Beauty Topics

【下まぶたの基本メイク】デカ目になるやり方テクニック&コツで目力UPさせよう!

出典:adobestock

【下まぶたの基本メイク】デカ目になるやり方テクニック&コツで目力UPさせよう!

デカ目に欠かせないアイメイクですが、上まぶたばかりに力を入れて下まぶたはなおざりになっていませんか?下まぶたは魅力的なアイメイクに仕上げるうえで、とても重要なパーツ。
そこで今回は、初心者でも簡単にできる基本的な下まぶたメイクのやり方を徹底レクチャーします。目の形別やパーソナルカラー別に提案したやり方もご紹介していますので、ぜひ普段のメイクに取り入れてさらに魅力的な目元へとアップデートしましょう!

カテゴリ | アイメイク
How to イエベブルベ
INDEX

下まぶたメイクって必要?大人女子にこそ取り入れてほしい理由

顔色が明るく見える

顔色が明るく見える 出典:adobestock

アイメイクをするときに上まぶたばかりに気を取られて、下まぶたの重要性にあまり気づいていない大人女子も多いのではないでしょうか?下まぶたメイクは、大人女子にこそ取り入れてほしい魅力がたくさんあります。

まず1つ目は、大人になると悩みやすい目元の悩みがカバーできること。明るいアイシャドウやラメをのせると、くまや目周りのくすみが目立たなくなります。

また、マスクの影で暗くなりがちな目元が明るくなり、顔全体が明るい印象に見える効果も。疲れ顔に見えやすいマスクメイクも、明るさと光のおかげで払拭できますよ。

目が大きく見える

目が大きく見える 出典:adobestock

2つ目は目を大きく見せる効果があること。上まぶただけをばっちりと仕上げたアイメイクよりも目元全体のバランスが整い、デカ目効果が狙えます。目元の縦幅と横幅の両方をまんべんなく大きく見せたいときは、下まぶたメイクは必須です。

色味やツヤ感を足すだけで目力がアップし、印象的な目元が作れます。

女性らしい印象になる

女性らしい印象になる 出典:adobestock

3つ目は目元が華やかになり、顔全体の印象が女性らしくなること。下まぶたにも色味をのせるだけでアイメイクが一気にやさしい雰囲気に仕上がります。

また、明るめのアイシャドウやラメアイシャドウなどで明るさやツヤ感をプラスすると、瞳がキレイに見え透明感※のある目元を演出する効果も。さり気なく女性らしさを引き立ててくれるので、デートメイクにもぴったりです。

※メイクアップ効果によるもの

面長さんは顔の長さを目立たなくする効果も

面長さんは顔の長さを目立たなくする効果も 出典:adobestock

4つ目は顔の長さが目立たなくなること。下まぶたにアイシャドウを塗ると顔のパーツが下重心に見え、縦幅の長さをカバーできます。

また、上まぶたにだけメイクをしたときよりも目元が大きく見えるため、顔全体の余白が減って小顔効果も期待できるのです。顔の長さに悩みやすい面長さんや顔全体を小さく見せたい方は、ぜひ取り入れてみてください。

【基本】初心者でも簡単にできる下まぶたメイクのやり方

下まぶたメイクに必要な基本アイテム

下まぶたメイクに必要な基本アイテム 出典:adobestock

下まぶたメイクに特別なアイテムは必要なく、手持ちのコスメだけで仕上げられます。主に必要な基本アイテムは下記のとおりです。

  • ・アイシャドウ下地
  • ・上まぶたに使ったアイシャドウ
  • ・粒子が細かいラメアイシャドウ
  • ・アイライナー
  • ・マスカラ
  • ・アイブロウパウダー

