Beauty Topics

似合う眉毛が知りたい!今流行りの《アーチ眉の書き方》について徹底レクチャー

出典:adobestock

似合う眉毛が知りたい!今流行りの《アーチ眉の書き方》について徹底レクチャー

洗練された上品さとナチュラルでやさしい雰囲気をあわせ持つ、流行りの「アーチ眉」。顔立ちや年代を選ばない形で大人女性も取り入れやすく、トレンドのメイクにも似合うと人気が高まっています。
今回は、そんなアーチ眉の書き方をステップごとに徹底解説。初心者でも簡単にできる自眉の整え方からアーチ眉の種類、理想の形を叶えるためのコツまでを詳しくご紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

カテゴリ | アイメイク
How to アイブロウ

<基本>綺麗なアーチ眉の書き方

理想のアーチ眉を叶える整え方のコツ

理想のアーチ眉を叶える整え方のコツ 出典:ライター撮影画像

まずは、理想型として覚えておきたい基本のアーチ眉の書き方を解説します。基本の形は、眉頭から眉尻にかけてのゆったりとした大きな丸みが特徴です。

ナチュラルでありつつ、キリリと洗練された印象を演出できます。ほどよい太さでインパクトが強すぎないため、メイクの種類や顔立ち、流行りなどを問わず取り入れられますよ。

アーチを作るときはより自然な角度になるよう、顔の骨格に沿わせるイメージを持つのが書き方のコツです。

基本のアーチ眉の書き方(1)ペンシルで眉の上側に輪郭を書く

基本のアーチ眉の書き方(1)ペンシルで眉の上側に輪郭を書く 出典:ライター撮影画像

はじめに、眉の上側にアーチ型の輪郭を書きます。アイブロウペンシルを使い、眉の中間あたりから眉尻にかけてなだらかなアーチを書きましょう。一気に1本のラインを引くと、輪郭が不自然に際立って主張の強い仕上がりになってしまいます。

自眉に1本1本毛を足していくイメージで、少しずつアーチ型を作るのがおすすめの書き方です。

基本のアーチ眉の書き方(2)眉の下側も輪郭を書く

基本のアーチ眉の書き方(2)眉の下側も輪郭を書く 出典:ライター撮影画像

続いて、眉の下側にもアーチ型のラインを入れていきます。眉の上側と同じくらいの角度になるように、アイブロウペンシルで線を書きましょう。(1)と同様、1本1本毛を足す書き方も忘れずに実践してください。

もとの眉よりも太めに仕上げたい場合は、このステップで太さをプラスするのがおすすめです。目を開けたり閉じたりしながら書くと、形のバランスが取りやすく、極端に太くなってしまうことも防止できますよ。

美への目覚め\韓国美容/旬の韓国コスメの情報を集めました!

基本のアーチ眉の書き方(3)アイブロウパウダーをのせる

基本のアーチ眉の書き方(3)アイブロウパウダーをのせる 出典:ライター撮影画像

上下ともにアーチ型の輪郭を書けたら、アイブロウパウダーで仕上げていきます。ブラシの先端にパウダーを取り、眉尻の方向へアーチに沿うようにブラシを動かしながらパウダーをのせましょう。アイブロウペンシルで書いたラインをぼかすようにつけると、ふんわり軽やかな印象に仕上げられます。

なお眉頭は、パウダーをのせすぎると輪郭が際立って不自然に見えてしまうため、ブラシでサッとひと撫でする程度の書き方でOKです。

<トレンド>綺麗なアーチ眉の書き方

理想のトレンドアーチ眉を叶える整え方のコツ

理想のトレンドアーチ眉を叶える整え方のコツ 出典:adobestock

トレンド感のある魅力的なアーチ眉を作るには、基本の整え方で書いた眉に色味や質感で変化を与えることがおすすめです。

シンプルな黒やダークブラウンカラーで書くよりも、流行りのメイクに似合う上品なアーチ眉に仕上げられます。目元の印象を際立たせてくれるので、トレンドカラーのアイシャドウを使ったアイメイクなどにもぴったりですよ。

また、基本のアーチ眉よりも少し太めに仕上げる書き方を意識すると、よりナチュラルでやさしい雰囲気を楽しめます。

トレンドアーチ眉の書き方(1)眉マスカラで色味をオン

トレンドアーチ眉の書き方(1)眉マスカラで色味をオン 出典:adobestock

眉マスカラを使うテクニックは、トレンド感を演出するアーチ眉の整え方のひとつです。基本の書き方に沿って形を整えたら、仕上げに眉マスカラで色をのせます。

まつげにマスカラをつけるのと同じ要領で、眉毛を下からすくい上げるようにしてマスカラ液をなじませましょう。髪と同じ系統のワントーン明るい色味を選ぶと、バランスの取れたナチュラルな印象に仕上げられます。

アッシュブラウンやオレンジブラウンなど、流行りのカラーもおすすめです。

トレンドアーチ眉の書き方(2)抜け感の演出を心がけて

トレンドアーチ眉の書き方(2)抜け感の演出を心がけて 出典:adobestock

さりげない「抜け感」を演出することも、トレンドアーチ眉の書き方として覚えておきたいポイントです。アイブロウペンシルで輪郭をくっきりと縁取ると、眉が不自然に際立ってしまい、流行りのメイクにふさわしい抜け感が作れません。

また、アイブロウパウダーをつけすぎると、眉が粉っぽくなりぼんやり重たい印象に仕上がってしまいます。ナチュラルなトレンド感を楽しめるよう、必要以上に書き足さず、自眉の毛流れや質感を活かしながらメイクをしてみてください。

この記事を書いた人

RAXY Style 編集部

RAXY Style編集部がセレクトした旬のコスメやメイクのHow to情報をお届けします。いつもより輝けるキレイのヒントをお届けてしていきます★

ライター記事一覧

記事一覧へ戻る

share