Beauty Topics

【レディース向け】おすすめヘアバーム10選。魅力から上手な使い方までお届け!

出典:adobestock

【レディース向け】おすすめヘアバーム10選。魅力から上手な使い方までお届け!

トレンドのウェットヘアやナチュラルなスタイリングを楽しめる、人気のスタイリング剤「ヘアバーム」。ヘアワックスと違いボディケアに使えるものも多く、マルチユースな使い勝手のよさが魅力的です。
今回は、市販やプチプラ、美容室専売ブランドなどからおすすめのレディース向けヘアバーム10選をピックアップしました。ヘアワックスとの違いや上手な選び方、使い方などヘアバームの魅力をたっぷりお届けします。

カテゴリ | ヘアケア
How to おすすめ デパコス プチプラ

【軽やかな仕上がり】ヘアバームのおすすめ&人気3選

シフォンのようなふんわりやわらかシルエットに

【promille プロミルシフォンバーム】
「プロミルシフォンバーム」は、ベタつきの少ない軽やかな感触が魅力のヘアバームです。重くなりすぎない適度なセット力で、シフォンのようにふわっとやわらかな質感のスタイリングを叶えます。

髪になじませると、クラシックブーケの華やかな香りがふんわりと広がりますよ。ポーチに入れて携帯しやすいコンパクトなサイズ感と、髪からボディまでマルチな使い方ができるのも便利なポイントです。

軽やかで自然なツヤをプラス。軟毛さんにもおすすめ

【Loretta ムルムルバター】
ムルムルバター※1やシアバター※2、バオバブオイル※3などをベースに配合した、Lorettaのヘアバーム。天然由来成分100%で作られており、乾いた髪になじませることで自然なツヤを引き出します。

やわらかなテクスチャーで、ショートからロングまで幅広く使えますよ。細くやわらかい毛質の方も、重くなりすぎないのが魅力です。スタイリングだけでなく、洗い流さないトリートメントとしてヘアケアに使うのもおすすめです。

※1アストロカリウムムルムル脂:保湿
※2シア脂:保湿
※3バオバブ種子油:保湿

ごわつき毛をソフトでまとまりやすい感触に

【Aesop バイオレットリーフ ヘアーバーム】
Aesopのヘアバームは、髪に潤いを与えるココアシードバター※1やキャロットオイル※2などを配合。ごわついて扱いにくい髪を、スタイリングしやすいやわらかな感触に整えます。髪の乾燥やまとまりにくさでお悩みの方におすすめです。

乾いた髪と濡れた髪どちらにも使えるので、パーマヘアからストレートヘアまで幅広いスタイル作りに活躍します。スタイリングをしながら、グリーン調の温かい香りを楽しめますよ。

※1髪の保護成分
※2エモリエント成分

ヘアバームの使い方と好みのスタイリングに仕上げるコツ

使い方(1)つける量は少なめから!

使い方(1)つける量は少なめから! 出典:adobestock

いつも通りにブローやアイロンを終えたら、ヘアバームをつけていきます。つける量は人差し指の第1関節の半分ほどが目安です。レングスによって適量は変わりますが、ショートでもロングでも最初は少なめの量をつけて足りなければ後から加えると、失敗が少なくすみます。

ヘアバームを手の熱で温めて溶かすイメージで、手のひらから指の間までよく伸ばしてください。手のひら全体がテカテカするくらいまでしっかり伸ばすと、ヘアバームが1ヶ所に固まってつくのを防げます。

使い方(2)頭皮に遠い部分からなじませる

使い方(2)頭皮に遠い部分からなじませる 出典:adobestock

続いて、ヘアバームを襟足から毛先、後頭部、両サイドの順になじませます。手ぐしを通して毛先をもみ込むように、しっかりとなじませるのがコツです。

ヘアバームをつけるときは、なるべく頭皮付近や頭のてっぺんを避けましょう。地肌に近い部分にたくさんヘアバームをつけると、頭皮から分泌された皮脂や汗と混ざってベタつき、清潔感のない印象になってしまいます。中間から毛先の髪を中心になじませてくださいね。

使い方(3)手に残ったヘアバームを前髪につけて整える

使い方(3)手に残ったヘアバームを前髪につけて整える 出典:adobestock

前髪はヘアバームをつけすぎるとベタついてしまうので、最後にスタイリングします。毛先をつまむように手のひらに残ったヘアバームをなじませ、束感を出すイメージで毛流れを整えましょう。仕上げに髪全体のシルエットと毛流れを整えて完了です。

ミディアムやロングの方で物足りなさを感じる場合は、使い方(1)よりもさらに少量のヘアバームを追加してください。髪の広がりが気になる方は手のひらで髪の表面をやさしくなでると、ほどよくボリューム感を抑えられます。

シャンプー前はブラッシングと予洗いを入念に!

シャンプー前はブラッシングと予洗いを入念に! 出典:adobestock

ヘアバームはヘアワックスと違い、ベタつきにくくホールド力も弱めです。しかしオイルが主成分であるため、ショートヘアの方や重めのヘアバームを使った場合はシャンプーが泡立ちにくいと感じる可能性があります。

ヘアワックス同様しっかり落とすことが大事なので、シャンプー前はブラッシングと予洗いを丁寧に行いましょう。髪を濡らす前にブラシで絡まりやほつれを整えたら、指の腹でマッサージをするように頭皮から毛先までぬるま湯で洗い流してくださいね。

ヘアバームの魅力と人気商品を押さえて、ナチュラルスタイルに

今回は、プチプラや市販ブランドなどでおすすめのレディース向けヘアバーム10選をご紹介しました。ヘアバームは、繊細なニュアンススタイルを作りやすいことが魅力です。人気商品はたくさんありますが、ヘアワックスとの違いや選び方、使い方をしっかり覚えておけば、自分の毛質に合うアイテムが見つかります。

ご紹介したヘアバームの魅力やヘアワックスとの違いなどをチェックして、理想のスタイリングを叶えてくださいね。

この記事を書いた人

RAXY Style 編集部

RAXY Style編集部がセレクトした旬のコスメやメイクのHow to情報をお届けします。いつもより輝けるキレイのヒントをお届けてしていきます★

ライター記事一覧

記事一覧へ戻る

share