Beauty Topics

美眉を作るなら《コンシーラー》を!縁取りテク&眉毛の剃り残しを隠すメイク術を伝授

出典:adobestock

美眉を作るなら《コンシーラー》を!縁取りテク&眉毛の剃り残しを隠すメイク術を伝授

太くなりすぎたりぼやけた印象になったりと、上手に書くには意外とコツがいる眉毛メイク。そんな眉毛メイクを簡単にワンランクアップさせてくれると人気なのが、「コンシーラー」です。
今回は、コンシーラーを使った眉毛メイクのやり方を悩みやタイプ別にご紹介。キリッとシャープに整える縁取りや自眉毛の色・剃り残しなどを消す方法など、魅力的な眉毛を手に入れたい方必見の人気テクニックを、ぜひチェックしてみてください。

カテゴリ | ベースメイク
How to 応用編 アイブロウ コンシーラー
INDEX

コンシーラーで眉毛の印象を変える!使うメリットとは?

コンシーラーの役割は肌悩みを隠すだけじゃない!

コンシーラーの役割は肌悩みを隠すだけじゃない! 出典:ライター撮影画像

そばかすやシミ、ニキビあとなど、肌の気になる部分を隠してくれるコンシーラー。普段、ベースメイクに使っている方も多いのではないでしょうか。

便利なコンシーラーですが、肌悩みのカバーだけでなく「眉毛メイク」にも活躍してくれます。「なんとなく眉毛の形がしっくりこない」「書いたもののイマイチ垢抜けない」など、メイクの仕上がりでお悩みの方は、これからご紹介するコンシーラーの使い方をぜひチェックしてみてください。

コンシーラーが眉毛メイクに役立つ理由

コンシーラーが眉毛メイクに役立つ理由 出典:adobestock

コンシーラーは、眉毛メイクで次のような使い方ができます。

  • ・「縁取り」で輪郭を際立たせる
  • ・「剃りあとのカバー」で眉毛周りの肌を綺麗に見せる
  • ・産毛や眉毛の色など気になる部分を消す
  • ・左右非対称な形を整えてバランスのよい印象に

このように、コンシーラーは眉毛が薄い・濃い、産毛が多い、左右非対称な形をしているなど、タイプを問わずさまざまなパターンで活躍してくれます。塗ってなじませるだけで簡単に印象を変えられることが、人気のポイントです。

コンシーラーを使った簡単眉毛メイク【縁取り】

コンシーラーで縁取りすればこんな眉毛に!

コンシーラーで縁取りすればこんな眉毛に! 出典:ライター撮影画像

コンシーラーで眉毛の縁取りをすると、キリリと輪郭が整ったシャープな形に仕上げられます。アイブロウペンシルやアイブロウパウダーで書くだけでは作りにくい、自然な立体感を演出できることが特徴です。

眉毛だけでなく目元の存在感を際立たせて簡単にメリハリのある印象作りができることも、コンシーラーで縁取るメリット。とくに、眉毛が薄くラインがぼやける方や、くっきり整えてクールなメイクを楽しみたい方に向いています。

縁取りメイク(1)好みの形の眉毛を書く

縁取りメイク(1)好みの形の眉毛を書く 出典:ライター撮影画像

コンシーラーで縁取りをする前に、まずはいつも通りに眉毛を書きます。アイブロウペンシルやアイブロウパウダーなど普段使っているアイテムで、好みの形を作りましょう。

仕上げに輪郭を縁取るので、太さやカーブの角度など左右で多少のバラつきがあっても大丈夫。理想の形をイメージしながら、ざっくりと書いてみてください。簡単に眉毛の形を修正できることも、コンシーラーを使った縁取りメイクの嬉しいポイントです。

縁取りメイク(2)眉毛の上下にコンシーラーを塗る

縁取りメイク(2)眉毛の上下にコンシーラーを塗る 出典:ライター撮影画像

続いて、伸びがよくて塗りやすい「筆タイプ」のコンシーラーで縁取りをします。眉毛の輪郭に沿って、中間から目尻に向かってかたどるようにコンシーラーを塗りましょう。

一発で理想の形に仕上げようとすると、細くなりすぎたりガタガタと歪んだりする場合があります。最初は輪郭から少し離れた部分に塗り、徐々に眉毛のキワに近づいてラインを決めると、より簡単に綺麗なフォルムに仕上げられますよ。

縁取りメイク(3)肌とコンシーラーの境界を指でぼかす

縁取りメイク(3)肌とコンシーラーの境界を指でぼかす 出典:ライター撮影画像

(2)のステップで塗ったコンシーラーを、なじませていきます。指の腹でポンポンと軽く叩くようにして、肌とコンシーラーの境目をぼかしましょう。

このとき、眉毛とコンシーラーの境目をぼかすと、せっかく縁取りをしたなめらかなラインが崩れてしまいます。眉毛との境目にはあまり触らないようにし、額やこめかみの方へ向かってコンシーラーを広げてください。うまくなじまないときは、ファンデーションを塗るようにパフで伸ばすのがおすすめです。

縁取りメイク(4)眉頭の内側には塗らないのがコツ

縁取りメイク(4)眉頭の内側には塗らないのがコツ 出典:ライター撮影画像

眉毛の縁取りで気をつけておきたいポイントは、眉頭に近い部分にはコンシーラーを塗らないことです。眉頭付近まで縁取ると輪郭が強調されすぎて、いかにも「メイクで作った眉毛」といった不自然な印象になってしまいます。

眉毛の縁取りメイクでは、自然な立体感とラインを作り出すことが大切です。眉頭の毛が少ない方は、芯の細いアイブロウペンシルで1本1本毛を足すように書いておきましょう。

この記事を書いた人

RAXY Style 編集部

RAXY Style編集部がセレクトした旬のコスメやメイクのHow to情報をお届けします。いつもより輝けるキレイのヒントをお届けてしていきます★

ライター記事一覧

記事一覧へ戻る

share