Beauty Topics

「骨格診断がわからない…」そんな初心者さん必見!基本のチェックリストとポイント2つ

出典:adobestock

「骨格診断がわからない…」そんな初心者さん必見!基本のチェックリストとポイント2つ

自分の身体の特徴に合ったファッションが導き出せる骨格タイプ診断。「気になっているけど、イマイチよくわからない…」と思っている方も多いのではないでしょうか。
今回は、今話題の骨格診断について徹底深堀!顔タイプ診断やパーソナルカラー診断との違いや骨格タイプの活かし方、セルフでできる診断方法まで詳しく解説します。少しでも興味のある方は、ぜひ本記事を参考に骨格診断について詳しくなりましょう!

カテゴリ | ボディケア
How to タイプ別 骨格系
INDEX

骨格診断とは?どんなことに役立つの?

今骨格診断に注目が集まっている!

今骨格診断に注目が集まっている! 出典:adobestock

今話題の骨格診断ですが、最近は顔タイプ診断やパーソナルカラー診断など、自分の特徴を分析できる診断がいろいろありますよね。なかには、それぞれの違いがイマイチわからないと感じている方も多いのではないでしょうか。それぞれの違いを簡単に説明すると以下のとおりです。 

【骨格診断・顔タイプ診断・パーソナルカラー診断の違い】 

診断方法 特徴
骨格診断 その人の骨格から身体の特徴に合ったファッションがわかる
顔タイプ診断 その人の顔の輪郭やパーツの特徴から似合うファッションのテイストがわかる
パーソナルカラー診断 その人の肌、瞳、髪の色などから似合う色味の傾向がわかる

骨格診断や顔タイプ診断は、似合うファッションの傾向を分析できるのに対し、パーソナルカラーは似合う色味が分析できます。また、骨格診断は身体の特徴から似合うファッションの傾向を分析できるのに対し、顔タイプ診断は輪郭やパーツの形状など、顔の特徴から似合うファッションの傾向が分析できるのが異なる点です。

3つの診断をかけ合わせながら役立てることで、より自分の魅力を引き出しやすいファッションやメイクが楽しめます。 

骨格診断は生まれ持った体の特徴から3タイプに分類したもの

骨格診断は生まれ持った体の特徴から3タイプに分類したもの 出典:adobestock

先ほども説明しましたが、骨格診断は生まれ持った身体の特徴から自分の似合うファッションを導き出す方法。具体的には、ボディラインの特徴や身体の質感でストレート・ウェーブ・ナチュラルから近いタイプに分類します。

骨格診断で自分のタイプがわかると、体型を美しく見せるスタイルの傾向や似合う洋服の素材や形が導き出せるため、より自分に似合うファッションを楽しめるようになるのです。 

【骨格診断】ストレート・ウェーブ・ナチュラルの基本の特徴

骨格ストレートタイプ

骨格ストレートタイプ 出典:adobestock

骨格ストレートは、肉感的でメリハリのあるボディラインが特徴。筋肉が付きやすく、肌がパンッと張ったようにハリがあります。バスト・ヒップにボリュームがあり、ウエストがキュッと締まっている方が多いので、スタイルがよく痩せ型の方でもあまり華奢な印象を持ちません。

芸能人では、藤原紀香さんや長澤まさみさん、橋本環奈さんなどがストレートタイプに当てはまります。 

骨格ウェーブ

骨格ウェーブ 出典:adobestock

骨格ウェーブタイプは、脂肪がほどよく付いたやわらかさのある女性らしいボディラインが特徴。骨が細く胸板が薄いので、上半身は華奢な印象を与えます。一方で、腰やお尻周りに脂肪が付きやすいため上半身との差が目立ち、下半身太りを気にする方が多いようです。

芸能人では、中条あやみさんや池田エライザさん、藤田ニコルさんなどがウェーブタイプに当てはまります。 

骨格ナチュラル

骨格ナチュラル 出典:adobestock

骨格ナチュラルは関節が大きく骨感が目立つので、骨格がしっかりしているように見えるのが特徴。手足が長く筋肉も脂肪も付きにくいため、モデル体型のようなスタイリッシュさがあります。もともと脂肪が付きにくい体質ではありますが、太ると全体的にボリュームが出てがっしりとした印象を与えるタイプです。

芸能人では、天海祐希さんや中村アンさん、綾瀬はるかさんなどがナチュラルタイプに当てはまります。 

あなたはどのタイプ?自分の骨格がわからない方の自己診断方法

自分の骨格タイプがわからない方はセルフチェックで診断が可能

自分の骨格タイプがわからない方はセルフチェックで診断が可能 出典:adobestock

骨格タイプは、専門サロンでプロに診断してもらう方法もありますが、ポイントさえ押さえれば自分でも簡単にチェックができます。

骨格タイプを知り、自分に似合うファッションを理解することで、垢抜けて見えたりスタイルがよく見えたりと、うれしいメリットがたくさん。今よりもっとおしゃれにファッションを楽しみたい方やスタイルよく洋服を着こなしたい方は、まずはセルフチェックで自分の骨格タイプを診断してみるのもおすすめです。

骨格診断をおこなうときのポイントは2つ

骨格診断をおこなうときのポイントは2つ 出典:adobestock

骨格タイプ診断は、体型では判断しません。そのため、背が伸びたり体重が増えたりしても、基本タイプが変わらないのが特徴です。 

骨格タイプを診断する際にチェックする際は 

  • ・重心(上半身と下半身のどちらに重心が偏っているか)
  • ・身体の質感(「ハリがある」「やわらかさがある」などの見た目の質感)

の2つのポイントを主に確認します。 

【セルフ骨格診断】基本3タイプのチェックリスト

【セルフ骨格診断】基本3タイプのチェックリスト 出典:adobestock

それでは、実際にセルフでできる骨格タイプ診断で、自分のタイプをチェックしてみましょう。項目ごとに1・2・3の中から当てはまるものを1つ選び、どの数字が多いかを確認してみてください。

【体全体の印象】 

  • 1.ヒップやバストが大きめで全体的に厚みがある
  • 2.上半身よりも下半身に肉が付きやすく、曲線的なボディライン
  • 3.骨や筋が目立ち、全体的に肉感があまりない

【首から肩にかけての印象】 

  • 1.首が短く、肩まわりにボリュームがある
  • 2.首が長めで細く、肩まわりが華奢
  • 3.首が長く、鎖骨が目立つ

【バストトップの位置】 

  • 1.バストトップの位置が高め
  • 2.バストトップの位置が低め
  • 3.バストトップの位置は普通、肩のラインや骨が目立つ

【腰からお尻にかけてのライン】 

  • 1.腰やお尻の位置が高く、立体的
  • 2.腰やお尻の位置が低く、平面的
  • 3.腰の位置が高く、お尻は平面的で縦に長い

【足の印象】 

  • 1.太ももは太めで膝から下は細い
  • 2.太ももよりも膝下の太さが目立つ
  • 3.膝の皿が目立ち、すねの骨や筋が太い

この記事を書いた人

shimmy

美容やコスメをこよなく愛する2児の母。好きなことを仕事にしたい!という思いから美容やコスメについて一から勉強し、コスメコンシェルジュの資格を取得。

ライター記事一覧

記事一覧へ戻る