Beauty Topics

クレンジングオイルの基本的な使い方講座!毛穴汚れを落とすコツや注意すべき点は?

出典:adobestock

クレンジングオイルの基本的な使い方講座!毛穴汚れを落とすコツや注意すべき点は?

クレンジングオイルは洗浄力が高く、しっかりメイクのときに活躍するアイテムです。「洗浄力が高いから使ってみたけど、肌が乾燥するようになった」「毛穴が目立ってきた気がする」など、肌トラブルが生じているケースも。それは、メイク汚れの落とし方やクレンジングオイルの使い方が間違っているからかもしれません。
今回はそんな肌トラブルを避けるべく、クレンジングオイルの基本的な使い方や注意するべき点、毛穴汚れを落とすコツをご紹介します。

カテゴリ | スキンケア
How to 基本編 クレンジング オイル
INDEX

クレンジングオイルの特徴とおすすめできない肌タイプは?

クレンジングオイルの基本的な使い方を説明する前に、まずはクレンジングオイルの特徴と使ううえでの肌タイプの注意点を確認していきましょう。

クレンジングオイルの基本的な特徴は?

クレンジングオイルの基本的な特徴は? 出典:adobestock

クレンジングオイルは油性成分で汚れを落とします。水と油は分離をしてしまうので、クレンジングオイルの多くは界面活性剤が配合されています。その界面活性剤の力によって、水と油をくっつけて水で洗い流せるようにしているんですね。

クレンジングオイルは油を落とす洗浄力が強い分、肌への負担も大きくなります。

一方で、素早く汚れを落とせるのでクレンジングが時短でき、摩擦が少ないというよさもあります。

オイルの種類によって3つのタイプがある

オイルの種類によって3つのタイプがある 出典:adobestock

クレンジングオイルは使われているオイルの種類によって、大きく3つのタイプに分類されます。各タイプの基本的な特徴をおさえていきましょう。

  • ・鉱物油系:石油をイメージする鉱物油系は、メイクを落としやすい反面、皮脂も落としやすいオイルです。乾燥しやすい方は使い方に気を付けましょう。
  • ・エステル系:合成された油脂を使っているのが特徴です。基本的に肌なじみがよく、酸化しにくいオイルです。
  • ・油脂系:動植物性の油で、保湿効果が高いオイルが使われているのが特徴。クレンジングオイルの中でも乾燥しにくいタイプです。

クレンジングオイルがおすすめ出来ない肌タイプって?

クレンジングオイルがおすすめ出来ない肌タイプって? 出典:adobestock

クレンジングオイルは洗浄力が強いため、乾燥肌や敏感肌の方が使用する際は使い方に注意が必要です。クレンジングにおいて、オフされるのはメイク汚れだけではありません。顔の皮脂膜や肌のうるおい成分である、天然保湿因子(NMF)も洗い流されてしまいます。

とくに敏感肌の方は、肌のバリア機能が低下して刺激に敏感になっている状態。クレンジングの使い方のコツとして、オフは短時間で終わらせるように注意しましょう。

\お守りコスメ/ 乾燥が辛くなる前に使いたい、保湿アイテムとは?

今更聞けないクレンジングオイルの基本的な使い方

基本はメーカーが推奨する使い方を守ること

基本はメーカーが推奨する使い方を守ること 出典:adobestock

クレンジングオイルの基本的な使い方は、使用するクレンジングオイルの裏に記載されているメーカー推奨の使い方を守って使うことです。メーカーによって塗れた手でもOKだったり、乾いた手で使うことが推奨されていたりと使い方に違いがあります。使う量もメーカーそれぞれ。

クレンジングオイルだから全部同じ使い方だろうと思わずに、必ずメーカー推奨の使い方を確認するクセをつけてくださいね。

ポイントメイクはあらかじめ落としておく

ポイントメイクはあらかじめ落としておく 出典:adobestock

クレンジングオイルの洗浄力が強いからといって、ポイントメイクもまとめて落とそうとすると、その分クレンジング時間が長くなってしまいます。さらには、ポイントメイクが落ちにくいと指でこすることになり、色素沈着につながってしまう可能性も。

