Beauty Topics

自分の肌に合ってる?クレンジングの種類と特徴を知って潤い肌を手に入れよう!

出典:adobestock

自分の肌に合ってる?クレンジングの種類と特徴を知って潤い肌を手に入れよう!

単純なメイクを落とす道具として、クレンジングを使うのはNG!肌に負担をかけてしまいます。どのような種類のクレンジングがあるのか、その特徴と自身の肌質やメイクとの相性に合わせた選び方を中心に、素肌に自信が出るメイク落としのポイントを紹介します。
いつものルーティンでメイクが落としにくいと思っている人は、ぜひこちらの記事を参考にしてくださいね。

カテゴリ | スキンケア
How to 基本編 クレンジング

クレンジングの選び方! 肌別に使うべき種類を知ろう

普通肌

普通肌 出典:adobestock

普通肌の場合、洗いあがりの肌につっぱり感が出なければ、自分の好みの洗浄料を選んで構わないでしょう。

しかし、普通肌はちょっとのバランスで乾燥肌に傾いてしまう肌状態ともいえます。選び方としては、クレンジングクリームを用いて肌に潤いを残すようにすると、メイクオフ後のスキンケアもしやすくなるでしょう。下地メイクを丁寧にした場合の選び方は、クレンジングオイルがおすすめです。

敏感肌

敏感肌 出典:adobestock

わずかな肌への負担が刺激となり、トラブルの引き金となりやすい敏感肌。敏感肌の洗浄料の選び方としておすすめしたいのが、リキッドタイプのクレンジングです。

テクスチャーも液体に近いとろみがあるものなので、肌への刺激を最低限に抑えてメイクが落とせます。界面活性剤が含まれていますが、丁寧にすすげば問題ありません。普段のメイクが軽いものなら、洗浄力が弱いミルクタイプもおすすめします。

脂性肌

脂性肌 出典:adobestock

Tゾーンやあご周りが皮脂でベタつきやすい脂性肌。本来の乾燥肌を抑えるために皮脂の過剰分泌が起こっている可能性もあるので、洗浄力ありきで選ぶのは適していません。クレンジングクリームなどで肌に必要な皮脂を残すようにしましょう。

毛穴の開きが気になる場合は、クレンジングバームを使って毛穴の汚れを洗い流し、引き締め効果を狙うことも一案です。

\お守りコスメ/ 乾燥が辛くなる前に使いたい、保湿アイテムとは?

乾燥肌

乾燥肌 出典:adobestock

乾燥肌は肌の水分バランスが乱れている状態です。乾燥肌の人は、乳化の過程で肌に必要な水分まで奪ってしまうオイルやジェルを避けるのが無難。リキッドタイプやクリームタイプを使うとよいでしょう。

乾燥肌の人がメイク落としシートを使う場合、マスカラや落ちにくいタイプのリップを落とすだけにすることをおすすめします。ファンデーションを落とした場合は洗顔と保湿ケアをしなければ乾燥肌が進んでしまう恐れがあるので、注意が必要です。

混合肌

混合肌 出典:adobestock

テカリが気になる部分と乾燥肌が気になる部分が混在する混合肌は、選び方にも気遣いが必要です。通常のメイク落としなら、クリームタイプを使うと肌にやさしい洗いあがりで乾燥肌をカバーできます。ダブル洗顔不要と謳われた洗浄料を使うことも一案です。

混合肌のテカリの部分が気になる場合は、ダブル洗顔後に保湿ケアを入念に行いましょう。乾燥肌のケアとともに、皮脂の過剰分泌を抑えられます。

使い勝手を重視したクレンジングの選び方はNG!

