Beauty Topics

白アイライナーでトレンドの目元へ。なりたい印象別の使い方&厳選おすすめアイテム

出典:adobestock

白アイライナーでトレンドの目元へ。なりたい印象別の使い方&厳選おすすめアイテム

引き続きカラーアイライナーがトレンド。そのなかでもとくに今、トレンドに敏感な女子たちから注目を集めているのが「白アイライナー」です。一見、少し難易度が高そうに見えますが、意外とどんなメイクにもマッチしやすく、カラーアイライナー初心者さんにも使いやすいアイテム。
そこで今回は、白アイライナーの魅力や種類、使い方を徹底解説します!おすすめの人気アイテムもご紹介していますので、ぜひ最後までチェックしてくださいね。

カテゴリ | アイメイク
おすすめ トレンド アイライナー

《初心者向け》白アイライナーの使い方【印象別編】

使い方1|目頭から目尻までベーシックに引いてピュアな印象に

使い方1|目頭から目尻までベーシックに引いてピュアな印象に 出典:ライター撮影画像

大胆に白アイライナーを楽しみたいときは、上まぶたの目頭から目尻までガッツリ引いて、白アイライナーをメインにしたアイメイクを楽しんでみてはいかがでしょうか。

ブラックアイライナーのように目元の印象が強くならないので、ガッツリ引いてもやりすぎ感が出にくいのがポイント。逆に抜け感が出て目元をピュアな印象に仕上げてくれますよ。

使い方2|アクセントになるダブルラインでおしゃれな印象に

使い方2|アクセントになるダブルラインでおしゃれな印象に 出典:ライター撮影画像

「ガッツリ引くのはまだ勇気が出ない」という方は、二重の線に引いたダブルラインに挑戦してみてください。引き方は普段のメイクのように上まぶたにアイライナーを引き、二重ラインの延長線上に白アイライナーを引くだけ。

さり気ないアクセントとなり、一気におしゃれな目元に仕上がりますよ。

使い方3|目尻のキャットラインで小悪魔な印象に

使い方3|目尻のキャットラインで小悪魔な印象に 出典:ライター撮影画像

上まぶたの目尻にちょこんっと引いたキャットラインも、白アイライナーをナチュラルに楽しめる使い方。引き方はダブルラインのときと同じようにアイラインを上まぶたに引き、目尻部分に白アイライナーを少し跳ね上げ気味に引くだけ。このワンポイントで一気に小悪魔感が増します。

もっと白アイライナーの存在感を出したいときは、上まぶたのアイラインをまつ毛の隙間を埋めるように控えめに引き、目尻部分を強調させるのがおすすめです。

使い方4|涙袋に使って愛らしい印象に

使い方4|涙袋に使って愛らしい印象に 出典:ライター撮影画像

涙袋メイクにも白アイライナーが使えます。ペンシルタイプの白アイライナーを下まぶたの目頭から黒目の中央あたりまでぼかしながら引いてください。涙袋に立体感が出て、愛らしい目元に仕上がります。

涙袋メイクに使うときは、マットな発色のアイテムだと変に色浮きしてしまうことがあるので、肌なじみのよい微細なラメ入りタイプで仕上げるのがおすすめです。

使い方5|下まぶたの目尻に引いて透明感のある印象に

使い方5|下まぶたの目尻に引いて透明感のある印象に 出典:ライター撮影画像

もっと白アイライナーをおしゃれに楽しみたいときは、下まぶたの目尻側の粘膜部分に引くのもおすすめ。白色がアクセントとなり、目元をパッと明るく見せ透明感をアップさせます。

リキッドで引くと存在感が出て印象的な目元に仕上がりますが、ナチュラルな仕上がりが好みの方はペンシルを使ってぼかしながら入れてみてください。さらに微細なラメ入りタイプなら、肌なじみがよくなるため、より自然に仕上がりますよ。

《上級者向け》白アイライナーの使い方【応用編】

使い方1|白アイライナー×カラーアイライナー

使い方1|白アイライナー×カラーアイライナー 出典:adobestock

「もっと白アイライナーを楽しみたい!」そんな方は、別の色味のカラーアイライナーと組み合わせて、ワンランク上の目元に挑戦してみてください。白アイライナーはどんなカラーにも合わせやすいので、手持ちのアイライナーと組み合わせるだけで手軽におしゃれなアイメイクが楽しめます。

ダブルラインにしたり、上下でカラーをわけたり、使い方次第でアイメイクの幅がグッと広がりますよ。

使い方2|白アイライナー×カラーマスカラ

使い方2|白アイライナー×カラーマスカラ 出典:adobestock

白アイライナーとカラーマスカラの組み合わせもおすすめ。アイライナーもマスカラもカラーを使うことで一気にトレンド感のある垢抜けたメイクに仕上がりますよ。オレンジやピンクなど派手色と組み合わせても、バーガンディーやカーキなど深みがある色味と組み合わせてもおしゃれに仕上がるのが白アイライナーのよいところ。

その日の気分に合わせて、いろいろなカラーマスカラとの組み合わせを楽しんでみてください。

使い方3|リキッドタイプ×ラメ入りタイプ

使い方3|リキッドタイプ×ラメ入りタイプ 出典:adobestock

リキッドタイプと、ラメ入りタイプの2種類の白アイライナーを組み合わせて楽しむ方法もおすすめ。上下まぶたに質感が違う2タイプのアイライナーを使うことで、しつこくなりすぎず上級者な仕上がりが楽しめますよ。

おすすめの使い方は、上まぶたの目尻にリキッドタイプ、涙袋にラメ入りタイプを使うやり方。上まぶたと下まぶたにさり気なく入れた白アイライナーが、ナチュラルに仕上げつつも印象的な目元に仕上げます。

この記事を書いた人

RAXY Style 編集部

RAXY Style編集部がセレクトした旬のコスメやメイクのHow to情報をお届けします。いつもより輝けるキレイのヒントをお届けてしていきます★

ライター記事一覧

記事一覧へ戻る

share