これらのアイテムが揃えば、すぐに基本の下まぶたメイクは完成します。

それでは、アイテムごとの詳しいやり方を1つずつ見ていきましょう。

【基本】やり方のコツ1|スキンケア

【基本】やり方のコツ1|スキンケア 出典:adobestock

メイクをおこなう前に、事前準備として重要なのがスキンケア。保湿をスキップすると、乾燥でアイシャドウがキレイにのらず残念な仕上がりになってしまいます。

また、目元はデリケートなのでメイク直後はキレイに仕上がっても時間の経過とともに乾燥し、小じわの出現で「老けて見えてしまう…」なんてことも。せっかくの下まぶたメイクをキレイに仕上げるために、目元の保湿はしっかりとおこないましょう。もちろん、メイク前だけではなく日頃からたっぷりと保湿し、乾燥対策をおこなっておくことも大切です。

【基本】やり方のコツ2|アイシャドウ下地

【基本】やり方のコツ2|アイシャドウ下地 出典:adobestock

下まぶたは、汗や涙でメイクがよれやすい部分。アイシャドウベースを仕込んでおくと時間が経っても崩れにくく、キレイな状態が保ちやすくなります。それだけではなく、アイシャドウの発色をよくする効果も期待できるのです。

アイシャドウ下地を使う際は、スキンケアなどの余分な油分を軽くティッシュオフしてから塗るのが効果を最大限に発揮させるコツ。この一手間で仕上がりや持続性に大きな差が生まれます。

【基本】やり方のコツ3|アイシャドウ

【基本】やり方のコツ3|アイシャドウ 出典:adobestock

下まぶたにアイシャドウを塗るときは、濃いカラーを目頭から目尻までがっつりのせるとやりすぎた印象になります。下まぶたも上まぶたと同じようにグラデーションを作るのがやり方のコツです。

基本のグラデーションの作り方は、まず1番淡いカラーを目頭から目尻まで広範囲に塗ります。次に、中間色のアイシャドウを目尻から中央の位置まで塗り、締め色のアイシャドウを目尻から1/3までキワにのせたら完成。色味の境目をぼかすように塗ると、キレイなグラデーションを作りやすくなります。

【基本】やり方コツ4|アイライナー

【基本】やり方コツ4|アイライナー 出典:adobestock

アイライナーも目頭から目尻までがっつり引くと、目元がキツく見えてしまいます。やさしい目元に仕上げるため、アイラインは目尻1/3の部分にのみ引くのがやり方のコツです。

基本の引き方は、まず目尻1/3の位置から目尻に向かってまっすぐなラインを描きます。このとき目の形に沿ってではなく、目尻の三角ゾーンを空けて直線的に引くのがポイントです。次に、アイシャドウをブラシに取り、ラインをぼかすように目尻に塗ったら完成。アイライナーは、自然になじみやすいブラウンを使うのがおすすめです。

【基本】やり方のコツ5|マスカラ

【基本】やり方のコツ5|マスカラ 出典:adobestock

マスカラも下まぶたメイクには欠かせないアイテム。マスカラを塗ると下まつ毛がより際立ち、はっきりとした目元を作れます。

マスカラはやりすぎた印象を与えないため、ナチュラルに仕上がるロングタイプがおすすめ。カラーもブラウンなどの抜け感が出る色味を選び、やわらかくやさしい目元に仕上げましょう。
下まつ毛が短くマスカラを塗るのが難しい方は、小回りが利きやすいコンパクトブラシのアイテムが便利です。

【基本】やり方のコツ6|涙袋

【基本】やり方のコツ6|涙袋 出典:adobestock

涙袋も下まぶたメイクに必須。ですが、ギラギラとした涙袋は初心者や大人女子には抵抗を感じる方も多いでしょう。ナチュラルに仕上げたい下まぶたメイクでは粒子の細かいラメを使い、さり気なく輝きを纏うのがコツ。

ラメアイシャドウをのせるときは、目頭から黒目下のあたりに光が集まるように自然にのせましょう。もともと涙袋がない方はラメアイシャドウをのせるだけではなく、アイブロウパウダーなどでラインを引いて立体感をプラスするのもおすすめです。

この記事を書いた人

RAXY Style 編集部

RAXY Style編集部がセレクトした旬のコスメやメイクのHow to情報をお届けします。いつもより輝けるキレイのヒントをお届けてしていきます★

ライター記事一覧

記事一覧へ戻る

share