Beauty Topics

爪が薄い原因は栄養不足や乾燥!弱い爪を強く改善するケア方法やおすすめアイテム

出典:adobestock

爪が薄い原因は栄養不足や乾燥!弱い爪を強く改善するケア方法やおすすめアイテム

もろくて薄い自爪に悩んでいませんか?爪が薄いとすぐに割れたり、痛みがあったりと爪のオシャレも楽しめないですよね。「爪が薄いのは生まれつきだから」と諦めがちですが、実は乾燥や栄養不足などの身近な原因も大きく影響しています。
正しいケアを毎日きちんとおこなえば、爪を強く改善することも可能です。この記事では、爪が薄い原因やケア方法、爪を強くするおすすめの栄養素やネイルアイテムまで徹底解説します。

カテゴリ | ネイル
How to おすすめ
INDEX

爪が薄いのはなぜ?原因5選をチェック

爪の基本的な構造を知ろう

爪の基本的な構造を知ろう 出典:adobestock

爪は指先の皮膚が硬化した部位で、「ケラチン」というタンパク質を中心に構成されています。爪の根元、甘皮の下に「爪母基(そうぼき)」という部位があり、細胞分裂によって毎日新しい爪が作られていくのです。

生まれつき爪が弱いという方も一定数います。ですが、爪は皮膚と同じで日々生まれ変わっているので、原因に対処することで薄い爪の改善が期待できるのです。

<爪が薄い原因その1>爪の乾燥

<爪が薄い原因その1>爪の乾燥 出典:adobestock

爪が薄い原因の1つめは、指先や爪の「乾燥」です。爪も皮膚と同じように、秋冬などの湿度が低下する季節は乾燥しやすくなります。

さらに、指先は手洗いなどで水に触れる機会も多く、紫外線などの外部刺激にも常にさらされる部位です。爪は乾燥の自覚をしにくいですが、乾燥が起こると皮膚と同様に弱くなるので注意しましょう。

<爪が薄い原因その2>血行不良

<爪が薄い原因その2>血行不良 出典:adobestock

爪が薄い原因の2つめは、指先の「血行不良」です。血液には全身に酸素や栄養素、体温を巡らせる役割があります。血流がスムーズだと、皮膚の細胞にも栄養がしっかり届けられて健康な細胞が生まれやすくなるのです。

逆に血行不良が起こると細胞が栄養不足になり、爪も弱くなりやすいので要注意。とくに指先などの末端部位は冷えやすいので、季節を問わずあたためケアを意識しましょう。

<爪が薄い原因その3>栄養不足

<爪が薄い原因その3>栄養不足 出典:adobestock

爪が薄い原因として、食生活の偏りによる「栄養不足」も挙げられます。私たちの身体は日々摂取した食べ物から作られるので、健康な爪を作る栄養素が不足すると、だんだん爪が弱くなっていくのです。

爪が弱い=カルシウム不足だと思っている方も多いのですが、実は爪に含まれているカルシウム量は0.1~0.2%と微量。配合量が少ないため、爪とカルシウムはあまり関係ないとされています。爪を強くする栄養素を正しく知って、効率よく摂取していくのがおすすめです。

<爪が薄い原因その4>間違ったネイルケア

<爪が薄い原因その4>間違ったネイルケア 出典:adobestock

爪が薄い原因の4つめは、「間違ったネイルケア」による刺激です。爪のオシャレはとても楽しいのですが、アイテム選びを間違ってしまったり、頻度が高すぎてしまったりすると爪が弱る原因になります。

薄い爪を補強しようとジェルネイルをする方もいますが、頻度が高すぎると余計に爪を弱くする原因に。薄い爪を強くする正しいセルフケア方法を身につけると、弱った爪の改善も期待できます。

<爪が薄い原因その5>物理的なダメージ

<爪が薄い原因その5>物理的なダメージ 出典:adobestock

爪が薄い原因には、日々の「物理的なダメージ」の蓄積もあります。代表的な日常の刺激は、水仕事によるダメージです。水仕事に使用する洗剤は指先の水分を奪い、爪の乾燥に繋がります。水仕事の前後に保湿ケアをする、刺激の少ない洗剤を選ぶ、ゴム手袋をつけるなどの対策をしましょう。

さらに、仕事やプライベートでパソコンを使う方は、爪でのタイピングも刺激になります。小さな刺激でも、毎日積み重なると爪を弱らせる原因になるのです。 

<薄い爪を強くする>セルフケア方法をご紹介

ネイルケアアイテムを上手に使って自爪を改善

ネイルケアアイテムを上手に使って自爪を改善 出典:adobestock

薄い爪の補強や改善には、ネイルサロンでプロにお手入れしてもらうのもおすすめです。ですが、ネイルサロンに毎回通うのは予算や時間の関係で難しい方も多いはず。

薄い爪を改善するために、自宅でできるセルフケア方法をマスターしましょう。基本のセルフケアは「エメリーボードを使う」「ネイルオイルやクリームで保湿する」などです。

<薄い爪を改善するセルフケア方法1>エメリーボードを使う

<薄い爪を改善するセルフケア方法1>エメリーボードを使う 出典:adobestock

爪が薄い方、弱い方は「爪切り」の使用を避けましょう。爪切りは、爪本来の構造を無視して強制的に切り離すツールです。爪が弱っているときに使用すると、2枚爪が起こる原因に。

薄い爪を改善したい方が使用すべきアイテムは「エメリーボード」です。ネイル用のやすりで、ネイルサロンでも長さ調整に使われます。爪切りより時間はかかりますが、爪への負担が減り、形も整えやすいおすすめアイテムです。

【基本】エメリーボードの使い方

  • 1.180グリッド(目の粗さのこと)程度のエメリーボードを選びましょう
  • 2.はじめに爪の端にエメリーボードを45°程度の角度で入れます
  • 3.エメリーボードは往復させず、一方通行に動かして削ります
  • 4.爪の先端を削るときは、エメリーボードを爪に対して90°の角度であてます
  • 5.爪の長さを整えたら、左右の角を削ってなめらかに整えます

<薄い爪を改善するセルフケア方法2>オイル・クリームの使い方

<薄い爪を改善するセルフケア方法2>オイル・クリームの使い方 出典:adobestock

ネイルオイルやネイルクリームは、薄い爪を保湿するために欠かせないアイテム。爪は皮膚と違って乾燥の自覚はしにくいですが、自爪改善のために保湿を習慣化しましょう。オイルやクリームの油膜が薄い爪を補強してくれるので、改善も早くなります。

【オイル・クリームの特徴】

オイル ・肌馴染みがよく、塗りやすい
・クリームよりベタつきにくい
クリーム ・皮膚の保護効果が高い
・オイルより保湿や保護の持続時間が長い

オイルやクリームを爪の細部まで丁寧に、しっかりと塗り込むと効果的です。爪の保湿ケアを毎日継続すると、弱った爪の改善が期待できます。

この記事を書いた人

RAXY Style 編集部

RAXY Style編集部がセレクトした旬のコスメやメイクのHow to情報をお届けします。いつもより輝けるキレイのヒントをお届けてしていきます★

ライター記事一覧

記事一覧へ戻る

share