Beauty Topics

美容液の基本的な使い方は?注意点・つける順番も合わせてチェック!

出典:adobestock

美容液の基本的な使い方は?注意点・つける順番も合わせてチェック!

たっぷりの美容成分を配合した美容液。美容液を使用することによって、肌に栄養を与えられます。また、「毛穴が気になる」「シミ・シワを改善したい」「肌にハリが欲しい」など、お悩みや効果別に選ぶことも可能です。
初めて使用する際は「どの順番でつければいいの?」「正しい使い方が分からない!」など、疑問がたくさんありますよね。今回の記事で美肌に欠かせない美容液について今一度基本的な使い方を確認し、改めてマスターしていきましょう。

カテゴリ | スキンケア
How to 基本編 アイテム別 美容液
INDEX

美容液の具体的な効果や種類にはどのようなものがあるの?

自分に合った美容液って?

自分に合った美容液って? 出典:adobestock

美容液は、ご自身のニーズや肌悩みに合わせて選ぶことが非常に大切です。かなり多くのものが販売されていますが、具体的にどういった種類があり、どのような効果があるのか気になりますよね。
ここでは、主に販売されている美容液の種類や効果について詳しくご紹介しましょう。
また、種類によっては使うタイミングが違うものもあるので、そちらについても詳しく解説します。ご自身のお悩みに合ったアイテムを選ぶために、ぜひ参考にしてみてくださいね。

美白用美容液

美白用美容液 出典:adobestock

美白用美容液は、その名の通り美白に特化した美容液です。ただし、元の肌の色をより白くするものではありませんので、ご注意ください。
美白美容液はメラニンの生成を抑える効果があるため、これからできるシミやソバカスを防いで美白ケアを行えます。
商品によっては、ビタミンC誘導体やアルブチンなどの美白有効成分が含まれているものもありますので、購入の際はぜひチェックしてみてくださいね。

保湿用美容液

保湿用美容液 出典:adobestock

保湿用美容液は、保湿に特化した美容液です。冬などの乾燥する季節や、もともと乾燥肌の方などにはとてもおすすめ。
肌が乾燥してしまうと肌表面のバリアが弱くなって、肌荒れや毛穴の開きなどを引き起こしたり肌にダメージを受けやすくなってしまったりと、多くのデメリットがあります。化粧水だけでは十分に水分を補うことができないときに活躍するのが、このアイテム。
化粧水の水分を保持しつつ、美容成分によって肌の栄養補給を手助けする役割があります。

美への目覚め\韓国美容/旬の韓国コスメの情報を集めました!

エイジングケア用美容液

エイジングケア用美容液 出典:adobestock

年齢を重ねるにつれて、肌のシミやシワ・毛穴などが目立ったりハリが失われたりと、悩みが増えてきますよね。加齢によるたるみやシワの予防はどうしても難しいですが、美容液を使用することによって肌のハリ・ツヤをアップさせる効果が期待できます。
エイジングケア用美容液にも、「ハリ・ツヤに特化したもの」「毛穴ケアに特化したもの」「シミケアに特化したもの」などさまざまな種類がありますので、肌悩みに合わせて選んでみてくださいね。

【番外編】ブースター美容液

【番外編】ブースター美容液 出典:adobestock

ブースター美容液は、他の美容液と使い方や種類が大きく異なります。ブースターとは導入のことで、いわゆる「導入化粧液」と同じ用途で使われるアイテムです。
この美容液は、次につける化粧水などのスキンケアアイテムの浸透(角質層まで)をよくするために使うものなので、洗顔後すぐに肌へつけます。
このように、少し変わった用途のアイテムもありますので、購入する際はきちんと説明を聞いたり読んだりするように気を付けてくださいね。

美容液の基本的な使い方をマスターしよう

美容液を効果的に使おう

美容液を効果的に使おう 出典:adobestock

美容液にはたくさんの種類があり、どれを選ぶかによって得られる効果が大きく変わります。選び方はもちろん大切ですが、美容液の使い方も非常に重要です。
 
ここでは、美容液の基本的な使い方についてご紹介しましょう。基本的な使い方を守ることで、効果を最大限に発揮できますよ。
しっかりと効果を実感するためにも、基本的な使い方をマスターしましょう。

美容液の適量は商品によってさまざま

美容液の適量は商品によってさまざま 出典:adobestock

美容液は高価な商品も多いため、適量よりも少ない量で使用している方がいらっしゃるかもしれません。しかし、しっかりと効果を実感するためには、商品に記載されている適量を守ることが基本です。
きちんと適量を使用することで肌全体に美容成分が行き渡り、栄養補給できます。
また、商品や肌の状態によって「朝のみ」「夜のみ」「朝夜両方」といった使い方が変わることもあるため、しっかりと説明書を読んで指示通りに使用するように心がけましょう。

美容液は手でしっかり温めてから肌につける

美容液は手でしっかり温めてから肌につける 出典:adobestock

化粧水なども同じですが、美容液も肌の温度と近づけてからつけることで、肌なじみがよくなります。そのため、適量を手に取ったら5秒ほど手で温めるように心がけましょう。
冷たさがなくなり手の温度に近づいたと感じたら、肌にのせてOKです。せっかくたっぷりの美容成分が含まれているので、より効果的に肌になじませられるように少しだけ手間を掛けましょう。

肌悩みが気になる部分には重ねづけを

肌悩みが気になる部分には重ねづけを 出典:adobestock

肌の状態は均一ではないので、部分的に乾燥したりニキビの跡が気になったりする箇所もあるのではないでしょうか。他にも毛穴の開きやシミなどの肌悩みがある場合は、美容液を重ねづけすることで効果アップが期待できます。
乾燥する部分は保湿用美容液で潤いをプラスし、ニキビ跡が気になる部分にはビタミンC誘導体入りの美容液で肌のターンオーバーを促すなど、気になる部分にピンポイントで重ねづけしてみましょう。

毎日継続して使用することで効果が実感できる

毎日継続して使用することで効果が実感できる 出典:adobestock

スキンケアは日々の積み重ねなので、美容液も化粧水や乳液などと同じように毎日使用することが基本です。商品によってはスペシャルケアとして使用する美容液もありますが、説明書に特別な指示がない限りは毎日の使用がおすすめ。
コツコツと継続して使用すればだんだんと効果が表れ、肌の調子が上向きになります。1か月後の自分を想像して、日々のスキンケアを丁寧に行いましょう。

この記事を書いた人

RAXY Style 編集部

RAXY Style編集部がセレクトした旬のコスメやメイクのHow to情報をお届けします。いつもより輝けるキレイのヒントをお届けてしていきます★

ライター記事一覧

記事一覧へ戻る

share