Beauty Topics

《童顔メイクの作り方》少女のような愛され顔に!特徴とパーツ別のやり方をレクチャー

出典:adobestock

《童顔メイクの作り方》少女のような愛され顔に!特徴とパーツ別のやり方をレクチャー

守りたくなるようなキュートなベビーフェイスに、憧れを持つ方も多いのではないでしょうか。そんな方に試してほしいのが「童顔メイク」。童顔メイクなら、全方位モテの愛されフェイスが手に入りますよ。
そこで今回は、初心者の方にも簡単に挑戦できる童顔メイクの作り方をパーツ別に詳しくレクチャーします。大人女子が取り入れる際のコツなども解説していますので、童顔メイクが気になる方はチェックしてみてください。

カテゴリ | アイメイク
How to パーツ別

【チーク&リップ】初心者でも簡単!童顔メイクの作り方

【チーク】内側チークでキュートさを格上げ

【チーク】内側チークでキュートさを格上げ 出典:ライター撮影画像

ぷっくりとした丸みのある頬も、童顔さんの特徴のひとつ。チークはピンクのパウダーチークを選び、ほわっとしたやわらかな質感の頬に仕上げるのがコツです。

大きめのブラシにパウダーを取り、ニコッと笑ったときの頬の1番高い位置に丸く入れましょう。自然な血色感が出るようなイメージで、薄くのせるのがポイント。塗る前に、1度手の甲などで余分な粉を落としてから頬にのせると、初心者の方でも失敗なく自然なチークに仕上がりますよ。

【リップ】ツヤリップでジューシーなぷるぷる唇に

【リップ】ツヤリップでジューシーなぷるぷる唇に 出典:adobestock

童顔メイクではツヤタイプのリップで、みずみずしくぷるんとした唇に仕上げます。リップカラーは、アイメイクとチークに合わせてピンクを使いましょう。ふっくらとした丸みを出すため、少しオーバー気味にリップをのせるのがコツです。

リップラインがガタガタしてしまいきれいに仕上がらない場合は、リップブラシで輪郭を縁取ってから内側に色味をのせていくと、初心者の方でもきれいなオーバーリップが作れますよ。唇が薄い方は、プランパーリップを事前に仕込んでふっくらとさせてから、リップを重ねるのもおすすめです。

大人女子が童顔メイクをするときに気をつけたいポイント

ベースはとにかく薄づきを心がける

ベースはとにかく薄づきを心がける 出典:adobestock

童顔メイクでは「ベースメイクが命!」といっても過言ではないほど、とても大事。カバーしたいからと欲張ってたくさん重ねすぎてしまうと、透明感※のある肌が作れなくなります。さらに、厚塗りになることで童顔とは真逆の「老け見え」になってしまいかねません。

化粧下地からフェイスパウダーまでのベースメイクの工程をすべて薄づきに仕上げ、ナチュラルなベースを作る意識をしましょう。

※メイクアップ効果

アイシャドウで使うのは2色まで

アイシャドウで使うのは2色まで 出典:adobestock

色味をたくさん使ったアイメイクは今どきっぽくてとてもおしゃれですが、ナチュラルに仕上げたい童顔メイクではNG。アイシャドウはベースで使うハイライトカラーと、メインで使うミディアムカラーの2つまでにしておきましょう。

また、発色が鮮やかなものや深みのある濃いカラーは、透明感※を出したい童顔メイクには不向きです。できるだけニュアンスが楽しめるような、肌なじみのよいカラーを選んでくださいね。

※メイクアップ効果

大人女子も童顔メイクにチャレンジして愛され顔を手に入れて

童顔メイクと聞くと一見大人女子には不向きなように感じますが、選ぶ色や各パーツの作り方を工夫すれば大人の色っぽさを引き立てる「大人かわいい」メイクに仕上がります。また、全体的にナチュラルに仕上がるので、メイク初心者の方にも抵抗なく楽しめるのも魅力です。

ぜひ今回の記事で大人女子も初心者さんも存分に楽しめる童顔メイクの作り方をマスターして、愛され顔を手に入れてくださいね。

この記事を書いた人

RAXY Style 編集部

RAXY Style編集部がセレクトした旬のコスメやメイクのHow to情報をお届けします。いつもより輝けるキレイのヒントをお届けてしていきます★

ライター記事一覧

記事一覧へ戻る

share