Beauty Topics

ワセリンの基本の使い方とは?種類や保湿以外のおすすめの活用方法をまとめてお届け

出典:adobestock

ワセリンの基本の使い方とは?種類や保湿以外のおすすめの活用方法をまとめてお届け

スキンケアやリップケアでもおなじみのワセリン。保湿効果が高いことは知りつつも、あまり使ったことがない人も多いのではないでしょうか?
そこで今回は、ワセリンの種類や基本的な使い方をご紹介します。一般的な使い方とは違うおすすめの活用方法もご紹介するので、これからワセリンを取り入れようと考えている人はぜひ参考にしてくださいね。

カテゴリ | ボディケア
How to 基本編 応用編

【基本編】ワセリンの使用方法をご紹介

【基本の使い方1】全身の保湿ケアにおすすめ

【基本の使い方1】全身の保湿ケアにおすすめ 出典:adobestock

ワセリンは刺激の少ない保湿剤なので、全身の保湿ケアにぴったりです。基本的には、スキンケアの仕上げとして活用すると効果を発揮します。

「顔に塗るのはちょっと心配」という人は、まずは腕や足などのボディから試してみることがおすすめ。あらかじめ肌トラブルが起きないことを確認してから使うと、トラブルも防げますよ。

【STEP1】肌を清潔な状態に整える

【STEP1】肌を清潔な状態に整える 出典:adobestock

ここからは、ワセリンで保湿ケアをするときのステップをご紹介します。ワセリンを塗るときは清潔な肌状態にしておくことが重要です。お風呂で汗や汚れをしっかりと落とし、肌を清潔な状態に整えておきましょう。

ワセリンのべたつきが苦手な人はタオルで全身の水分を完全に拭き取らず、肌が少し濡れた状態にしておくことがポイントです。濡れた状態の肌にワセリンを伸ばすことで、べたつきも抑えられますよ。

【STEP2】化粧水・乳液・クリームで水分をチャージ

【STEP2】化粧水・乳液・クリームで水分をチャージ 出典:adobestock

ワセリンには水分を補う作用がないので、あらかじめ水分を与えるケアをしておくことが重要です。ワセリンを塗る前には、化粧水や乳液、美容液で十分に保湿ケアをしましょう。

乾燥が気になる人は、保湿成分であるセラミドやヒアルロン酸が配合されているアイテムがおすすめです。保湿効果の高いアイテムとワセリンを組み合わせることで、より高い保湿作用を得られますよ。

【STEP3】手で温めながら伸ばす

【STEP3】手で温めながら伸ばす 出典:adobestock

水分を与えるスキンケアをした後はワセリンの出番です。ワセリンの基本的な使い方は、手で温めながら伸ばしていくこと。米粒大のワセリンを手のひらに伸ばし、両手で軽く温めてから、押さえるように塗っていきましょう。基本的に薄づけがおすすめなので、塗りすぎないように注意してください。

べたつきが気になる人は、乾燥が気になる部位にだけ塗ってもOK!混合肌の人は、口元や頬などの乾燥しがちな部位に重点的に塗るとよいでしょう。

【基本の使い方2】リップケアにもおすすめ

【基本の使い方2】リップケアにもおすすめ 出典:adobestock

ワセリンは、リップクリーム代わりとして使う方法もおすすめです。乾燥を予防し、ぷるんと潤った唇に整えてくれます。

使い方はリップクリームと同様で、乾燥が気になったときに指先で伸ばすだけ。リップクリームよりもべたつきが強いので、少量だけつけることを意識しましょう。また、口紅を塗る前に下地としてワセリンを活用することもおすすめです。

乾燥が気になる時期はリップパックがおすすめ

乾燥が気になる時期はリップパックがおすすめ 出典:adobestock

秋冬にかけての乾燥が気になる時期は、ワセリンを使ったリップパックがおすすめです。リップパックの方法は、普段使うよりも少し多めのワセリンを唇に塗り、その上からラップで覆います。リップパックの時間は、5分が目安です。時間を置いたら、ラップを外して余分なワセリンをティッシュでやさしくオフしてください。