使い勝手を重視したクレンジングの選び方はNG! 出典:adobestock

「肌にぬめりが残りにくいからミルククレンジングを使う」というように、使用感ありきの選び方は肌調子を悪くするのでNGです。乾燥肌や敏感肌に洗浄力が強いタイプのバームを使えば負担がかかり、肌トラブルの引き金になることも。

反対にテカリが強い混合肌の人がミルクタイプの洗浄料を使うと、皮脂を落としきれずに毛穴の黒ずみが起こりやすくなるでしょう。クレンジングは肌悩みの解決にも一役買うので、肌質にあった種類を選んでください。

肌に負担をかけないクレンジングの使い方

洗顔の順番

洗顔の順番 出典:adobestock

クレンジングの効果を引き出すためには、たくさんの種類の中から自分の肌質やメイクの状況に応じた洗浄料の選び方をすることが大切です。

しかし、それ以上にクレンジングの順番も守る必要があります。洗顔の順番は、メイク落とし(クレンジング)が先。すすいだ後で洗顔料を用いた洗顔をしてください。敏感肌の人は、ダブル洗顔不要のクレンジングを使うこともおすすめです。

クレンジングの方法

クレンジングの方法 出典:adobestock

多くの人に使われている種類であるオイルクレンジングの方法をまとめます。普通肌や脂性肌、混合肌の人におすすめで、一番多く販売されているタイプです。オイルクレンジングは乾いた手で使います。また、顔も濡らす必要はありません。

最近は濡れた手でも使えるオイルクレンジングも販売されているので、混同を防ぐためにも使う前に取り扱い説明書を必ずチェックしてくださいね。

(1)オイルをメイクになじませる

(1)オイルをメイクになじませる 出典:adobestock

クレンジングオイルは、手のひらに適量プッシュ。手の上で少し温めてオイルを緩くすると、肌になじみやすくなります。手のひらのオイルは、Tゾーン(おでこと鼻)から順番に。あご周りの後で頬になじませてください。

仕上げに小鼻回りの毛穴の汚れやメイクのヨレが気になる部分と、口元にやさしくなじませます。指の腹でクルクルと円を描くように、メイク汚れとなじませるのがコツです。

(2)乳化させる

(2)乳化させる 出典:adobestock

ベースメイクやファンデーションの重ね塗りをした後は、丁寧に指の腹でクレンジングをなじませます。若干指どおりが重たいと感じる場合は、少し時間をかけてなじませていきましょう。指先が軽くなったら、メイクが浮き上がったサインです。

手のひらにわずかなぬるま湯を付けて、顔になじませます。また、Tゾーンからあご、頬というようにメイク汚れとお湯をなじませるようにしてください。これが乳化のプロセスです。

(3)ぬるま湯で丁寧にすすぐ

(3)ぬるま湯で丁寧にすすぐ 出典:adobestock

乳化は、メイク汚れを肌から完全に浮き上がらせるためのプロセスです。すすぎは、浮かびあがったメイク汚れを落とすために行います。乳化のプロセスとすすぎを一緒にしないよう注意しましょう。

クレンジングの油分やメイク汚れを落としやすくするために、水ではなくぬるま湯ですすぎます。小鼻回りや髪の毛の生え際などメイク汚れが残りそうな部位は、とくに丁寧にすすいでください。

(4)洗顔料でダブル洗顔をする

(4)洗顔料でダブル洗顔をする 出典:adobestock

顔にはすすぎの段階で落としきれなかった汚れや、油分が残っています。肌にヌルヌルとした感触がある場合は、お湯ですすいでも落としきれない汚れが残っていると考えてよいでしょう。

この場合はダブル洗顔が必要です。洗顔料をたっぷりと泡立てて、泡の表面張力で汚れを落とします。髪の毛の生え際や小鼻回り、あごはニキビの原因にもなりやすいので、丁寧に洗ってからぬるま湯で十分にすすいでください。

ウォータープルーフメイクを落とすときは?

ウォータープルーフメイクを落とすときは? 出典:adobestock

マスカラや口紅など、汗や皮脂に強いウォータープルーフコスメを使用した日は、メイク落としシートをまつ毛の上や唇の上に押しあて、クレンジング成分とメイクをなじませておきましょう。シートはこすらず、汚れをシートに移すイメージを持つとわかりやすいですよ。

ポイントメイクは重ね塗りをすることも多いので、シートの綺麗な面で何度か繰り返してメイクを落としてください。その後通常通りにクレンジングと洗顔をしましょう。

この記事を書いた人

RAXY Style 編集部

RAXY Style編集部がセレクトした旬のコスメやメイクのHow to情報をお届けします。いつもより輝けるキレイのヒントをお届けてしていきます★

ライター記事一覧

記事一覧へ戻る

share