。

ナチュラルに仕上げたい場合は1度塗り、赤リップの色味をしっかりと出したい場合は2~3度塗りがおすすめです。

この記事を書いた人

RAXY Style 編集部

RAXY Style編集部がセレクトした旬のコスメやメイクのHow to情報をお届けします。いつもより輝けるキレイのヒントをお届けてしていきます★

ライター記事一覧

記事一覧へ戻る

share