Beauty Topics

一重さんのためのアイメイク術!押さえておきたい3のポイントとパーツ別テクニック

出典:ライター撮影画像

一重さんのためのアイメイク術!押さえておきたい3のポイントとパーツ別テクニック

お化粧をしても“まるですっぴん”に見えてしまう一重さん。
そこで今回は、ナチュラルだけどデカ目に見せる一重のメイク術を解説!
一重の魅力を生かすアイシャドウ・アイラインなどのメイクアイテムの使い方、重いまぶたを立体的に見せるコツ、一重さんのコスメの選び方や相性のいい韓国メイクまで詳しくご紹介します。
この記事を参考に、あなたの目の形にあったメイクを研究してみてくださいね!

カテゴリ | アイメイク
How to パーツ別 一重

一重さんのためのアイメイク術【アイブロウの使い方】

下処理&パウダーでやさしい雰囲気の眉毛を作る

下処理&パウダーでやさしい雰囲気の眉毛を作る 出典:adobestock

顔の第二の輪郭と呼ばれる眉毛。やさしい印象のふんわり眉毛を作ることで、一重のキツさを和らげる効果があります。

太くて濃い眉毛は強い印象を作り一重のキツさを際立たせるため、眉毛が太めの方は細めに整える目元が際立ちます。

このとき重要なのは、眉毛の上は剃らないこと。必ず下から細くしましょう。

また、ペンシルではなくパウダーを使うことで、ふんわりした印象を作ることができます。

目を大きく見せたいなら眉毛を目に近づける!

目を大きく見せたいなら眉毛を目に近づける! 出典:adobestock

目の小ささが気になる方は、眉毛と目の距離を近づけることで彫りの深い印象を作ることができます。

ペンシルやパウダーで、眉毛の下のラインを足し距離を近づけましょう。アイブロウペンシルで眉毛を描いたあと、パウダーでぼかすと自然な仕上がりに。

また、このテクニックを使うときはアイシャドウの前に行うのがおすすめ!アイシャドウが濃くなりすぎない効果があります。

一重さんのためのアイメイク術【涙袋の作り方】

涙袋の作り方(1)涙袋の影を描く

涙袋の作り方(1)涙袋の影を描く 出典:ライター撮影画像

ぷっくり存在感のある涙袋は、目の縦幅を長くすることで目元を大きく見せる効果があります。

涙袋がない人でも「影」と「ふくらみ」を作ることでふっくらした涙袋が作れますよ。
まずは、笑ったときにできる涙袋の影を描きます。

影を描くアイテムは涙袋専用のアイライナーの他に、薄いブラウンのアイシャドウやアイブロウで代用ができます。

細めの筆で影に沿って線を描いた後、指で軽くぼかしましょう。

涙袋の作り方(2)ラメで涙袋のぷっくり感を演出

涙袋の作り方(2)ラメで涙袋のぷっくり感を演出 出典:ライター撮影画像

涙袋の一番膨らんでできるところに、ラメアイシャドウをのせます。

使うシャドウの色は、膨張色である白やピンク、ベージュなどがおすすめ。

ラメが大きいシャドウを使うと、韓国風のかわいらしい印象になります。

大人っぽく見せたいときは、ラメが細かいシャドウを使うか、ラメシャドウの上から白いマットシャドウをのせるとふっくら感はそのままにナチュラルに仕上がりますよ。

この記事を書いた人

RAXY Style 編集部

RAXY Style編集部がセレクトした旬のコスメやメイクのHow to情報をお届けします。いつもより輝けるキレイのヒントをお届けてしていきます★

ライター記事一覧

記事一覧へ戻る

share