Beauty Topics

髪・顔・からだに使える「ミノン全身シャンプー」徹底調査!つらい乾燥、肌あれが気になる方に

出典:ミノン 公式画像

髪・顔・からだに使える「ミノン全身シャンプー」徹底調査!つらい乾燥、肌あれが気になる方に

乾燥肌を考え、マイルドな洗いあがりが人気の「ミノン全身シャンプー」。髪・顔・からだと全身に使えて、肌あれや頭皮のフケ・かゆみを防ぐのにも効果が期待できるとあり、注目が高まっています。
そこで、今回は「ミノン全身シャンプー」3種類の魅力を徹底解説。配合成分や洗いあがりなどミノンのこだわりから、お風呂あがりのケアにおすすめの「ミノン全身保湿ミルク」の特徴まで詳しくご紹介します。

カテゴリ | ボディケア
徹底レビュー

ミノン全身シャンプー泡タイプの魅力と使用感

ミノン全身シャンプー泡タイプの特徴とは?

ミノン全身シャンプー泡タイプの特徴とは? 出典:ミノン 公式画像

【ミノン全身シャンプー泡タイプ】
名前の通り泡で出てくる無香料タイプのボディシャンプーです。泡立てる手間がなく、直接手のひらに出してそのまま使えます。

肌のうるおいを取り除きすぎず、ほどよい洗浄力で、汚れをやさしく落とし、しっとりとした肌に洗い上げてくれますよ。肌あれを防ぐ2種類の有効成分※を配合した薬用処方で、皮膚・毛髪・頭皮の清浄や、ニキビ・カミソリ負けや肌あれを防ぐのに効果的です。

販売名:ミノン全身シャンプーW 【医薬部外品】

※有効成分 アラントイン、グリチルリチン酸2K

ミノン全身シャンプー泡タイプはこんな方におすすめ!

ミノン全身シャンプー泡タイプはこんな方におすすめ! 出典:adobestock

「ミノン全身シャンプー泡タイプ」は、ポンプを押すと泡の状態で出てきてくれることが魅力です。キメの細かなモコモコの泡で肌や髪をできるかぎりこすらず、やさしく洗いたい乾燥肌の方におすすめです。泡立て不要でポンプから出してすぐに使えるので、時短で髪やからだを洗いたい方も使いやすいですよ。

また、無香料タイプで、香りのある洗浄料が苦手な方や、お子さまと共用するアイテムとしてもにもうってつけです。

<入浴後のケアに>ミノン全身保湿ミルクの魅力と使用感

「洗う保湿ケア」で髪やからだをやさしく洗浄した後は、ミノンの「塗る保湿ケア」でうるおいを与えることがおすすめです。

ここでは、お風呂あがりの保湿ケアにおすすめな「ミノン全身保湿ミルク」の魅力についてご紹介します。

ミノン全身保湿ミルクの特徴

ミノン全身保湿ミルクの特徴 出典:ミノン 公式画像

【ミノン全身保湿ミルク 200mL/400mL】
2020年8月に登場したミノンの『塗る保湿ケア』アイテムのひとつです。

とろけるように伸び広がるミルクタイプで、顔にもからだにも全身に使えます。さらっとベタつきにくい感触なので、着替え前でも心地よく保湿ケアができますよ。

肌あれを防ぐ有効成分※1の他、肌のバリア機能を守るのをサポートするSPL※2などを配合。乾燥した肌にみずみずしいうるおいを与えて、ふっくらなめらかなすべすべの質感に整えてくれます。

販売名:DS ミルク z 【医薬部外品】

※1有効成分 グリチルレチン酸ステアリル
※2 Self Protection Lipid(コレステロール:保湿)

\お守りコスメ/ 乾燥が辛くなる前に使いたい、保湿アイテムとは?

400mLの大容量ポンプタイプが新たに仲間入り

400mLの大容量ポンプタイプが新たに仲間入り 出典:ミノン 公式画像

「ミノン全身保湿ミルク」はもともと、200mLのワンタッチキャップ式容器のみの販売でしたが、2021年9月に400mLの大容量ポンプタイプが発売されました。

片手のワンプッシュでミルクをサッと吐出できる、扱いやすい仕様が魅力。お風呂上りや、忙しい朝の時間などパパッと保湿ケアをしたいときにおすすめです。

400mLとたっぷり入っているため、顔からからだまで全身を丸ごとケアしたい方にもぴったりですよ。

ミノン全身保湿ミルクはこんな方におすすめ!

ミノン全身保湿ミルクはこんな方におすすめ! 出典:adobestock

「ミノン全身保湿ミルク」は、肌を強くこすらなくても塗布しやすい、とろけるようにみずみずしいテクスチャーをしています。

肌にのせるとなめらかに伸び広がって、スーッとなじんでくれますよ。腕や脚など広範囲にもよく伸びて、ベタつき感はほとんど気にならない軽やかなつけ心地でした。

さらっとしていて使いやすいので、時間帯を問わず顔・からだとまとめて保湿ケアをしたい乾燥肌の方や、香りの気にならない無香料タイプのアイテムをお探しの方におすすめです。

ミノン全身シャンプーで髪とからだをいたわるボディケアを

ミノン全身シャンプーの魅力についてご紹介しました。長年敏感肌を考え続けてきたブランドで、配合成分や洗いあがり、香りなどさまざまな点にたくさんのこだわりが詰まっています。

乾燥肌や混合肌など肌質や年代を問わず、多くの人たちが使いやすい仕様になっていることも魅力です。今回ご紹介した内容を参考に、自分の肌悩みに合う商品を選んで、髪やからだにやさしい保湿ケアを叶えてくださいね。

※本記事ではアイテムや画像を一部ブランド様よりご提供頂いております。

この記事を書いた人

RAXY Style 編集部

RAXY Style編集部がセレクトした旬のコスメやメイクのHow to情報をお届けします。いつもより輝けるキレイのヒントをお届けてしていきます★

ライター記事一覧

記事一覧へ戻る

share