Beauty Topics

話題の美容法【乳液洗顔】の特徴とは?スキンケアのやり方とおすすめのアイテム

出典:adobestock

話題の美容法【乳液洗顔】の特徴とは?スキンケアのやり方とおすすめのアイテム

みなさんは、乳液洗顔をご存じでしょうか?乳液洗顔とは、洗顔フォームやクレンジングの代わりに乳液を使って洗顔をするスキンケアで、乾燥対策をしながらマイルドに汚れを落とせることからSNSでも話題の美容法です。
今回は、乳液洗顔の正しいやり方やコツをご紹介します。記事の後半では乳液洗顔におすすめの乳液もご紹介するので、これから乳液洗顔をはじめようと考えている人はぜひ参考にしてください。

カテゴリ | スキンケア
How to 洗顔 乳液
INDEX

乳液洗顔とは?スキンケア効果をチェック

まずはチェック!乳液洗顔とは?

まずはチェック!乳液洗顔とは? 出典:adobestock

洗顔をするときは一般的に洗顔フォームやクレンジングを使用しますが、洗浄力の強い洗顔料を使うことで肌に必要な皮脂を取り除いて乾燥を引き起こすことがあります。乳液洗顔とは、そうしたトラブルを防ぐスキンケア方法です。

「乳液で汚れが落とせるの?」と疑問に感じる人もいると思いますが、乳液には油分が含まれているため、汚れやメイクを浮かせる効果があります。また、乳液には界面活性剤が含まれていないので、マイルドに洗浄できることもポイントです。

【乳液洗顔のメリット1】洗い上がりはしっとり

【乳液洗顔のメリット1】洗い上がりはしっとり 出典:adobestock

洗顔フォームやクレンジングで顔を洗うと、洗い上がりがつっぱることがありますよね。そうしたつっぱりは、肌表面の水分や皮脂が取り除かれることで起こります。

乳液洗顔はマイルドな洗浄力が特徴なので、肌に必要な皮脂を過度に取り除くことはありません。乳液自体にも保湿成分が含まれているので、潤いをキープしたまま洗顔ができます。「最近、乾燥が気になる」という方には、とくにおすすめの洗顔法です。

【乳液洗顔のメリット2】毛穴汚れをオフできる

【乳液洗顔のメリット2】毛穴汚れをオフできる 出典:adobestock

乳液洗顔は、毛穴に詰まった汚れを取り除きたいときにもおすすめです。毛穴汚れは、余分な皮脂が毛穴に詰まることで起こります。それを取り除くためには、油分の含まれるアイテムとなじませて溶かすことが重要です。

油分の含まれる乳液で洗顔をすることで毛穴に詰まった皮脂を溶かし、汚れをすっきりとオフできます。毛穴汚れが気になる人は、ぜひ乳液洗顔を試してみてください。

【乳液洗顔のメリット3】ターンオーバーの乱れを防ぐ

【乳液洗顔のメリット3】ターンオーバーの乱れを防ぐ 出典:adobestock

ターンオーバーとは、肌の細胞が生まれ変わる周期のことです。ターンオーバーが乱れると、古い角質が取り除かれず肌の透明感が失われたりニキビの原因になったりと、さまざまな肌トラブルを引き起こします。

そうしたトラブルを防ぐためには、「肌を十分に保湿すること」と「洗いすぎないこと」が重要です。乳液洗顔は高い保湿力とマイルドな洗浄力を兼ね備えているので、ターンオーバーの乱れを防ぐ効果が期待できます。

乳液洗顔のやり方をステップごとにご紹介

【準備】乳液洗顔に必要なアイテム

【準備】乳液洗顔に必要なアイテム 出典:adobestock

まずは、乳液洗顔に必要なアイテムをご紹介します。乳液洗顔に必要なものは「乳液」と「タオル」のみです。

乳液は普段のスキンケアで使っているものでOKですが、消費量が多いので惜しみなく使えるプチプラの乳液を用意するとよいでしょう。タオルはホットタオル用と洗顔後に水気を取る用の2枚を使用します。特別なアイテムを揃えなくても手軽にはじめられることが、乳液洗顔の魅力です。

【STEP1】ホットタオルで毛穴を開く

【STEP1】ホットタオルで毛穴を開く 出典:adobestock

乳液洗顔をはじめる前にホットタオルを顔に乗せて、毛穴を開いていきます。毛穴を開くことで皮脂汚れが落ちやすくなるので、乳液洗顔の効果をUPさせるためにもぜひ行いましょう。

やり方は、まずフェイスタオルを水に濡らし、500Wの電子レンジで30秒~1分ほど加熱します。ホットタオルは体温よりも少し高めの温度がベスト。適温になったら顔の上に乗せて2分~3分ほど時間を置き、タオルが冷めてきたら次のステップに移りましょう。

【STEP2】乳液を顔全体に広げる

【STEP2】乳液を顔全体に広げる 出典:adobestock

次に乳液を多めに手に取り、顔全体に塗っていきます。やり方は簡単で、頬・額・鼻・顎などになじませたら指先でくるくると円を描くようにやさしくマッサージをしましょう。

頬や小鼻などの皮脂が多いパーツは、重点的にマッサージするやり方がおすすめです。このとき強い力でマッサージをすると、摩擦が起こり肌トラブルの原因になるのでご注意ください。擦って落とすのではなく、乳液を滑らせるようなやり方でマッサージをしましょう。

【STEP3】ぬるま湯で乳液を洗い流す

【STEP3】ぬるま湯で乳液を洗い流す 出典:adobestock

乳液洗顔後は肌の上に汚れや皮脂が浮き上がっている状態なので、洗い流しは必須です。ぬるま湯でしっかりと洗い流しましょう。すすぎ残しがあると肌トラブルの原因になるので、乳液洗顔後はぬるつきを感じなくなるまでしっかりと洗い流してください。

洗い流すときの水の温度は高すぎても低すぎても肌の刺激につながるので、触れてみて少し温かいと感じる程度がベストです。十分に洗い流した後は、清潔なタオルで水気をふき取ってください。

この記事を書いた人

RAXY Style 編集部

RAXY Style編集部がセレクトした旬のコスメやメイクのHow to情報をお届けします。いつもより輝けるキレイのヒントをお届けてしていきます★

ライター記事一覧

記事一覧へ戻る

share