Beauty Topics

ボディスクラブの効果的な使い方とは?ツルツル美肌になるためのケア方法

出典:adobestock

ボディスクラブの効果的な使い方とは?ツルツル美肌になるためのケア方法

皆さんはボディスクラブの効果的な使い方や順番をご存知でしょうか。
ツルツルのなめらかなお肌を維持するために欠かせないアイテムですが、いまいち使い方や自分に合う選び方がわかっていない…という方もいらっしゃるのではないでしょうか。
この記事では、ボディスクラブの基本的な使い方や種類別の特徴をご紹介していきます。全身うる艶ボディを目指す方は、ぜひ本記事を参考にしてみてくださいね。

カテゴリ | ボディケア
How to 基本編 スクラブ

ボディスクラブの魅力を最大限に高める使い方

ボディスクラブは正しい順番で使うことが重要です。

基本の使い方や順番を間違えてしまうと、場合によってはケアのしすぎで肌が敏感になったり、肌のざらつきが残ってしまうなど、思うような結果が得られないことも…。

せっかく角質ケアをするならその効果を余すことなく感じられるよう、使い方と順番をマスターしましょう!

〈使い方その1〉身体を洗浄し、濡れたままスタート

〈使い方その1〉身体を洗浄し、濡れたままスタート 出典:adobestock

ボディスクラブを使う前に、まずは身体を洗うことから始めるのが正しい順番。

身体の水分は拭き取らなくて大丈夫です。ほとんどのスクラブは、濡れた肌に使用することを想定して作られています。肌に残った水分とスクラブが混じりあって全体に伸ばしやすくなり、肌への負担を軽減させる効果があります。

スクラブを行っていく途中で肌が乾いてしまった箇所があれば、その場合は再度ぬるま湯で濡らしてからボディスクラブを付けるようにしてください。

〈使い方その2〉ボディスクラブの適量とは?

〈使い方その2〉ボディスクラブの適量とは? 出典:ライター撮影画像

一回の使用量は製品によって異なるため、パッケージをよくご確認ください。

ただし、どんなスクラブも一度に取る量は少なめにしましょう。

この理由は全身をパーツ分けして少しずつ順番に進めると、その箇所の肌状態に合わせた角質ケアができるからです。例えば脚を足先・ひざ下・ひざ・太ももと分けると、同じ脚の中でもかかとやひざは角質が厚く、太ももやひざ下は比較的角質が少ないことがわかると思います。パーツを分けてスクラブすることで、使用量やマッサージする時間が調整でき、全身均一でなめらかな肌を目指せます。

〈使い方その3〉手を肌に密着させて、やさしくマッサージ

〈使い方その3〉手を肌に密着させて、やさしくマッサージ 出典:adobestock

スクラブを肌にのせて広げたら、手のひらを身体に密着させてマッサージしていきます。基本はくるくると円を描くように大きくなでるだけでOKです。

ここで肌に触れている面が指先だけでなく、手のひら全体になるようにするのが上手にマッサージするポイントです。

指先でスクラブを行うと接地面が狭く力が集中してしまうので、肌への負担が大きくなります。角質をからめ取るのをイメージしてゆっくり手を動かしていきましょう。

美への目覚め\韓国美容/旬の韓国コスメの情報を集めました!

〈使い方その4〉ぬるま湯でそっと洗い流すこと

〈使い方その4〉ぬるま湯でそっと洗い流すこと 出典:adobestock

角質ケアが終わったらシャワーをやさしく当て、肌をなでるようにスクラブを落とします。

この時シャワーの温度はできるだけ体温に近いぬるま湯で、水圧も弱めにすることが大切です。角質ケアをしたばかりの肌はデリケートで乾燥しやすい状態なので、皮膚の潤いが奪われる熱めのお湯や、強いシャワーは避けましょう。

ボディスクラブの使い方で注意したい3つのこと

ボディスクラブは毎日行ってはいけない

ボディスクラブは毎日行ってはいけない 出典:adobestock

ボディスクラブで角質ケアを行うとツルツルの仕上がりが病みつきになり、ついつい毎日使いたくなってしまう方もいるかもしれません。

しかしスクラブは毎日行うお手入れではありません。やりすぎてしまえば逆に肌を痛めてしまい、ひりつきや赤みが発生することも考えられます。

基本の週1〜2回程度の頻度を守って、角質ケアをしましょう。

ボディスクラブを使った角質ケアと、保湿はセットで行う

ボディスクラブを使った角質ケアと、保湿はセットで行う 出典:ライター撮影画像

浴室からでたら保湿ケアを行いましょう。ボディスクラブを使用したあとに保湿をしないと、乾燥による肌のごわつきにつながり逆効果になるので注意してください。

オイルやクリームがスクラブの基材にたっぷり含まれていて、洗い流しても保湿成分が肌に残るタイプならそのままでも問題ありませんが、基本は角質ケアと保湿はセットで行うようにしてくださいね。

ボディスクラブは高温多湿を避けて保管する

ボディスクラブは高温多湿を避けて保管する 出典:adobestock

ボディスクラブの保管場所は、劣化や変質を防ぐために浴室外がおすすめです。

浴室で保管すると、シュガーなど熱で溶けるタイプのスクラブの効果や品質が落ちてしまうこともあります。

特に広口のジャータイプのものは外気に触れるので菌が入り込みやすく、加えて高温多湿な空間は化粧品が劣化しやすい環境となります。

使用時だけバスルームへ持ち込むようにしましょう。

この記事を書いた人

RAXY Style 編集部

RAXY Style編集部がセレクトした旬のコスメやメイクのHow to情報をお届けします。いつもより輝けるキレイのヒントをお届けてしていきます★

ライター記事一覧

記事一覧へ戻る

share