Beauty Topics

アイラインの引き方をマスターしよう!【初心者】でも上手く引くコツ教えます

出典:adobestock

アイラインの引き方をマスターしよう!【初心者】でも上手く引くコツ教えます

アイラインは毎日のメイクに使用するアイテムですが、特に見直しもせずいつも同じやり方でやっていませんか?ついついルーティンになりがちですが、この機会に見直ししてもよいかもしれません。
自分に適したアイテムを使ったり、自分の目に合った使い方ができると格段に印象が変わります。
この記事では、アイラインの引き方を見直したい方や初心者向けに簡単に出来る、アイラインの基本の引き方について解説します。ぜひ、今後のメイクの参考にしてみてくださいね。

カテゴリ | アイメイク
How to 基本編

【目のタイプ別】アイラインの引き方のポイント

3タイプに分けてコツを解説

3タイプに分けてコツを解説 出典:adobestock

目の形は人それぞれなので、形やタイプによって綺麗な引き方やラインを入れる場所、入れ方が異なります。ここでは、一重、奥二重、二重の3つのタイプごとに、特徴的なポイントや綺麗に見える引き方を解説しましょう。
目の形に合っていないアイラインは、実は目を小さく見せてしまっているかもしれません。目の形に合ったラインの入れ方を覚えておくことで、初心者さんでもメイクのクオリティをグッと上げることができます。

【一重】アイラインの引き方のポイント

【一重】アイラインの引き方のポイント 出典:adobestock

「目を閉じていると綺麗に見えるのに、目を開けるとアイラインが隠れてしまう…」といった経験をしたことはありませんか?一重のアイラインは、目を開けている際にも見えるような引き方をすることが大きなポイントです。
そのため、一重さんは目を閉じたり伏し目がちにしたりするのではなく、普段と同様に目を開けた状態のままで行うことを心がけましょう。少し上瞼を上に引っ張りながら、瞼にラインがつかないように描いていくのがおすすめです。

【奥二重】アイラインの引き方のポイント

【奥二重】アイラインの引き方のポイント 出典:adobestock

奥二重のアイラインは、目頭~目尻にかけて太く引いてしまうと、二重幅がつぶれてしまって目が小さく見えてしまいます。二重の幅を活かすためには、黒目の上はなるべく細めに、あるいはインラインのみにするのがベター。難しい場合は、思い切ってアイラインは目尻だけにする方法もおすすめです。
その場合は、目尻で目元全体の印象を変化させてもいいですね。場所によって太さや入れ方を変えることが非常に大切です。

美への目覚め\韓国美容/旬の韓国コスメの情報を集めました!

【二重】アイラインの引き方のポイント

【二重】アイラインの引き方のポイント 出典:adobestock

二重さんはもともと目が大きく見えるので、あまり太いラインを引くと怖く見えることもあるかもしれません。そのため、全体的になるべく細いラインを引くのがポイントです。
黒目の真上あたりだけ太めにアイラインを入れたり、目尻を長めに引いたりするなど、細かく調整するのがカギ。顔全体の中で目元だけ浮かないように、自然な引き方やブラウンなどのキツく見えづらいカラーを使用するのがおすすめです。

【印象別】アイラインの引き方のポイント

大人っぽくしたいときのアイラインの引き方

大人っぽくしたいときのアイラインの引き方 出典:ライター撮影画像

かっこいいパンツスタイルなどで決めたい日は、メイクも大人っぽく合わせてみましょう。使用するアイライナーは、ブラックのリキッドライナーがおすすめ。ツヤのある、シャープな印象に仕上げてくれます。
印象を変えるには、目尻の引き方がとっても重要です。目尻を跳ね上げた、いわゆる「キャットライン」の引き方をするとかっこいい印象に。このときは目尻を少し長めに、2~3mmほど外側にはみ出すように引いてみましょう。

可愛らしい印象にしたいときのアイラインの引き方

可愛らしい印象にしたいときのアイラインの引き方 出典:ライター撮影画像

可愛らしいスカートやワンピースの日は、目元もキュートで優しげにしてみましょう。使用するアイライナーは、ブラウンのペンシルタイプがおすすめ。ふんわりとした、ナチュラルで可愛らしい印象になりますよ。
キュートにしたいときは、本来の目の形よりも少しだけ目尻をたれ下げて引きます。そうすることで女性らしい仕上がりになるのでおすすめです。

自然な印象にしたいときのアイラインの引き方

自然な印象にしたいときのアイラインの引き方 出典:ライター撮影画像

就職活動中やオフィスでのメイクなど、なるべくナチュラルなメイクで印象をアップしたい!という日もありますよね。そんなときに使用するのはアイライナーではなく、ブラウンのアイシャドウです。
細めのチップにブラウンのアイシャドウを取って、上瞼のキワに細く引いてみましょう。このとき、ブラウンのカラーを薄めにするとさらにナチュラルなイメージに近づくことができます。
少しぼかすことで「いかにもメイクをしている」という印象を少し和らげることが可能です。ナチュラルメイクが好きな方は、ぜひ一度試してみてくださいね。

この記事を書いた人

RAXY Style 編集部

RAXY Style編集部がセレクトした旬のコスメやメイクのHow to情報をお届けします。いつもより輝けるキレイのヒントをお届けてしていきます★

ライター記事一覧

記事一覧へ戻る

share