Beauty Topics

自分の肌に合ってる?クレンジングの種類と特徴を知って潤い肌を手に入れよう!

出典:adobestock

自分の肌に合ってる?クレンジングの種類と特徴を知って潤い肌を手に入れよう!

単純なメイクを落とす道具として、クレンジングを使うのはNG!肌に負担をかけてしまいます。どのような種類のクレンジングがあるのか、その特徴と自身の肌質やメイクとの相性に合わせた選び方を中心に、素肌に自信が出るメイク落としのポイントを紹介します。
いつものルーティンでメイクが落としにくいと思っている人は、ぜひこちらの記事を参考にしてくださいね。

カテゴリ | スキンケア
How to 基本編 クレンジング

守らないとメイクが落ちない?クレンジングの注意

クレンジングの使い方を把握しよう

クレンジングの使い方を把握しよう 出典:adobestock

クレンジングの種類は多岐にわたります。それぞれに使い方があり、方法や順番を守らないとメイクがすっきりと落とせません。

とくに敏感肌や乾燥肌の人は肌トラブルの原因につながりますので、肌質にあったクレンジングの選び方が大切になります。

昨今では、洗浄力や潤いに気を使った新しいタイプの洗浄料も増えており、使い方に関しても商品ごとの違いが顕著です。まずは使い方を把握してからの使用をおすすめします。

こすらずに丁寧に肌になじませよう

こすらずに丁寧に肌になじませよう 出典:adobestock

シートタイプはもちろん、テクスチャーが固いタイプのクレンジングは肌に負担がかかりやすいため、こするようになじませるのは厳禁です。シートはメイクを落としたい場所に当てメイクをシートに移します。バームタイプは手のひらで温めて、緩ませてから使いましょう。

バームタイプはマッサージ目的で使える製品が多いのですが、乾燥が強い混合肌や乾燥肌、敏感肌の人は肌トラブルにつながりやすいので注意です。

すすぎはぬるま湯で

すすぎはぬるま湯で 出典:adobestock

洗顔全般の基本としていわれていることですが、大事なのはぬるま湯ですすぐことです。浮かびあがったメイク汚れをすっきりと落とすためだけでなく、クレンジングの油分が肌に残るのを防ぐためでもあります。

毛穴が開いている状態なので、毛穴にとどまりがちなメイクの残りもすっきりと洗い流せます。ニキビができやすい混合肌の場合は、ぬるま湯で皮脂汚れを落とすことも視野に入れましょう。

洗顔後は保湿をしっかりと!

洗顔後は保湿をしっかりと! 出典:adobestock

クレンジングは乳化のプロセスで肌の水分も奪ってしまうと考えられているため、乾燥肌を招くといわれています。

また、ダブル洗顔で肌の潤いをさらに奪ってしまうことも否めません。ダブル洗顔不要の種類を使うのも一案ですが、クレンジングの選び方に注力するよりも、洗顔後の保湿ケアを入念に行うことを優先させましょう。しっかりと保湿をすることが、美肌への第一歩ですよ。

メイク落としにクレンジングを活用しよう!

メイク落としは一日の締めくくりに必要です。メイク汚れの残りがあれば、肌トラブルにつながります。多岐にわたるクレンジングの種類の中から肌質にあったクレンジングを使い、肌調子を高めましょう。

クレンジングの使用方法は商品によっても異なるので、選び方と使い方を覚えることも大切です。正しい使い方を覚え、すっきりとした素肌にリセットさせてくださいね。保湿ケアなども入念に行いましょう。

この記事を書いた人

RAXY Style 編集部

RAXY Style編集部がセレクトした旬のコスメやメイクのHow to情報をお届けします。いつもより輝けるキレイのヒントをお届けてしていきます★

ライター記事一覧

記事一覧へ戻る

share