Beauty Topics

【まぶたのタイプ別】目尻だけアイラインの引き方!おしゃれな雰囲気満点の目元に

出典:adobestock

【まぶたのタイプ別】目尻だけアイラインの引き方!おしゃれな雰囲気満点の目元に

今トレンドの、目尻だけにアイラインを引いたメイク方法。ほどよい抜け感が出せて、今っぽいと多くの女性たちが実践しています。ですが、なかには「すっぴんに見えそうで不安」と挑戦できない方がいるのも事実。
そこで今回は、目尻だけアイラインメイクの魅力や描き方の方法などをわかりやすく解説します。目の形別やなりたい印象別の描き方のコツも詳しくレクチャーしていますので、この機会にチャレンジしてみてください。

カテゴリ | アイメイク
How to 基本編 アイライナー
INDEX

目尻だけアイラインメイクの魅力とは?

目元に抜け感が出せ、旬顔になれる目尻だけアイラインメイクは、まぶたのタイプに合わせて描き方を変えると魅力的に仕上がります。「一重さんは上下まぶたの目尻に三角形に引く」「奥二重さんは長めに引く」「二重さんは黒目の中央から引く」これらを意識して目尻だけアイラインを引いてみてくださいね。

抜け感が出て今どきに仕上がる

抜け感が出て今どきに仕上がる 出典:adobestock

目尻だけアイラインを引いたアイメイクは、抜け感が出るのが特徴。今どきのナチュラルなメイクに仕上がります。また、一重さんや奥二重さんのように目頭からガッツリ引いてもまぶたで隠れてしまう方でも、目尻部分なら見えるので目の形に関係なく取り入れられるのが魅力です。

なかには「アイラインをしっかり引かないと目元が小さく見えそう」と心配になる方もいるかもしれませんが、目尻だけのアイラインでも十分目力は得られますよ。

メイク初心者の方にもおすすめ

メイク初心者の方にもおすすめ 出典:adobestock

メイク初心者の方でも簡単にできるのが、目尻だけアイラインメイクのよいところ。意外とアイラインは難易度が高く、苦手に感じている方も多い部分です。ですが、目尻にラインを引くだけでよいので、苦手な方も簡単に仕上げられます。

さらに、目頭から丁寧に引く手間が省けるので、メイクが時短になるのもうれしいポイントです。

崩れてもパンダ目になりにくくお直ししやすい

崩れてもパンダ目になりにくくお直ししやすい 出典:adobestock

目尻だけアイラインメイクは、アイメイクが崩れてもパンダ目になりにくいのが魅力。そもそもアイラインを目尻にしか引かないので、アイメイクが劇的に崩れにくくなります。

また、逆に落としたいときもすぐにオフできるので、クレンジングの目元への負担を少しでも抑えられるのも、目尻だけアイラインメイクのうれしいポイントです。

大人女子が目尻だけアイラインメイクを取り入れるときのポイント

ポイント1|なりたい仕上がりでアイテムのタイプを使い分ける

ポイント1|なりたい仕上がりでアイテムのタイプを使い分ける 出典:adobestock

アイラインメイクで使うアイライナーは、さまざまな種類があります。ナチュラルに仕上がるものやはっきりしたラインが描けるもの、落ちにくいものなどアイテムによって仕上がりの雰囲気が大きく変わるので、なりたい仕上がりに合わせて使い分けましょう。

それでは、アイテムごとの特徴やメリットなどを詳しく解説します。

ナチュラルに仕上がるペンシル

ナチュラルに仕上がるペンシル 出典:adobestock

ペンシルアイライナーは、削りながら使う鉛筆型のタイプと繰り出して使うタイプの2種類あります。やわらかいラインが描けるので、ナチュラルでやさしい目元に仕上がるのが特徴です。

また、ペンシルタイプはラインが引きやすく、失敗しても「ぼかしやすい」という特徴もあります。そのため、初心者の方にも使いやすいのが魅力です。ですが、一方で「落ちやすい」というデメリットもあります。長時間のメイクや汗をたくさんかく時期のメイクには少し不向きかもしれません。

アクセントになるリキッド

アクセントになるリキッド 出典:adobestock

リキッドアイライナーは、ペンシルが筆タイプになっているものが主流。そのため、細いラインも描きやすいのが特徴です。また、ペンシルよりもはっきりとしたラインが描けるため、目元を強調させたいときや目尻にアクセントをつけたいときによいでしょう。

リキッドタイプはペンシシルタイプのようにぼかしにくいのが特徴。失敗すると修正しにくく、慣れるまで扱いが難しいと感じる方もいるかもしれません。

落ちにくいジェル

落ちにくいジェル 出典:adobestock

ジェルアイライナーは、ジャータイプのものと繰り出しタイプのものがあります。テクスチャーがやわらかく、なめらかにラインを引けるのが特徴。リキッドのようにはっきりしたラインが引け、ペンシルタイプのように描いた線をぼかすことも可能です。

ジェルタイプは、乾くと皮脂や汗でにじみにくい特徴もあります。そのため、長時間メイク直しができないときにもおすすめです。

この記事を書いた人

shimmy

美容やコスメをこよなく愛する2児の母。好きなことを仕事にしたい!という思いから美容やコスメについて一から勉強し、コスメコンシェルジュの資格を取得。

ライター記事一覧

記事一覧へ戻る