Beauty Topics

一重さんのためのアイメイク術!押さえておきたい3のポイントとパーツ別テクニック

出典:ライター撮影画像

一重さんのためのアイメイク術!押さえておきたい3のポイントとパーツ別テクニック

お化粧をしても“まるですっぴん”に見えてしまう一重さん。
そこで今回は、ナチュラルだけどデカ目に見せる一重のメイク術を解説!
一重の魅力を生かすアイシャドウ・アイラインなどのメイクアイテムの使い方、重いまぶたを立体的に見せるコツ、一重さんのコスメの選び方や相性のいい韓国メイクまで詳しくご紹介します。
この記事を参考に、あなたの目の形にあったメイクを研究してみてくださいね!

カテゴリ | アイメイク
How to パーツ別 一重

単色シャドウはスタンプ塗りでグラデーションを作る!

単色シャドウはスタンプ塗りでグラデーションを作る! 出典:adobestock

「単色シャドウではグラデーションで立体感を出すのは難しそう…」そんな事はありません。

単色シャドウは、目のキワ・目尻は濃いめに、上に向かって薄くなるようグラデーションを作ると立体感のある仕上がりになります。

指先にシャドウをとったら、キワからまぶた全体へスタンプのようにポンポンとまぶたをやさしく叩いて色をのせましょう。たったこれだけでOK!

単色シャドウは、どんな色にもチャレンジしやすいというのも魅力の一つです。

一重さんのためのアイメイク術【アイラインの引き方】

アイラインは目尻に4〜10mmはみ出して描く

アイラインは目尻に4〜10mmはみ出して描く 出典:ライター撮影画像

上まぶたにアイラインを引いても、目を開けると隠れて見えなくなってしまうため、目を開けていても消えない目尻にラインを引きましょう。

アイラインは目尻から4〜10mmほど、長めにラインを描くことがポイント。

描いたあとは、綿棒や指で軽くぼかすとナチュラルな印象に。手がブレる方は、机に肘を置くと安定しますよ。

さらに目力を強調したいときは“まつげの間”を埋める

さらに目力を強調したいときは“まつげの間”を埋める 出典:ライター撮影画像

まぶたが隠れてしまう一重さんは、まぶたのキワではなく“まつげとまつげの間”にラインを描くことで、目元に奥行きを出すことができます。

まぶたを指で上に持ち上げ、アイライナーを目に向かって縦向きに持ち、まつげとまつげの間の隙間を埋めるように筆を動かしましょう。

まつげが生えているところには描かなくてOK。点線を描くイメージです。

一重さんのためのアイメイク術【マスカラの使い方】

ビューラーでまつげをしっかりカール

ビューラーでまつげをしっかりカール 出典:adobestock

まぶたの重みでまつげが下がりやすい一重さん。マスカラを使うときは、その前の仕込みが大切です。

まずは、ビューラーでしっかりカールを作ります。なるべく根元に近い毛から、2〜4回まつげを挟んで毛の向きを引き上げましょう。

ビューラーを使うときは、まぶたを挟まないように注意!指でまぶたを引き上げると、根元の毛を挟みやすくなります。

この記事を書いた人

RAXY Style 編集部

RAXY Style編集部がセレクトした旬のコスメやメイクのHow to情報をお届けします。いつもより輝けるキレイのヒントをお届けてしていきます★

ライター記事一覧

記事一覧へ戻る

share