リップパックとして活用することで、乾燥や荒れを予防してハリのあるうるつやな唇に仕上がりますよ。

【応用編】ワセリンのおすすめの使い方

【使い方1】ワセリンでクレンジング

【使い方1】ワセリンでクレンジング 出典:adobestock

肌の乾燥が気になるときには、ワセリンクレンジングがおすすめです。「ワセリンでメイクが落とせるの?」と疑問に感じる人も多いと思いますが、ワセリンには油分が含まれているためメイクを浮かせる役割があります。そのため軽いメイクの日であれば、クレンジング代わりとしても活用できますよ。

ただし、アイメイクやリップメイクなどの濃いメイクは落とせないので、あらかじめポイントメイクリムーバーで落としておく方法をおすすめします。

【使い方2】髪や頭皮の保湿ケアにも使える

【使い方2】髪や頭皮の保湿ケアにも使える 出典:adobestock

ワセリンは、ヘアオイルやスタイリング剤代わりに使う方法もあります。髪のパサつきが気になるときや、ヘアカラーなどでダメージを受けたときにはぜひ試してみてください。

ワセリンを付けるタイミングは、ドライヤーで髪を乾かす前がベスト。使い方は米粒大のワセリンを手に取り、温めてから指先で髪全体に伸ばします。付けすぎるとベタベタになってしまうので、少しずつ付けていきましょう。保湿効果の高いトリートメントの後に使うとより効果的ですよ。

【使い方3】お気に入りの香水と混ぜて使う

【使い方3】お気に入りの香水と混ぜて使う 出典:adobestock

ワセリンに少量の香水をプラスすることで、練り香水としても活用できます。練り香水のメリットは、量の調整がしやすいため付けすぎを予防できること。また、持ち運びにも便利なので、いつでも好きな香りを楽しめます。

作り方は5gサイズのプラスチック容器にワセリンを入れ、香水を5滴ほどプラス。その後つまようじを使ってよくかき混ぜれば完成です。手首やうなじなどに付けると、ほどよく香りを楽しめますよ。

【使い方4】花粉症対策として活用する方法も

【使い方4】花粉症対策として活用する方法も 出典:adobestock

ワセリンを鼻の周りに付けることでワセリンの油分が花粉をキャッチし、花粉の侵入を予防できます。花粉が気になる時期に、ぜひ試してみてください。

使用方法は綿棒にワセリンを少量とり、鼻の周りや鼻の穴にやさしくつけていきます。鼻の周りはデリケートなので、白色ワセリンや「プロペト」がおすすめです。目のかゆみが気になるときは、目の下やまぶたに付ける方法も効果的です。

【使い方5】靴擦れ予防として使う

【使い方5】靴擦れ予防として使う 出典:adobestock

慣れない靴を履くと、靴擦れに悩まされますよね。そんなときは、かかとや足の側面など靴擦れの起きそうな部位にあらかじめワセリンを塗っておく方法がおすすめです。ワセリンを塗ることで摩擦が軽減され、靴擦れを予防できます。

ワセリンを塗るのは足でも靴でもどちらでもOK。使用量は、肌に塗るときよりも少し多めに塗っておきましょう。

【使い方6】手持ちのコスメをリメイクできる

【使い方6】手持ちのコスメをリメイクできる 出典:adobestock

アイシャドウやチークが割れてしまったときに、ワセリンでリメイクする活用方法があります。ワセリンにパウダー状のアイシャドウやチークを混ぜることで、クリーム状のテクスチャーに大変身。パウダー状のときとは異なった、ツヤ感のある仕上がりになります。

また、ワセリンをプラスすることで保湿効果もUPするので、乾燥が気になる時期にもおすすめです。

この記事を書いた人

RAXY Style 編集部

RAXY Style編集部がセレクトした旬のコスメやメイクのHow to情報をお届けします。いつもより輝けるキレイのヒントをお届けてしていきます★

ライター記事一覧

記事一覧へ戻る

share