Beauty Topics

大人のナチュラルメイクに合うアイシャドウとは?色の選び方や詳しい塗り方などを解説

出典:adobestock

大人のナチュラルメイクに合うアイシャドウとは?色の選び方や詳しい塗り方などを解説

薄めの色使いと素肌の質感を活かした自然な雰囲気で人気の「ナチュラルメイク」。簡単にも見えますが、意外と色選びやアイシャドウの塗り方でお悩みの人も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、大人のナチュラルメイクにふさわしいアイシャドウと自分に似合う色の選び方を徹底レクチャー。単色・グラデーション別のアイシャドウの塗り方や、ナチュラルメイクにおすすめのアイテムについても解説していきます

カテゴリ | アイメイク
How to アイシャドウ

ナチュラルメイクにふさわしいアイシャドウの選び方

肌色に合わせた選び方

魅力的なナチュラルメイクをするには、自分の肌色に合う色をセレクトすることが重要です。

ここでは、それぞれの肌タイプの特徴と色の選び方のポイントを解説します。

イエベ肌タイプの特徴と似合う色

イエベ肌タイプの特徴と似合う色 出典:adobestock

イエベ肌タイプは、黄色みを帯びた明るい肌とブラウン系の髪や瞳の色を持ち合わせています。華やかで優しげな雰囲気の人が多いのも特徴です。

そんなイエベ肌タイプの人には、肌と同じように黄色みがかった色合いや暖色系のカラーがおすすめ。ベージュやブラウン、オレンジであれば、それほど選び方を気にしなくてもほとんどのアイシャドウがよく似合います。

ピンクカラーも、オレンジ寄りの暖かみのある色合いのものを選べばOKです。

ブルベ肌タイプの特徴と似合う色

ブルベ肌タイプの特徴と似合う色 出典:adobestock

ブルベ肌タイプは、青みのある透明感たっぷりの色白肌と、柔らかな黒色をした髪や瞳が特徴。涼しげで知的な印象を持つ人が多く見られます。

ブルベ肌タイプには、青みを帯びた色合いや寒色系のくすみカラーなどがぴったりです。ベージュやブラウン系の色を選ぶ際は、グレーベージュやココアブラウンなど青みやくすみを含んでいるかをチェックしてみましょう。

オレンジやピンクについても、彩度が低めのカラーがおすすめです。選び方のコツをつかんでくださいね。

アイシャドウの質感による選び方

ナチュラルメイクをより楽しむためには、アイメイクの仕上がりを考えた選び方も大切です。

それぞれのアイシャドウの特徴と、仕上がりの違いについてご紹介します。

マットタイプ

マットタイプ 出典:adobestock

マットタイプのアイシャドウは、輝きを与えるパールやラメが含まれておらず、派手になりすぎないことが特徴です。なめらかにくっきりと色づくタイプが多く、単色使いでもアイシャドウの色味をキレイに見せられます。

パール・ラメタイプのアイシャドウに比べてシンプルに仕上がるため、オンオフ問わず幅広く使えますよ。落ち着いた雰囲気に仕上げたい人や、色そのものの美しさを活かしたナチュラルメイクをしたい人にうってつけです。

美への目覚め\韓国美容/旬の韓国コスメの情報を集めました!

パール・ラメタイプ

パール・ラメタイプ 出典:adobestock

パール・ラメタイプのアイシャドウはその名前のとおり、微細なパールやラメが配合されています。サッと軽く塗るだけで、まぶたに輝きとツヤ感をプラスできますよ。重ねづけをすれば、簡単に立体感と奥行きのある自然なグラデーションを作れます。

マットタイプと比べて、単色使いであっても華やかな印象に仕上げられることが特徴。より大人っぽく、上品で洗練されたナチュラルメイクを楽しみたい人におすすめのタイプです。

ナチュラルメイクのアイシャドウの塗り方<単色編>

パール入りのベージュアイシャドウでシンプルに

パール入りのベージュアイシャドウでシンプルに 出典:ライター撮影画像

王道のナチュラルメイクを楽しみたい人は、パール入りのベージュアイシャドウを使ってみましょう。非常にシンプルですが、さりげないツヤと抜け感のあるやさしい雰囲気に仕上げられます。

  • (1)ベージュのアイシャドウを、アイホールの半分ほどの幅にのせる。
  • (2)下まぶた全体にもサッとアイシャドウをのせる。

アイシャドウの塗り方は、色味とパールがほんのりつく程度の薄めがおすすめ。わずかに上まぶたの方が濃くなるようにのせると、単色でも自然な陰影をつけられます。

オレンジアイシャドウで血色感を引き出す

オレンジアイシャドウで血色感を引き出す 出典:ライター撮影画像

ナチュラルでありつつ目元に血色感を演出したい場合は、オレンジのアイシャドウで単色メイクをしてみましょう。

  • (1)オレンジアイシャドウをアイホールの半分ほどの幅に、目尻から少しはみ出す程度にのせる。
  • (2)下まぶた全体に細くアイシャドウをのせる。

オレンジアイシャドウは高発色のものが多いため、重ねづけしすぎるとインパクトの強いメイクになってしまいます。ブラシでサッとひと塗りするくらいの、薄めの塗り方を意識してみてください。

ダークブラウンは細めに入れて、目元を引き締める

ダークブラウンは細めに入れて、目元を引き締める 出典:ライター撮影画像

ダークブラウンアイシャドウを使うのも、大人女性に人気のナチュラルメイク。締め色で目元を引き締めるイメージを持つのが、上手な塗り方のコツです。

  • (1)まつげのキワに沿って細めの幅で、ダークブラウンのアイシャドウを塗る。
  • (2)目尻のキワにも「くの字形」にアイシャドウを入れて、輪郭を際立たせる。

色味の濃いダークブラウンのアイシャドウは、目の輪郭を囲むように塗ると単色使いであってもややキツイ印象に。下まぶた全体ではなく目尻のキワのみに入れることで、上品なナチュラルメイクができますよ。

マットなキャメルで立体感を演出

マットなキャメルで立体感を演出 出典:ライター撮影画像

単色アイシャドウで深みのあるナチュラルメイクを楽しみたい人には、ブラウンよりも少し明るめのキャメルカラーがマストです。マットな質感のものを選べば、より落ち着いた雰囲気に仕上げられます。

  • (1)キャメルのアイシャドウを、アイホールの半分ほどにのせる。
  • (2)黒目の外側から目尻にかけて、下まぶたにもアイシャドウをのせる。

ブラシやチップでアイシャドウをのせた後、指で少しなじませる塗り方がおすすめ。肌との境界線をぼかすことで、ふんわりとした印象の目元になれます。

この記事を書いた人

RAXY Style 編集部

RAXY Style編集部がセレクトした旬のコスメやメイクのHow to情報をお届けします。いつもより輝けるキレイのヒントをお届けてしていきます★

ライター記事一覧

記事一覧へ戻る

share