Beauty Topics

キリッとした大人な「クールメイク」の仕方!かっこいい印象を引き出すポイントとは?

出典:adobestock

キリッとした大人な「クールメイク」の仕方!かっこいい印象を引き出すポイントとは?

シャープで大人っぽい雰囲気が魅力の「クールメイク」。ベースや眉毛、アイシャドウなどの手順に少しこだわるだけで簡単にチャレンジできるので、普段のイメージを一新したい方からも人気のメイクテクニックです。
今回はそんな「クールメイク」について、魅力と部分別のメイク方法をご紹介。簡単にかっこいい印象に見せるコツからクールになりすぎたときの対処法まで、詳しく解説します。

カテゴリ | アイメイク
How to
INDEX

「かっこいい」を叶えるクールメイクの魅力

クールメイクの特徴とは?

クールメイクの特徴とは? 出典:adobestock

クールメイクは、キリッと整ったかっこいい雰囲気が感じられるメイクのこと。落ち着きのある質感のベース肌やシャープで涼やかな目元、凛々しい形をした眉毛などがとくに印象的です。

クールメイクは顔の雰囲気や骨格に関係なく、メイクのやり方を工夫するだけで気軽に楽しめます。落ち着きのある大人びた佇まいを演出したい方にぴったりです。

こんなお悩みがある方は必見!

こんなお悩みがある方は必見! 出典:adobestock

クールメイクは、とくに次のようなお悩みを持つ方におすすめのメイク方法です。

  • ・童顔で年齢よりも幼く見えやすい
  • ・ソフトな顔立ちでメリハリや立体感を出しにくい
  • ・「可愛い」「穏やか」といった印象をガラッと変えたい

ベースや目元、チークやリップなどのちょっとしたメイクのやり方のポイントを押さえるだけで、簡単にクールな雰囲気を取り入れられます。かっこよくて品のある大人女性を目指したい方は、ぜひチャレンジしてみましょう。

【ベース】クールメイクのポイントとは?

ベースメイクは「質感」が大事!

ベースメイクは「質感」が大事! 出典:adobestock

クールなベースメイクを作る秘訣は、フラットに整った陶器のようなマット肌に仕上げることです。ツヤや光沢感のあるベースだとソフトな印象が強調され、かっこよさが控えめになってしまいます。ファンデーションやフェイスパウダーはセミマット〜マット系に仕上がるタイプを選び、落ち着いた印象のベース作りを目指しましょう。

また、より魅力的なマット肌に見せるために、毛穴や肌の赤みなどのカバーも大事です。コンシーラーを薄く重ねて、肌のアラをしっかりカバーしましょう。

ファンデーションはフェイスラインを外して塗る

ファンデーションはフェイスラインを外して塗る 出典:ライター撮影画像

クールな印象を作るには、シャープな輪郭に見せることが大切です。

  • 1.化粧下地を顔全体に薄くのばす
  • 2.画像の黒枠内を目安に、ファンデーションをのばす
  • 3.小鼻や頬など毛穴や肌の赤みが目立ちやすい部分にコンシーラーをのせ、指でやさしくぼかす

ファンデーションをフェイスラインまできっちり塗ると、丸みを帯びた輪郭に見えやすくなります。可愛らしさが強調されて大きな顔に見えてしまうので、フェイスラインを避けてベースメイクを仕上げるのがおすすめです。

フェイスパウダーでテカリとツヤをオフ

フェイスパウダーでテカリとツヤをオフ 出典:adobestock

続いて、フェイスパウダーを薄くのせてベースメイクを仕上げます。クールメイクにはマットな質感の肌が似合うため、パウダーでテカリやツヤ感をしっかり抑えることがポイントです。

ファンデーションとコンシーラーを塗り終えたら、フェイスパウダーをTゾーン・生え際・頬・顎・まぶたへのせます。1ヶ所に多くつきすぎないよう、フェイスブラシでサッサッとなでるようにのせるのがコツです。

シェーディング&ハイライトで彫りの深い骨格を目指す

シェーディング&ハイライトで彫りの深い骨格を目指す 出典:ライター撮影画像

立体感を出してシャープな骨格を演出すると、よりクールな印象に見せられます。ベースメイクの仕上げにシェーディングとハイライトを使って、顔にメリハリを出しましょう。

フェイスパウダーをつけた後、画像に記した鼻筋とフェイスラインを中心に陰影をつけます。シェーディングは、小回りが効くチークブラシなどを使ってふんわりぼかすようにのせてください。ハイライトは、ツヤが出すぎないよう鼻筋のみ細くのせるのがコツです。

この記事を書いた人

RAXY Style 編集部

RAXY Style編集部がセレクトした旬のコスメやメイクのHow to情報をお届けします。いつもより輝けるキレイのヒントをお届けてしていきます★

ライター記事一覧

記事一覧へ戻る

share