Beauty Topics

【2022年版】韓国メイクのトレンドが丸わかり!部分別に流行りをチェックして旬顔に

出典:adobestock

【2022年版】韓国メイクのトレンドが丸わかり!部分別に流行りをチェックして旬顔に

大人女子のための韓国メイクの魅力とやり方を紹介します。
大人女子が取り入れるべき韓国メイクは「水光肌(=ツヤ肌の意味)」が基本です。陶器のように均一でツヤ感のある肌を作って、思わず見惚れてしまうような肌を目指しませんか?
ベースだけでなく、眉毛やアイメイク、リップもパーツ毎にやり方も紹介しています。手持ちアイテムでも真似できるものもあるので、ぜひ今日から韓国メイクを取り入れてくださいね。

カテゴリ | アイメイク
How to 韓国 トレンド パーツ別
ハウスダストが招く肌トラブルって?詳細はこちら

日本メイクと韓国メイクのいいとこ取りができるから

日本メイクと韓国メイクのいいとこ取りができるから 出典:adobestock

最近は、日本メイクと韓国メイクを掛け合わせたメイクも流行っています。例えば、肌は思いっきり韓国っぽい水光肌にするけど、アイメイクは日本の流行を取り入れるなど。

「韓国メイクはしたいけど、韓国っぽすぎるのは恥ずかしい。」と思っている人もこれなら挑戦しやすいですよね。

メイクに「絶対こうしないといけない。」というルールはありません。自分がいいと思う方法を取り入れて、お気に入りのメイクを楽しんでくださいね。

【2022年版】韓国メイクのやり方≪ベースメイク編≫

【韓国メイク×ベース】オイルを使って、ツヤ肌を仕込む

【韓国メイク×ベース】オイルを使って、ツヤ肌を仕込む 出典:ライター撮影画像

韓国メイクで重要なのが「水光肌」。濡れたようなツヤは肌に透明感を与えるだけでなく、生き生きとした健康的なイメージを与えます。

オイルベースを使って、ツヤ肌を仕込むのがおすすめです。 オイルベースのやり方は、手のひらに1〜2滴のオイルを広げて、顔全体にハンドプレスします。

ごく少量のオイルをベースに使うことで、肌が保湿されてメイクが崩れにくくなるメリットもありおすすめです。

【韓国メイク×ベース】クッションファンデで陶器肌を作る

【韓国メイク×ベース】クッションファンデで陶器肌を作る 出典:ライター撮影画像

韓国ベースメイクといえば、やはり「クッションファンデ」!簡単で時短メイクなのにキレイな肌になれるクッションファンデは、韓国ベースメイクの基本です。

日本でも韓国でも、ツヤタイプのものが人気。肌に透明感を与えられるのでおすすめです。

クッションファンデのやり方は、顔全体にパフで塗り広げるだけ。毛穴や赤みが気になる部分には、重ね塗りをしてもOK。
顔の輪郭ギリギリまで塗ってしまうと、顔が大きく見えるので注意してください。

【韓国メイク×ベース】ハイライトを使って光を集める

【韓国メイク×ベース】ハイライトを使って光を集める 出典:ライター撮影画像

韓国ベースメイクで欠かせないアイテムが、ハイライトです。肌にツヤ感と立体感を与える効果があります。

ハイライトは簡単なアイテムにも関わらず、肌がきれいだと思われたり、メイクが上手だと思われたりと、メリットが多いのでぜひ取り入れましょう。

ハイライトのやり方は、Tゾーンと頬骨の高い部分に塗り広げます。Tゾーンにハイライトを塗ると、鼻筋がはっきりとして、美人っぽくなれますよ。

【韓国メイク×ベース】シェーディングで小顔+丸いおでこを作る

【韓国メイク×ベース】シェーディングで小顔+丸いおでこを作る 出典:adobestock

ヨシンモリと呼ばれる前髪が長くおでこを見せるヘアスタイルが日本でも流行っていますが、そのときに欠かせないのが「丸いおでこ」です。

シェーディングで生え際の不揃いを修正して、きれいな丸いおでこを作ります。シェーディングのやり方は、大きいブラシで顔の輪郭と鼻の側面に影を作るだけです。

きれいに仕上げるコツは薄めに塗ること。塗りすぎると肌に透明感がなくなってしまうので、注意してくださいね。

【2022年版】韓国メイクのやり方≪眉毛編≫

【韓国メイク×眉毛】パウダーを使ってふんわり眉毛を作る

【韓国メイク×眉毛】パウダーを使ってふんわり眉毛を作る 出典:ライター撮影画像

眉毛はふんわりとした雰囲気が流行しています。

ペンシルよりはパウダーを使って、ふんわりと仕上げるのがおすすめです。

眉毛が薄い方はペンシルで眉毛の形を作ってから、パウダーを使って埋めていく感じで仕上げていくと、眉毛をしっかり作りつつふんわり感も出せます。

また眉毛の色味は、髪の毛の色味より少し明るめを選ぶと自然になじんでおすすめです。

眉マスカラを使って、色味補正と眉毛の流れを整えてあげるとさらにナチュラルに。

この記事を書いた人

RAXY Style 編集部

RAXY Style編集部がセレクトした旬のコスメやメイクのHow to情報をお届けします。いつもより輝けるキレイのヒントをお届けてしていきます★

ライター記事一覧

記事一覧へ戻る

share