Beauty Topics

ノーファンデでもほめられる美肌に!マスクでも旬顔ベースメイクを仕込みましょう

出典:adobestock

ノーファンデでもほめられる美肌に!マスクでも旬顔ベースメイクを仕込みましょう

マスク生活が長引く今、ファンデーションを使わずに仕上げる「ノーファンデメイク」が注目を集めています。短時間でパパッと済ませられる手軽さやナチュラルで軽やかな仕上がり、肌への負担が軽減できるなど魅力が満載です。
今回は、話題のノーファンデでこなすベースメイクのメリットや魅力を徹底解説。ステップごとの詳しいやり方やアイテム選びのポイント、きれいに仕上げるためのコツなどもご紹介していきます。

カテゴリ | ベースメイク
How to マスク ファンデ

<アイテム別>ノーファンデで作るベースメイクのやり方

(1)日焼け止めは「5点置き」して顔から首にかけてのばす

(1)日焼け止めは「5点置き」して顔から首にかけてのばす 出典:ライター撮影画像

まずは、UV対策として重要な日焼け止めを塗ります。おでこ・頬・鼻・顎の5点にパール粒大ほどの量を置いて、塗りムラが出ないよう、顔全体に薄く塗っていきましょう。目の周りや生え際、小鼻のキワなど塗りにくい部分も、指先で丁寧にのばしてください。

また、顔と一緒にフェイスラインや首元などにものばしておくのがコツです。首にも顔と同じ日焼け止めを塗ることで、ムラのないフラットなノーファンデメイクに仕上げられますよ。

(2)下地は「中心から外側」「下から上」へ薄く広げる

(2)下地は「中心から外側」「下から上」へ薄く広げる 出典:ライター撮影画像

日焼け止めを塗り終えたら、下地をつけましょう。日焼け止めと同じようにおでこ・頬・鼻・顎の5点へ置き、頬からおでこ、顎、鼻と部分ごと順番に、指の腹でやさしく広げてください。「顔の中心から外側」「下から上へ」と指を動かし、肌を引き上げるように塗るのがコツ。

下地が固まりやすい場合は、パフやスポンジで広げるやり方もOKです。また、肌の色ムラやそばかすなど肌悩みが気になる部分には、下地を薄く重ねづけしてください。

(3)コンシーラーは必要な部分にのみプラス

(3)コンシーラーは必要な部分にのみプラス 出典:ライター撮影画像

顔全体に下地を塗布できたら、カバーしたい部分にコンシーラーを重ねます。必要な部分にのみ少量をのせ、指の腹やメイクスポンジを使って、境目が目立たないようよくなじませましょう。あまり広範囲にたくさんの量を塗ると、コンシーラーをつけていない部分との境界が浮いてノーファンデならではの魅力が半減してしまいます。

なお、とくにカバーする必要がない方や、肌本来の質感を活かしたノーファンデメイクのやり方を実践したい方は、この工程を省略してください。

美への目覚め\韓国美容/旬の韓国コスメの情報を集めました!

(4)フェイスパウダーをブラシでふんわりのせる

(4)フェイスパウダーをブラシでふんわりのせる 出典:ライター撮影画像

ノーファンデメイクの仕上げは、フェイスパウダーをのせます。パフよりもパウダーを軽やかにつけられる、ブラシを使うやり方がおすすめです。

ブラシにフェイスパウダーをつけたら、手の甲にトントンと数回置いて余分な粉を落とします。肌の上をやさしくなでるイメージで、ふんわりとフェイスパウダーをなじませましょう。頬や顎などはブラシでクルクルと円を描くように軽く、皮脂やテカリが出やすいTゾーンや小鼻周辺はブラシを数回往復させながらしっかりとのせてくださいね。

