Beauty Topics

囲み目メイクで今どき感を演出!大人っぽくなるカラーやテクニックをレクチャー

出典:adobestock

囲み目メイクで今どき感を演出!大人っぽくなるカラーやテクニックをレクチャー

最近人気を集めているのが「囲み目メイク」。自然に目元を強調しながら、おしゃれ感を纏えるのが魅力です。ですが、なかには「難しいテクニックが必要で難易度が高そう」と挑戦できずにいる方も多いのではないでしょうか?
そこで今回は、今どきのおしゃれな囲み目メイクに仕上げるコツや方法を詳しく解説します。基本の方法からなりたい印象別に仕上げる方法まで、さまざまなやり方をレクチャーしているので、初心者の方はもちろん上級者の方も参考にしてみてくださいね。

カテゴリ | アイメイク
How to トレンド

レディ系|今どき囲み目メイク方法

レディ系|今どき囲み目メイク方法 出典:adobestock

レディに仕上げたいときは、ピンクブラウンで血色感のある色っぽい目元に仕上げてみてください。ピンク系は腫れぼったく見えると苦手に感じる方もいますが、ブラウンを含んだカラーなら失敗が減らせます。

アイホールと下まぶたには淡めのカラーを、二重幅と下まぶたのきわには濃いカラーを塗り、横割りのグラデーションに仕上げてください。さらに、上まぶたの中央と下まぶたの目頭から1/3までの範囲にラメやパールを重ねると、より色っぽい目元に仕上がります。

アイラインはブラウンのペンシルでまつ毛の隙間を埋めるようにさり気なく引くか、抜け感を出すためにあえて引かずに仕上げてもOKです。

印象別!囲み目に合ったリップメイク方法

クール系囲み目メイクに合うリップ

クール系囲み目メイクに合うリップ 出典:adobestock

クールに仕上げた囲み目メイクには、ヌーディーなリップでかっこよさを底上げするのがおすすめ。ツヤツヤすぎず、マットすぎないちょうどよいツヤ感のセミマットな質感で、ナチュラルに仕上げるのがコツです。ヌーディーなリップがこなれ感を出し、大人っぽい唇に仕上げてくれます。

チークもリップと同じようにベージュ系のカラーで統一して目元を際立たせ、かっこよく仕上げましょう。

レディ系囲み目メイクに合うリップ

レディ系囲み目メイクに合うリップ 出典:adobestock

ピンクブラウンで仕上げたレディな囲み目メイクには、コーラルピンクやピンクベージュのリップがおすすめ。仕上がりの好みによって色味を使い分けるとよいでしょう。コーラルピンクはナチュラルな印象に、ピンクベージュは上品な印象に仕上げてくれます。

また、質感の違いでも仕上がりの雰囲気がガラッと変わるので、好みに合わせて選んでみてください。ピュアな印象に仕上げたい場合は発色がシアーでツヤっぽいリップ、大人っぽい印象に仕上げたい場合はほどよいツヤ感のあるセミマットリップが雰囲気にマッチしますよ。

パンダ目注意!囲み目メイクのお直し方法

スティックバームとコンシーラーでパンダ目を一掃

スティックバームとコンシーラーでパンダ目を一掃 出典:adobestock

囲み目メイクは上下まぶたにしっかりとアイシャドウをのせるぶん、崩れたときに目立ってしまうのが難点。そんなときは手軽なお直し方法を知っておくと、外出先でもすぐに対応できます。

お直しで重宝するアイテムがスティックバームとコンシーラー。この2点は必ずポーチに常備しておくと便利です。

メイク直しのやり方は、まず崩れた部分にスティックバームをなじませ1度オフします。オフできたらバームの油分をティッシュオフし、コンシーラーを塗りましょう。コンシーラーで肌を整えたら、囲み目メイクで使ったアイシャドウを塗って完了です。

アイシャドウはパールやラメアイシャドウで応急処置

アイシャドウはパールやラメアイシャドウで応急処置 出典:adobestock

「アイシャドウが落ちて目元がくすんで見える!」。そんなときはパールやラメシャドウをまぶたに塗って、ツヤ感をプラスしてみてください。ラメやパールのツヤが光を集め、くすみを払拭してくれます。また、くすむことでくぼんで見える目元にツヤが足され、立体感が復活しますよ。

パールやラメシャドウは、お直しに時間が取れないときの救世主として便利です。

古いなんて言わせない!今どき囲み目メイクで最先端のおしゃれを

囲み目メイクと聞くと、暗いカラーのアイシャドウとガッツリ引いたアイラインで目の周りを囲んだ一昔前のメイクをイメージする方が多いかもしれません。ですが、どんどんアップデートされ、ナチュラルでこなれ感を出すのが今どきの方法です。

コツはアイシャドウやアイラインの選び方や使い方を工夫すること。これをしっかり押さえられると、旬のおしゃれなメイクに仕上がりますよ。

ぜひ本記事を参考に詳しいやり方を習得して、今どきの囲み目メイクを楽しんでみてくださいね。

この記事を書いた人

shimmy

美容やコスメをこよなく愛する2児の母。好きなことを仕事にしたい!という思いから美容やコスメについて一から勉強し、コスメコンシェルジュの資格を取得。

ライター記事一覧

記事一覧へ戻る