Beauty Topics

憧れのうるさら美髪へ!自宅でできるヘアケア方法とおすすめのアイテムをチェック

出典:adobestock

憧れのうるさら美髪へ!自宅でできるヘアケア方法とおすすめのアイテムをチェック

風になびくような、さらっとしたツヤのある美髪に誰もが憧れますよね。ですが現実は、ヘアカラーやパーマ、ヘアアイロンなどのダメージが重なり、美髪から程遠い状況になっている方も少なくないはず。
そこで今回は、そんなダメージ毛に悩む、大人女子必見の自宅でできる簡単なセルフケア方法をレクチャーします。今人気のおすすめしたいヘアケアアイテムも、あわせてご紹介。基本的なお手入れを見直すだけで理想に近い綺麗な髪が手に入るので、気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。

カテゴリ | ヘアケア
How to

美髪を作る基本のお手入れ|ドライヤーのやり方

美髪を作る基本のお手入れ|ドライヤーのやり方 出典:adobestock

ドライヤーはやり方を間違えると、髪に大きなダメージを与えてしまう原因に。正しいドライヤーの使い方でダメージを最小限に抑えることが大切です。
 
ドライヤーのやり方

  • 1.1番乾きづらい根元から乾かす
  • 2.髪の中間から毛先を乾かす
  • 3.8割程度乾いたところで、冷風に切り替えて全体を乾かす

乾かすときは、髪をめくりながら内側もしっかり風が当たるようにしましょう。また、風を1ヶ所に集中して当て続けるのはダメージの原因になってしまうため、ドライヤーを小刻みに動かしながら髪全体をまんべんなく乾かすのがコツです。

自宅で簡単お手入れ!美髪を作るセルフケア|髪質別

軟毛の自宅でできるセルフケア方法

軟毛の自宅でできるセルフケア方法 出典:adobestock

髪が細く柔らかい手触りの軟毛さんは、根元にボリュームが出にくいのが特徴。そのため、仕上がりが重めのトリートメントでケアしてしまうと、髪の毛がペタッとなってしまいます。軟毛さんは、できるだけ軽い使用感のヘアケア剤で適度にしっとりさせるのがポイントです。アウトバストリートメントを使う際も、軽やかに仕上がるミルクタイプがおすすめ。

また、髪を乾かすときは頭頂部の上から風を当てるとボリュームが出にくいので、根元の下から風を当てて乾かすようにしましょう。

剛毛の自宅でできるセルフケア方法

剛毛の自宅でできるセルフケア方法 出典:adobestock

髪が太くしっかりした手触りの剛毛さんは、乾燥するとゴワついて扱いにくくなるのが特徴。髪の毛を乾かす前のアウトバストリートメントは、必須なアイテムです。できればオイルタイプトリートメントで水分を逃さないように表面をコーティングし、絡まりにくいようにしておきましょう。

乾かすときは、まんべんなく風が当たるようにドライヤーを細かく動かし、温風と冷風をこまめに切り替えて熱によるダメージを最小限に抑えるように工夫するのがポイントです。

くせ毛の自宅でできるセルフケア方法

くせ毛の自宅でできるセルフケア方法 出典:adobestock

くせ毛さんは髪が濡れたまましばらく放置してしまうと、傷みやすくなるだけではなく、うねりも強くなってしまいます。お風呂から上がったら、できるだけすぐに髪の毛を乾かすように心がけましょう。

ドライヤーの前は乾燥しすぎるのを防ぐため、アウトバストリートメントが必要です。乾かすときは手ぐしで髪の毛をまっすぐ伸ばしながら風を当てると、うねりが収まりやすくなります。

直毛の自宅でできるセルフケア方法

直毛の自宅でできるセルフケア方法 出典:adobestock

髪の毛にうねりがなく、1本1本がまっすぐな直毛さんは軟毛さんと同様、ボリュームが出にくいのが特徴。そのため、油分を与えすぎないケアを心がけることが重要です。アウトバストリートメントはしっとり仕上がるオイルタイプではなく、サラッと仕上がるミルクタイプのアイテムを選びましょう。

ヘアスタイルにふんわり感がなく、ストンッとなりがちな直毛さんですが、乾かすときにドライヤーの風を根元から立ち上げるように当てると、エアリーに仕上がります。

ワンランク上のセルフケアが楽しめる!美髪を作る人気アイテム

パリ発!人気ブランドの贅沢なアウトバストリートメント

パリ発!人気ブランドの贅沢なアウトバストリートメント 出典:RAXY撮影画像

【KÉRASTASE  ユイル クロノロジスト R】
ダメージのある髪に水分と油分をバランスよく与え、なめらかな手触りに導くアウトバストリートメント。厳選成分と先進技術をかけ合わせたハイブリッドな処方になっており、ヘアケア愛好家のなかでも人気を集めています。

また、本アイテムは香りがよいのも人気の理由。上品なフローラルシプレーの香りは、落ち着きを求める大人の女性にも好評です。 

6,930円(税込) 編集部調べ

「とろみのあるテクスチャーにも感動だし、めちゃくちゃいい香りだし、髪も柔らかくトゥルンとなるのでトリプルで気に入っています。(30代女性)」

この記事を書いた人

shimmy

美容やコスメをこよなく愛する2児の母。好きなことを仕事にしたい!という思いから美容やコスメについて一から勉強し、コスメコンシェルジュの資格を取得。

ライター記事一覧

記事一覧へ戻る