ノーファンデメイクを楽しむ!ベースのアイテム選びのコツ

日焼け止めは白浮きしにくいものがおすすめ

日焼け止めは白浮きしにくいものがおすすめ 出典:adobestock

ノーファンデメイクに使う日焼け止めは、白浮きしにくいタイプを選びましょう。

上からファンデーションを重ねないため、白浮きしやすい日焼け止めを使ってしまうと、後から色味の調整やカバーをするのが難しくなります。こってり濃厚なクリーム状のものよりも、白浮きしにくいジェル状のアイテムがおすすめです。

やわらかなテクスチャーでのびもよいため、やり方のコツいらずで顔から首までムラなく塗布できますよ。

下地はUV効果とカバー力をチェック

下地はUV効果とカバー力をチェック 出典:adobestock

ノーファンデでも美しい仕上がりを叶えるために、下地の機能性もチェックしてみましょう。とくに、日焼け止め効果とカバー力に注目するのがおすすめです。

日焼け止め機能を兼ね備えた下地であれば、肌が無防備になりがちなノーファンデメイクでも、念入りなUV対策ができます。

また、ほどよくカバー力のあるアイテムを使うことで、後からコンシーラーを重ねなくても、小さなシミやそばかす、肌の色ムラなどの肌悩みをきれいに整えられますよ。

コンシーラーは肌なじみのよいリキッドがマスト

コンシーラーは肌なじみのよいリキッドがマスト 出典:adobestock

ノーファンデメイクには、薄づきで肌にのばしやすいリキッドコンシーラーを選んでみましょう。コンシーラーは、シミやそばかす、ニキビ跡などをカバーできる便利なアイテムです。

しかし、ノーファンデメイクで使う際は、コンシーラーをつけている部分とつけていない部分の差が目立ちやすくなってしまいます。

みずみずしい液状で肌なじみのよいリキッドタイプのアイテムであれば、素肌との境目が浮き上がりにくく、ノーファンデでもナチュラルに仕上げられますよ。

フェイスパウダーもツヤタイプなら透明感アップ

フェイスパウダーもツヤタイプなら透明感アップ 出典:adobestock

ノーファンデメイクの最後に使うフェイスパウダーは、仕上がりの質感に注目して選ぶことがおすすめです。透明感あふれるナチュラルな雰囲気が好みであれば「ツヤタイプ」を、落ち着きのある上品な肌が好きなら「マットタイプ」を選びましょう。

パールが配合されたアイテムであれば、より一層煌めくツヤ肌を演出できます。好みの仕上がりがどちらであるかを決めてから、アイテムをセレクトしてくださいね。

さらにツヤがほしいときは部分的にハイライトをオン

さらにツヤがほしいときは部分的にハイライトをオン 出典:ライター撮影画像

よりしっとり濡れたようなツヤを演出したい場合は、ノーファンデメイクの基本のやり方にハイライトをプラスしてみましょう。使うのは、フェイスパウダーをつける前のタイミングです。

頬骨の上や鼻筋、唇の上など、高さのある部分にのせて指でやさしくぼかします。コンシーラーと同様、あまり広範囲につけると、テカリやギラついた印象に見えてしまうため注意。光が当たって自然に反射したように見えるくらいに、薄く入れることがコツです。

ノーファンデメイクのコツを押さえて、目指せすっぴん風美肌!

ノーファンデでこなすベースメイクの、やり方とコツについてご紹介しました。ファンデーションを使わなくても、アイテムの使い方を工夫するだけで魅力的なメイクに仕上げられることが、分かったのではないでしょうか。基本のコツさえしっかり覚えておけば、パパッと短時間で抜け感のあるナチュラルな雰囲気を作り出せます。今回解説したノーファンデメイクのやり方やアイテム選びのコツを参考にして、繊細で美しいすっぴん風メイクを楽しんでくださいね。

この記事を書いた人

RAXY Style 編集部

RAXY Style編集部がセレクトした旬のコスメやメイクのHow to情報をお届けします。いつもより輝けるキレイのヒントをお届けてしていきます★

ライター記事一覧

記事一覧へ戻る

share