Beauty Topics

一重さんのためのアイメイク術!押さえておきたい3のポイントとパーツ別テクニック

出典:ライター撮影画像

一重さんのためのアイメイク術!押さえておきたい3のポイントとパーツ別テクニック

お化粧をしても“まるですっぴん”に見えてしまう一重さん。
そこで今回は、ナチュラルだけどデカ目に見せる一重のメイク術を解説!
一重の魅力を生かすアイシャドウ・アイラインなどのメイクアイテムの使い方、重いまぶたを立体的に見せるコツ、一重さんのコスメの選び方や相性のいい韓国メイクまで詳しくご紹介します。
この記事を参考に、あなたの目の形にあったメイクを研究してみてくださいね!

カテゴリ | アイメイク
How to パーツ別 一重
INDEX

一重さんためのアイメイク術!押さえておきたい3つのポイント

ポイント(1)目を開けたとき、見える部分に色を塗る

ポイント(1)目を開けたとき、見える部分に色を塗る 出典:adobestock

アイシャドウもアイラインも塗ったのに、目を開けたらまるですっぴん…というのは一重あるある。

これを解消するために“目を開けたときに見える部分”を意識しましょう。

アイシャドウは目を開けたまま塗る、アイラインは目尻にしっかり、など目を開けても見える部分に色をのせるのが、デカ目を作るコツです。

ポイント(2)濃く描いて盛る!はNG

ポイント(2)濃く描いて盛る!はNG 出典:adobestock

一重さんがやりがちな太すぎるアイラインやスモーキーメイク、囲みシャドウなどのメイクの範囲が広くて濃いメイクは、逆に目を小さく見せる原因になります。

目そのものよりもメイクの存在感が目立ち古臭い印象を作るので、アイメイクは濃くならないように気をつけましょう。

メイクは、コツを掴んで数をこなすことで上手になるもの!あなたにぴったりの濃さを見つけて。

ポイント(3)目の形にあわせてプラスαアイテムを活用

ポイント(3)目の形にあわせてプラスαアイテムを活用 出典:adobestock

目を大きく見せたいときは、ビューラー、カラコン、二重を作るアイプチなどのプラスαのアイテムを活用するのがおすすめ。

まつげのカールやカラコンの大きさ、二重の幅は、その人が持っている目の大きさによって異なります。

これからご紹介するメイクのコツを参考にして、あなたの目に似合うメイクを研究してみてくださいね。

美への目覚め\韓国美容/旬の韓国コスメの情報を集めました!

一重さんのためのアイメイク術【アイシャドウの使い方】

グラデーションでのっぺりまぶたに立体感をプラス

グラデーションでのっぺりまぶたに立体感をプラス 出典:ライター撮影画像

のっぺりとした印象になりがちの一重まぶたには、グラデーションで立体感をプラスしましょう。

ベースカラー、中間色、締め色の三色が入ったアイシャドウパレットが、グラデーションを作りやすいためおすすめです。

まずは、ベースカラーをアイホールの約半分の範囲にオン。

ただし、アイホールに塗るとのっぺり感が気になる方は、塗らなくてもOKです。

上まぶたは目を開けたまま塗る!

上まぶたは目を開けたまま塗る! 出典:ライター撮影画像

一重さんの場合、上まぶたのメイクは目を開けると隠れてしまいがちです。

一重メイクの基本は、目を開けたときメイクが見えることなので上まぶたにメイクするときは目を開けたまま行いましょう。

また、目頭は中間色、目尻は締め色、と左右で陰影を作ることでメリハリのある引き締まった目元を作ることができます。

コンシーラーでくまを隠す場合は、目のキワまで塗らないのがデカ目を作るポイント。

涙袋がある部分は、少し影があるほうが目が大きく見えますよ。

単色シャドウはスタンプ塗りでグラデーションを作る!

単色シャドウはスタンプ塗りでグラデーションを作る! 出典:adobestock

「単色シャドウではグラデーションで立体感を出すのは難しそう…」そんな事はありません。

単色シャドウは、目のキワ・目尻は濃いめに、上に向かって薄くなるようグラデーションを作ると立体感のある仕上がりになります。

指先にシャドウをとったら、キワからまぶた全体へスタンプのようにポンポンとまぶたをやさしく叩いて色をのせましょう。たったこれだけでOK!

単色シャドウは、どんな色にもチャレンジしやすいというのも魅力の一つです。

この記事を書いた人

RAXY Style 編集部

RAXY Style編集部がセレクトした旬のコスメやメイクのHow to情報をお届けします。いつもより輝けるキレイのヒントをお届けてしていきます★

ライター記事一覧

記事一覧へ戻る

share