Beauty Topics

綺麗系メイクのやり方を伝授。大人美人に見えるコツをパーツ別に説明!

出典:adobestock

綺麗系メイクのやり方を伝授。大人美人に見えるコツをパーツ別に説明!

かわいい系よりも大人っぽい魅力がある綺麗系になりたい!そんな大人女子も多いのではないでしょうか?そこで今回は、綺麗系に見えるメイクのコツをベースメイク・アイメイク・チーク&リップメイク別にご紹介します。
また、美人顔に見えるメイクのコツをデート編・オフィス編・女子会編のシーン別にご紹介するので、いつものメイクにマンネリ化している人もぜひ参考にしてください!

カテゴリ | アイメイク
How to パーツ別

【ベース】美人顔に見える!綺麗系メイクのやり方

スキンケアでベースを整える

スキンケアでベースを整える 出典:ライター撮影画像

ベースメイクを始める前に、まずは基礎化粧品で乾燥しないベースを作りましょう。化粧水と乳液を付けることで乾燥やテカリを防ぎ、メイクが崩れにくいベースができあがります。

メイク前のスキンケアのコツは、肌への浸透※が高いブースタータイプの化粧水をいつも通りの量を付けて、乳液はいつもより少なめの量を付けることです。油分が多すぎるとメイクよれの原因になるので、乳液は1プッシュ程度の量を目安に付けましょう。

※角質層まで

ベースメイクで肌トラブルをカバー

ベースメイクで肌トラブルをカバー 出典:ライター撮影画像

スキンケアで肌を整えたあとは、化粧下地を塗っていきましょう。化粧下地は、肌の色むらや毛穴の目立ちをカバーする役割があります。また、ファンデーションの密着度もUPするので、綺麗に仕上げるためにも必ず使いましょう。

化粧下地を付けるときのコツは、頬・顎・額・鼻に点置きしたあとに、スポンジを使って内側から外側に伸ばしていくことです。色むらをカバーするコントロールカラーを使うときは、顔全体ではなく気になるポイントだけに付けていきましょう。

ファンデーションはツヤ感のある仕上がりに

ファンデーションはツヤ感のある仕上がりに 出典:ライター撮影画像

ファンデーションにはツヤ感のあるタイプとマットなタイプがありますが、綺麗系に見せるためにはツヤ感のあるタイプがおすすめです。リキッドタイプやクッションタイプを使うと自然なツヤ感が演出できますよ。

ツヤ肌メイクのやり方は、まず手の甲にファンデーションをのせたあと、頬・顎・額に点置きしてください。その後、スポンジを使って内側から外側に叩き込むように広げていきます。最後に、余ったファンデーションを小鼻や目元に付ければ完了です。内側はしっかり、外側は薄付きに仕上げることでナチュラルな印象になります。

フェイスパウダーで化粧崩れを防止する

フェイスパウダーで化粧崩れを防止する 出典:adobestock

綺麗な肌を持続させるためには、フェイスパウダーは欠かせません。フェイスパウダーは余分な皮脂を吸着し、化粧崩れを防ぐ役割があります。朝のベースメイクにフェイスパウダーを取り入れるだけでメイクの持ちが変わってくるので、綺麗系を目指す人はぜひ取り入れてください。

ツヤ感のある仕上がりにするためには、ブラシを使うやり方がおすすめ。フェイスパウダーを顔の内側から外側に向かってブラシでのせて、最後は何も付いていないブラシで余分なパウダーを落とせば完了です。

シェーディングとハイライトで彫りの深い顔に

シェーディングとハイライトで彫りの深い顔に 出典:ライター撮影画像

綺麗系メイクのコツは、立体感を持たせて目鼻立ちをくっきり見せることです。自然な立体感を作るためにも、シェーディングとハイライトで顔全体に陰影を付けていきましょう。

シェーディングのコツは、フェイスラインと眉頭の下に入れることです。影を付けることで、奥行きのあるすっきりとした印象に仕上がります。ハイライトは、鼻や頬などの高く見せたい位置に入れていきましょう。シェーディングとハイライトは、骨格によっても入れる位置が異なるので、自分の骨格を確かめながらやり方を研究してみてください。

【眉毛&アイ】美人顔に見える!綺麗系メイクのやり方

アイブロウは色の濃淡をつけて立体感を演出

アイブロウは色の濃淡をつけて立体感を演出 出典:ライター撮影画像

綺麗系メイクには、整った眉毛は外せません。奥行きのあるナチュラルな眉毛に仕上げるためにも、眉を描くときは色の濃淡を付けるようにしましょう。濃淡をつけるときのやり方は、眉山を1番濃くして、眉頭や眉尻にかけて薄くぼかしていくことです。複数のカラーがセットになったアイブロウパウダーであれば、部分ごとに色の調整がしやすいので濃淡が綺麗に表現できます。

また、髪色に合わせて眉の色を変える方法もおすすめです。明るめのヘアカラーの人は、明るい眉マスカラを使うことでナチュラルな眉毛に仕上がりになります。

明るいカラーのアイシャドウでやさしげな目元に

明るいカラーのアイシャドウでやさしげな目元に 出典:ライター撮影画像

アイシャドウは無難なブラウン系を選びがちですが、綺麗系を目指すためにはピンク系やオレンジ系の明るいカラーも取り入れてみましょう。目元に明るいカラーを持ってくることでくすみをカバーでき、顔全体が華やかになります。

やり方は、まずまぶた全体にベースの色をのせてください。その後、二重まぶたの目頭側に淡いピンクやオレンジのカラーをのせていきます。最後に、目尻側に締めの色をのせれば完成です。

アイラインはまつ毛の隙間を埋めてナチュラルに

アイラインはまつ毛の隙間を埋めてナチュラルに 出典:adobestock

綺麗系メイクには、太いアイラインはNGです。ペンシルタイプのアイライナーでまつ毛の隙間を埋めるように引きましょう。

やり方は、まず目尻から目頭に向かって小刻みに動かすようにまつ毛の隙間を埋めていきます。このとき、まぶたを持ち上げながら引くと作業がしやすいです。その後、目尻よりも3mm程度長めにラインを引くと、ぱっちりとした目元に仕上がります。

ブラウンマスカラで抜け感のあるまつ毛を演出

ブラウンマスカラで抜け感のあるまつ毛を演出 出典:adobestock

大人っぽい綺麗な目元に仕上げるためには、ブラウン系のマスカラがおすすめです。ブラックよりもナチュラルでやさしい雰囲気になります。

やり方は、まずブラシをまつ毛の根元に添えて、毛の流れに沿って引き上げてください。このとき、ジグザグに動かすと塗りすぎてしまうので、真っすぐ塗るようにしましょう。ダマができたときは、コームで余分な液をオフしてください。最後に、ブラシを縦に持ち下まつ毛に塗れば完成です。

この記事を書いた人

RAXY Style 編集部

RAXY Style編集部がセレクトした旬のコスメやメイクのHow to情報をお届けします。いつもより輝けるキレイのヒントをお届けてしていきます★

ライター記事一覧

記事一覧へ戻る

share