使い方として、クレンジングオイルの前にポイントメイクは落としておくと覚えておくようにしましょう。

クレンジングオイルはTゾーンからのせるのがコツ

クレンジングオイルはTゾーンからのせるのがコツ 出典:adobestock

汚れを一番落としたい部分、皮脂が多い部分からクレンジングオイルをのせていきます。なぜなら、最初にのせる部分には、一番クレンジングオイルがのるからです。オイルの使い方のコツとしては、こすらず丁寧にメイク汚れとクレンジングオイルをなじませていくこと。Tゾーンのメイク汚れがなじんできたら、肌全体へとクレンジングオイルを広げていきます。

目元、口元は最後に洗い流すよう注意して!

目元、口元は最後に洗い流すよう注意して! 出典:adobestock

目元、口元は全体のクレンジング前に、あらかじめポイントメイクとして落としています。そのため、皮膚が薄い目元や口元はクレンジングオイルを最後になじませるのが重要な方法です。

最後になじませることによって摩擦を減らしたり、クレンジングオイルが肌にのっている時間を短くしたりできます。

クレンジングオイルは洗い流す前に乳化させる

クレンジングオイルは洗い流す前に乳化させる 出典:adobestock

乳化とは、水と油のような溶け合わない液体同士を混ぜ合わせること。クレンジングオイルには、この溶け合わない水と油の橋渡しをしてくれる界面活性剤が配合されています。乳化の方法は、少量の水をクレンジングオイルとなじませていくだけ。

乳化できるとクレンジングオイルが白く濁ってくるので、洗い流しを行います。この乳化するという使い方をスルーして洗い流そうとすると、汚れが残る可能性もあるので注意しましょう。

洗い流しはぬるま湯で行うのが基本

洗い流しはぬるま湯で行うのが基本 出典:adobestock

寒くなると熱めのお湯を使ったり、暑い時期だと冷たい水で洗い流したりしがちですが、どちらも肌にはよくありません。洗い流す際は、人肌に近いぬるま湯で行うのが効果的です。

このとき、ぬるま湯がかかってない部分へぬるま湯をのばそうと顔をゴシゴシしないよう注意してください。

ぬるま湯をかける位置を少しずつずらしながら、全体を洗い流していくのがコツです。ぬるま湯で洗い流すのは乾燥を防ぐケアでもありますよ。

クレンジング後は洗顔料を使って洗顔をしよう

クレンジング後は洗顔料を使って洗顔をしよう 出典:adobestock

クレンジングオイルでメイク汚れを落とした後は必ず洗顔料を使って洗顔しましょう。この洗顔によって、肌に残ったクレンジングオイルをしっかりと洗い流していきます。

クレンジングオイルによっては使い方を見ると、洗顔が不要なものもあります。乾燥肌や敏感肌の方は洗いすぎによる乾燥を防ぐために、W洗顔不要のタイプのクレンジングオイルを選ぶようにしてくださいね。

クレンジング後のスキンケアの方法

クレンジング後のスキンケアの方法 出典:adobestock

クレンジングや洗顔後は肌が乾燥している状態です。クレンジング後のスキンケアの方法としては、とにかくしっかりと保湿して水分や油分を補ってあげましょう。

クレンジングのときと同様に、保湿の際も肌をこすらないこと!

クレンジングがちゃんとできていても、ケアがおろそかになっていては意味がありません。やさしく保湿ケアを行うよう心掛けましょう。

この記事を書いた人

RAXY Style 編集部

RAXY Style編集部がセレクトした旬のコスメやメイクのHow to情報をお届けします。いつもより輝けるキレイのヒントをお届けてしていきます★

ライター記事一覧

記事一覧へ戻る

share