Beauty Topics

【顔の形別】チークの入れ方を解説!基本・おすすめの塗り方も合わせてチェック!

出典:adobestock

【顔の形別】チークの入れ方を解説!基本・おすすめの塗り方も合わせてチェック!

顔の形別に、垢抜けられるチークの使い方をご紹介します。
顔の形にコンプレックスがある、顔の形となりたい印象に差があるなど悩みは千差万別。
チークの入れ方を少し工夫するだけで仕上がりの印象はまったく違ってきます。
なりたいイメージになれるおすすめのチークの入れ方を画像付きで解説するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

カテゴリ | ベースメイク
How to 基本編 タイプ別 チーク

逆三角形顔におすすめのチークの入れ方

逆三角形顔の方におすすめの入れ方をご紹介します。

シャープなイメージの逆三角形顔は、ふんわりチークの効果で柔らかい雰囲気を演出しましょう。

逆三角形顔にありがちな頬骨の悩みも解消できますよ。

逆三角形顔の特徴は?シャープで知的なイメージ

逆三角形顔の特徴は?シャープで知的なイメージ 出典:adobestock

逆三角形顔というと、シャープで知的なイメージが思い浮かびますよね。おでこの横幅が広く、顎のラインがほっそりとしているのが特徴です。

顔全体のバランスが取れていて、繊細で上品なメイクやファッションが似合う逆三角形顔。よくある悩みには、頬骨が前に出ていることやキツい印象を持たれることなどがあります。

逆三角形顔さんは参考にしてみてくださいね。

逆三角形顔は丸くふんわりが基本の入れ方

逆三角形顔は丸くふんわりが基本の入れ方 出典:ライター撮影画像

逆三角形顔の方は、シャープさが際立つあまりキツいイメージを持たれてしまうことに悩んでいる場合も多いでしょう。

そんな逆三角形顔さんは、ふんわりと丸くチークを入れるのが基本の入れ方です。パウダータイプを大きめのブラシでふんわり乗せてあげると、やさしげな印象をプラスできますよ。

クールにしたい逆三角形顔さんは「ハの字」がおすすめ

クールにしたい逆三角形顔さんは「ハの字」がおすすめ 出典:ライター撮影画像

逆三角形顔さんは、元のシャープな印象を活かしたクール系メイクが得意。

クールな印象を目指したい逆三角形顔さんにおすすめなのが、「ハの字」に入れる方法です。
 
【ハの字チークの入れ方】

  • 1.チークを黒目から目尻まで真横に入れる
  • 2.目尻の下から耳たぶの方まで、まっすぐに入れて完成!

カタカナの「ハ」の字を作るイメージでやってみてくださいね。

キツさを与えず、クールで賢そうな印象をプラスできるおすすめの入れ方です!

強く発色させすぎず、ナチュラルにまとめるのが知的美人を作るポイントですよ。

可愛くしたい逆三角形顔さんは内側に入れるのがおすすめ

可愛くしたい逆三角形顔さんは内側に入れるのがおすすめ 出典:ライター撮影画像

可愛い印象を作りたい逆三角形顔さんは、頬の内側にふんわり乗せてみてください。基本の入れ方とも似ていますが、内側を意識して入れるのが可愛さを引き立てるポイントですよ!

自然な血色感があると可愛く見えやすいので、リキッドタイプやクリームタイプを使ってみるのもおすすめ。

目元や唇など他の部分も可愛い系メイクでまとめて、バランスが取れるよう工夫してみてくださいね。

ベース顔におすすめのチークの入れ方

ベース顔におすすめの入れ方をご紹介します。

メイクのお悩みが多いベース顔ですが、チークの効果でエレガンスにも可愛くもなれちゃいますよ!

ベース顔さんは要チェックです。

ベース顔の特徴は?元気でいきいきしたイメージ

ベース顔の特徴は?元気でいきいきしたイメージ 出典:adobestock

ベース顔は「エラ張り顔」ともいわれ、顎周りががっしりしていて強そうなイメージの顔型です。ハキハキと元気な印象で親しみやすいのですが、「男っぽい」「顔が大きく見える」ということで悩んでいる方も多いですよね。

そんなベース顔さんのお悩み解消には、チークをエラにも使うのがコツ。

顔の輪郭悩みをカバーする方法をご紹介します。

ベース顔はエラにもチークが基本の入れ方

ベース顔はエラにもチークが基本の入れ方 出典:ライター撮影画像

エラが目立ってお悩みのベース顔さんは、頬とエラにそれぞれチークを入れてみて。

エラにチークを入れるとシャドウと同じ役割をしてくれて、輪郭にメリハリがつき小顔にも見えるんです。

頬は、頬骨からこめかみまで楕円形を描くように入れていきます。その後、残ったチークをエラの外側にもサッと乗せてみましょう。

顔に濃淡がつくことでエラが目立ちにくくなるので、ぜひ試してみてください。

クールにしたいベース顔さんは斜め入れがおすすめ

クールにしたいベース顔さんは斜め入れがおすすめ 出典:ライター撮影画像

ベース顔さんがクールな印象になるには、高い位置でななめにチークを入れてみましょう。頬骨の高いところからこめかみにかけてがおすすめですよ。

高い位置に入れることで、クールでセクシーな雰囲気に。

残ったチークでエラにも一掃け入れると、顔がシュッと引き締まります。

ベース顔さんがクール系メイクをすると、エレガンスな雰囲気になってとても素敵です。ぜひ挑戦してみてくださいね。

可愛くしたいベース顔さんは2回入れがおすすめ

可愛くしたいベース顔さんは2回入れがおすすめ 出典:ライター撮影画像

男っぽくなりがちなベース顔さんは、チークの範囲を大きめにすると女性らしくキュートな印象に。

可愛い印象を作りたいベース顔さんは、目の下に三角形を作るイメージで2回入れてみてください。

まずこめかみから黒目にかけてななめに入れます。次に耳の脇から黒目に向かってもう一度入れましょう。

1回目と2回目で三角形を作るイメージでやると、やりやすいですよ。

顔の形に合ったチークの入れ方で垢抜けよう

顔の形別におすすめのチークの入れ方をご紹介してきました。自分の顔の形に合ったおすすめメイクは見つかりましたか?
チークの位置を工夫するだけで、顔のタイプを活かして魅力的なメイクが作れます。

「自分が目指したいおしゃれメイクにならない…」とお悩みの方は、ぜひ一度チークの入れ方を見直してみてくださいね!

この記事を書いた人

RAXY Style 編集部

RAXY Style編集部がセレクトした旬のコスメやメイクのHow to情報をお届けします。いつもより輝けるキレイのヒントをお届けてしていきます★

ライター記事一覧

記事一覧へ戻る

share