Beauty Topics

【顔の骨格別】シェーディングの入れ方!ポイントを押さえて憧れの小顔をGET!

出典:adobestock

【顔の骨格別】シェーディングの入れ方!ポイントを押さえて憧れの小顔をGET!

立体的な顔立ちを演出するシェーディング。「毎日のメイクに取り入れてみたいけど、イマイチ使い方がわからない」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか? 実はシェーディングは、顔の骨格によって入れ方が異なるのです。そこで本記事では、骨格別のシェーディングの入れ方をまとめて紹介します。シェーディングの正しい使い方をマスターしたい人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

カテゴリ | ベースメイク
How to 応用編 タイプ別 シェーディング
INDEX

普段のメイクにシェーディングを使う理由

影を与えることで小顔に見せる

影を与えることで小顔に見せる 出典:adobestock

シェーディングは肌よりもワントーン暗い色を入れて、顔に陰影をつけるアイテムです。フェイスラインに入れることで顔の側面に影ができ、すっきりと引き締まった小顔に見せてくれます。
物理的に顔を小さくするのはなかなか難しいですが、シェーディングを駆使したメイク術をマスターすれば、簡単にモデルのような小顔をGETできるのです。

立体感を与えることでハーフのような顔立ちに見せる

立体感を与えることでハーフのような顔立ちに見せる 出典:adobestock

ハーフのような、目鼻立ちのはっきりとした顔は魅力的ですよね。シェーディングを取り入れれば、ハーフのような顔も簡単にGETできるのです。
ハーフのような顔立ちになる秘訣は立体感。目元や小鼻にシェーディングを入れると立体感が生まれ、彫りの深い顔に見えるようになります。ハーフ顔を手に入れたい方は、ぜひ試してみてくださいね。

効果的に入れることで骨格の悩みを解消する

効果的に入れることで骨格の悩みを解消する 出典:adobestock

「人より顔が大きくて嫌だ」「エラが張っている顔を何とかしたい」など、自分の骨格にコンプレックスを抱えている方はたくさんいるはずです。そんな悩みも、シェーディングを効果的に入れることで解消できます。
例えば、エラが目立つことに悩んでいる方はフェイスラインに入れて、エラが目立たなくなることも!骨格の悩みに合わせた入れ方をマスターすれば、コンプレックスから脱却できます。

美への目覚め\韓国美容/旬の韓国コスメの情報を集めました!

シェーディングを使うタイミング

シェーディングを使うタイミング 出典:adobestock

「シェーディングはメイクのどのタイミングで使うの?」と疑問に思っている方も多いと思います。実は、シェーディングを使うタイミングは種類によって異なるのです。一般的にパウダータイプは、ファンデーションを塗った後に使用します。
一方、クリームタイプやリキッドタイプのシェーディングは、パウダーファンデーションの前に使用するのが一般的です。シェーディングの種類によってタイミングが異なるので、上手に使い分けましょう。

知っておきたい!シェーディングの種類

シェーディング初心者におすすめなのは【パウダータイプ】

シェーディング初心者におすすめなのは【パウダータイプ】 出典:ライター撮影画像

シェーディングにはさまざまな種類がありますが、はじめて取り入れる方はパウダータイプがおすすめです。パウダータイプはナチュラルに仕上がり色味の調整もしやすいので、失敗するリスクを軽減できます。
パウダータイプを入れる時のコツは、シェーディングをブラシで色味を調整しながら塗っていくこと。重点的に影を作りたい部分には重ね塗りをするなど、パーツによって濃さを変えていきましょう。

発色のよさを重視する方には【スティックタイプ】

発色のよさを重視する方には【スティックタイプ】 出典:ライター撮影画像

スティックタイプのシェーディングの特徴は、狙った位置にピンポイントで色味を入れられること。比較的発色のよいアイテムも多いので、しっかりと影をつけたい方にはおすすめです。
スティックタイプは、パウダータイプのファンデーションを使う前に仕込むのがポイント。影を入れたい場所に塗ったら、指やスポンジで優しく馴染ませていきましょう。

ツヤ感を求める方には【クリームタイプ】

ツヤ感を求める方には【クリームタイプ】 出典:adobestock

クリームタイプは肌にピタッと密着し、ツヤ感のある仕上がりになります。健康的なツヤ肌を目指す方にはおすすめです。また肌への密着力が高いことから、メイク崩れが起きづらいというメリットもあります。
クリームタイプはベースメイクの仕上げとして使用することでメイクよれを防止し、自然な仕上がりに。こまめにメイク直しができない時にもおすすめです。

肌馴染みよさを求める方には【リキッドタイプ】

肌馴染みよさを求める方には【リキッドタイプ】 出典:adobestock

リキッドタイプのシェーディングは、サラッとしたテクスチャーで肌馴染みがよいのが特徴です。つける量を調整すれば、ナチュラルに仕上げることも可能。濃い色のシェーディングをつけるのは抵抗があるという方にもおすすめです。
リキッドシェーディングのコツは広範囲に塗りすぎないこと。のびがよいためつい付けすぎてしまうこともあるので、注意が必要です。塗った後はスポンジで馴染ませていきましょう。

この記事を書いた人

RAXY Style 編集部

RAXY Style編集部がセレクトした旬のコスメやメイクのHow to情報をお届けします。いつもより輝けるキレイのヒントをお届けてしていきます★

ライター記事一覧

記事一覧へ戻る

share