Beauty Topics

30代のメイクは引き算!部分、雰囲気別にオトナ女子に似合うメイクの仕方をご紹介!

出典:adobestock

30代のメイクは引き算!部分、雰囲気別にオトナ女子に似合うメイクの仕方をご紹介!

仕事でもプライベートでも責任のある立場に就き、頼りがいが求められる30代。メイクは、落ち着きを感じさせるナチュラルメイクを目指していきたいですよね。
そこで本記事では、おしゃれな30代の大人女子に似合うメイクを部分別・雰囲気別に紹介していきます。「20代と同じメイクをしている…」という方は、この機会に自身のメイクを見直してみてはいかがでしょうか?

カテゴリ | アイメイク
How to パーツ別

【部分別】30代におすすめのアイメイク

【部分別ポイント1】30代に似合うアイシャドウの選び方

【部分別ポイント1】30代に似合うアイシャドウの選び方 出典:adobestock

続いて、アイメイクの部分別ポイントを紹介します。 
30代メイクはまぶた全体を派手なカラーで盛るのはNG。きつい印象を与えかねません。 
30代からはブラウン、ピンクベージュ、くすみオレンジなど、やさしめな印象を与えるカラーがおすすめです。なりたい雰囲気別でカラーを選んでもOK。 
ただし、地味なカラーばかりでは老けた印象に見えてしまうこともあるので、そんなときはツヤっぽい質感のアイテムを選び、明るさを与えてあげましょう。

【部分別ポイント2】30代はマスカラの重ね塗りはNG

【部分別ポイント2】30代はマスカラの重ね塗りはNG 出典:adobestock

20代の頃は、目を大きく見せるためマスカラを重ね塗りしていた人も多いと思いますが、30代メイクはマスカラの重ね塗りはNG!マスカラをつけるときは、余分な液をティッシュでオフし、量を調整していきましょう。
上品な印象を与えたいときはロングタイプマスカラ、抜け感のあるナチュラルな印象を与えたい場合はブラウンマスカラと、なりたい雰囲気別にアイテムを使い分けるのもおすすめです。

【部分別ポイント3】アイライナーでやさしめな印象を与えよう

【部分別ポイント3】アイライナーでやさしめな印象を与えよう 出典:adobestock

目元を印象強くするアイライナーですが、太いアイライナーでがっつり囲むのはNG。30代からは細い筆でまつ毛の生え際を埋めるように描き、さりげなく目元を強調しましょう。 
また、全体には引かず、目尻だけに引いていくのもおすすめ。目尻から3分の1の場所から引きはじめると、抜け感のあるナチュラルな印象に仕上がります。 
やさしめな印象を与えたい場合は、ブラウンアイライナーもおすすめです。 
なりたい雰囲気別で使い分けましょう。

\お守りコスメ/ 乾燥が辛くなる前に使いたい、保湿アイテムとは?

【部分別】30代におすすめのチーク&リップ

【部分別ポイント1】30代に似合うチークの選び方

【部分別ポイント1】30代に似合うチークの選び方 出典:adobestock

30代になってからチークは省略しているという方もいるかもしれませんが、顔に立体感を与えるためにもチークは重要。立体感を与えることで、フェイスラインがすっきりして見えるようになります。 
しかし、チークは選び方を間違えると、痛い印象になりかねないのも事実。30代からは肌馴染みを意識して選ぶと、失敗も少なくなります。 
おすすめのカラーはベージュ、ローズ、コーラル系。なりたい雰囲気別でカラーを選びましょう。

チークを塗る時に注意したいポイント

チークを塗る時に注意したいポイント 出典:ライター撮影画像

30代からは、頬全体にカラーを広げたり頬に丸く塗ったりするような塗り方はNGです。顔に立体感を与えるためにも、頬骨からこめかみにかけて斜めに塗っていきましょう。
頬骨にカラーをのせた後は、塗った場所の境目を馴染ませるために、指やパフでぼかすとナチュラルに仕上がります。 
おしゃれでカッコよい印象を与えたい方は、フェイスラインをすっきり見せることを意識しましょう。

【部分別ポイント2】30代に似合うリップの選び方

【部分別ポイント2】30代に似合うリップの選び方 出典:adobestock

30代は、肌馴染みのよいリップカラーを選ぶと失敗も少なくなります。 
20代の頃は少し大人っぽすぎると感じていたローズ系やピンクベージュのリップも、30代になってから試してみると案外しっくりくることも! 
反対に、明るすぎるカラーは肌のくすみが際立ち、かえって老けて見えることもあります。そのため、流行だけにとらわれず自分にあったアイテムを選ぶことが、おしゃれな30代メイクの近道です。

リップを塗るときに注意したいポイント

リップを塗るときに注意したいポイント 出典:adobestock

30代になってから、唇の乾燥が気になり始めた方も多いのではないでしょうか?そんな状態でいきなり口紅を塗るのは、絶対にNG。まずはリップクリームやリップ下地で保湿をしましょう。 
口紅を塗るときは直塗りでも大丈夫ですが、リップブラシを使用すると端まで細かく塗れます。 
濃いカラーの口紅を使用する場合は、きっちり塗りすぎるとケバい印象になってしまうので、指でポンポンとぼかすように塗っていくと抜け感が生まれます。

この記事を書いた人

RAXY Style 編集部

RAXY Style編集部がセレクトした旬のコスメやメイクのHow to情報をお届けします。いつもより輝けるキレイのヒントをお届けてしていきます★

ライター記事一覧

記事一覧へ戻る

share