Beauty Topics

癒される香りで気分をリセット。毎日のお供にしたい香りのいい美容アイテムをご紹介

出典:adobestock

癒される香りで気分をリセット。毎日のお供にしたい香りのいい美容アイテムをご紹介

仕事や家事、子育てなどで日々が慌ただしく過ぎていく大人の女性たちへ。毎日頑張っている自分へのご褒美に、美容アイテムで癒しを取り入れませんか?
今回は、私がとくにおすすめしたい「香りのいい美容アイテム」をご紹介します。忙しい大人の女性も使いやすいように、手軽さを兼ね備えたアイテムを厳選しました。どれも“癒し”を与えてくれる、ナチュラルでやさしい香りが魅力的ですよ。

カテゴリ | コラム
おすすめ 美容ネタ 種類別 香水

“香り”で選ぶ美容アイテムのすすめ

忙しい毎日に“香り”をプラス

忙しい毎日に“香り”をプラス 出典:ライター撮影画像

私にとって、アロマやキャンドルなどの香りグッズは、日常に癒しを与えてくれる特別な存在。でも、毎日「香りを楽しむための時間」をつくるのは難しいですよね。 
それなら、美容アイテムで香りを取り入れるという選択はいかが?私も自分時間が取れない日がありますが、「どうしても香りに癒されたい!」と感じるときは、朝晩のスキンケアやヘアケアに使う美容アイテムで香りを楽しんでいます。いつものケアタイムが、心を癒すとっておきの時間に変わりますよ。 

自分にぴったりの“香り”を選ぶコツ

自分にぴったりの“香り”を選ぶコツ 出典:adobestock

私は美容アイテムを決めるとき、「自分が一番心地いいと思える香りを選ぶこと」を大切に考えています。でも、香りの種類は華やかなフローラル系や爽やかな柑橘系、ちょっぴり個性的なウッディ系、オリエンタル系などさまざまで、好きな香りが見つからないことも。
なので、まずは色々なテスターを試したり、気になる香りの種類を調べたりして、自分の好きな香りの系統を見つけてみましょう。ある程度ジャンルが絞れたら、とっておきの香りをセレクトできます。

使用シーンも思い浮かべて

使用シーンも思い浮かべて 出典:ライター撮影画像

私は香りの種類とあわせて、「美容アイテムを使うシーン」もチェックしています。好きな香りを「どこで」「どんなときに」使いたいのかを考えてみると、より自分のライフスタイルに寄り添ってくれる素敵なアイテムが見つかるからです。
朝の身支度や仕事の休憩時間、夜のバスタイムなど、使用シーンはさまざま。実際に自分が使っている場面をイメージしながら、どんな風に楽しみたいかを選んでみてくださいね。

\お守りコスメ/ 乾燥が辛くなる前に使いたい、保湿アイテムとは?

<時間帯別>おすすめの香りと美容アイテムをご紹介

朝は<柑橘系>の香りですっきり爽やかに

朝は<柑橘系>の香りですっきり爽やかに 出典:adobestock

朝が苦手な私にとって、グレープフルーツやシトラス、オレンジといった「柑橘系」は、元気をくれる香り。忙しくて気分がどんよりしていても、フレッシュでみずみずしい柑橘系の香りは、1日のスタートを爽やかに送り出してくれます。
化粧水やヘアミスト、ヘアワックスなど朝の身支度に使う美容アイテムは、「柑橘系」の香りを選んでいますよ。出かける準備をしながら使えるので、時間がない朝でもエネルギーをたっぷりチャージできます。

昼は<ハーブ系>の香りで気分をリフレッシュ

昼は<ハーブ系>の香りで気分をリフレッシュ 出典:adobestock

ペパーミントやユーカリなどの「ハーブ系」の香りは、エネルギー切れになりそうな午後のひとときの救世主。すっきり清涼感あふれる香調で、気分をシャキッとリフレッシュできます。
美容アイテムは、ハンドクリームやネイルオイル、リップバームなど、携帯しやすいコンパクトなものがマスト。お仕事の合間にもサッと使えるので、午後からもうひと踏ん張りしたいときに活躍してくれています。

夜は<フローラル・ウッディ系>の香りでのんびりリラックス

夜は<フローラル・ウッディ系>の香りでのんびりリラックス 出典:adobestock

ラベンダー・ローズといった「フローラル系」や、ティーツリー・ヒノキなど「ウッディ系」の香りは、私にとって1日頑張った自分を労わるご褒美の香り。フローラルの優雅な甘さと、深呼吸したくなるようなウッディの奥深さが、心をやさしくほぐしてくれます。
私はとくに、バスソルトやボディミルク、保湿シートマスクといった美容アイテムを、フローラル・ウッディ系の香りで揃えています。穏やかな香りの美容アイテムが、夜のリラックスタイムの相棒です。

この記事を書いた人

みやしたさやか

元化粧品販売員、HSP気質のフリーライター。販売員時代に培った知識と自身の実体験を活かし、美容・メンタルヘルス・ライフスタイル分野を中心に執筆活動中。「読者に寄り添いこころを満たす、親しみやすい記事を書くこと」が執筆のモット―。音楽を聴きながらコーヒーを飲むのが癒しのひととき。

ライター記事一覧

記事一覧へ戻る

share