Beauty Topics

痛いささくれの原因は乾燥や刺激!日常でのケア方法とおすすめクリーム2選

出典:adobestock

痛いささくれの原因は乾燥や刺激!日常でのケア方法とおすすめクリーム2選

いつのまにか指にできているささくれ。ささくれがあると「指や爪が汚く見える」、さらに「ちょっとした刺激でも痛い」など気持ちが落ちますよね。ささくれができる原因と対処方法を知って、指先から女子力を高めましょう。この記事では痛いささくれの原因や予防方法、ささくれケアにおすすめの人気クリームをご紹介します。

カテゴリ | ネイル
How to おすすめ ハンドクリーム

<ささくれケアにおすすめ>指や爪のクリームの使い方

<ささくれの基本ケア>ハンドクリームの塗り方

<ささくれの基本ケア>ハンドクリームの塗り方 出典:adobestock

ささくれの予防・改善方法として、入浴後にハンドクリームを塗るのがおすすめです。
 
【基本のハンドクリームの塗り方】

  • 1.入浴後、しっかり手の水分をふき取る
  • 2.手のひらや手の甲にハンドクリームをやさしく塗り広げる
  • 3.指先や爪周りはとくに丁寧にハンドクリームをすりこむ

ささくれが気になるときは、キューティクルオイルの重ね付けもおすすめです。キューティクルオイルを使用するときは、ハンドクリームの前につけるようにしましょう。休日など時間に余裕があるときは、指先にラップをまいて3~5分程度置くと保湿力が高まります。

<ささくれのスペシャルケア>指先のマッサージ方法

<ささくれのスペシャルケア>指先のマッサージ方法 出典:adobestock

ゆっくり入浴が可能な日は、お風呂でスペシャルケアをするのもおすすめです。痛みを伴うささくれができていないときは、まずはスクラブ入りのマッサージ料などで手の甲や指先をなめらかに整えましょう。

その後は湯船の中で爪の付け根あたりを、1本1本丁寧に「痛気持ちよい」くらいの圧でプッシュしていきます。湯船の温かさとマッサージで指先の血行が促進され、肌細胞に栄養がいきわたりやすくなる簡単なセルフケア方法です。

<ささくれケアの注意点>出血や化膿をしているときは?

<ささくれケアの注意点>出血や化膿をしているときは? 出典:adobestock

ささくれ部分が出血していたり、化膿していたりするときはお手入れストップのサイン。化粧品やマッサージが刺激になり、かえって悪化することもあります。ささくれが出血や化膿をしている場合は、皮膚を治すことを最優先に考えて。

ささくれた指周りは、ばんそうこうでしっかりと覆って対処しましょう。肌の回復を待ってから、クリームを使った基本のケアの再開を。ただし、ささくれの状態があまりにひどいときは自己判断せずに、皮膚科に相談してくださいね。

痛いささくれとさようなら!正しいケアで指先まで美しく

ささくれの原因には乾燥、物理的刺激、血行不良などがあります。ささくれができないように、日常での予防方法をぜひ試してみてくださいね。もしささくれができてしまっても大丈夫、正しいケアをおこなえば皮膚へのダメージは最小限に抑えられます。

指先が美しい女性は清潔感があり、女子力も高く見られるでしょう。ささくれの対処方法やおすすめのクリームを参考に、美しい爪や指先を手に入れてくださいね。

この記事を書いた人

RAXY Style 編集部

RAXY Style編集部がセレクトした旬のコスメやメイクのHow to情報をお届けします。いつもより輝けるキレイのヒントをお届けてしていきます★

ライター記事一覧

記事一覧へ戻る

share