Beauty Topics

【化粧崩れ防止対策】よれなどの原因は?落とさせないメイクの仕方&コツまとめ!

出典:adobestock

【化粧崩れ防止対策】よれなどの原因は?落とさせないメイクの仕方&コツまとめ!

化粧崩れを防止させるためのメイク方法やコツとは、一体どんなものがあるのでしょうか?化粧が崩れてしまう原因は人それぞれなので、肌の状態などを見極めながら“よれないメイク”を研究するのが大切。
スキンケアやメイク直しのやり方、ベースやアイメイクといったパーツごとのメイク方法のコツなどに焦点を当てながら、メイク崩れやよれを防ぐ方法を解説してきます。
あなたに合った解決策とは?さっそく一緒にみていきましょう。

カテゴリ | アイメイク
How to
INDEX

化粧崩れを防止するために原因を探ろう!

まずは化粧が崩れてしまう原因とは一体何なのか、一緒に探っていきましょう。皮脂や汗はもちろんのこと、乾燥やメイクの仕方なども原因の1つとして考えられます。

人によっては、お気に入りのアイテムが肌に合っていなくて崩れてしまっている場合も。

自分に当てはまりそうな原因を以下でチェックして、化粧崩れ防止に役立てましょう!

原因(1)皮脂や汗

原因(1)皮脂や汗 出典:adobestock

化粧崩れをしてしまう原因とは?と考えたときに、パッと思い浮かびやすいのが皮脂や汗ですよね。主に下地やファンデーションなどのベースメイクアイテムには油分が含まれているので、皮脂と混ざって溶けてしまいます。 

また、汗をかいた際も水分と一緒にメイクが流れ落ちてしまうため、化粧崩れの原因に。温度が高めの場所や体を動かすシーンでは、崩れ対策を意識したメイクを心掛けましょう。

原因(2)乾燥

原因(2)乾燥 出典:adobestock

乾燥も化粧崩れの原因の1つになります。肌が乾燥していると、皮脂の分泌を増やしたりメイクの密着度を弱めたりしてしまうため、メイクよれを引き起こすことに。皮脂が出やすいからとマットなメイクに仕上げたせいで、逆に化粧崩れを招いている可能性があります。

乾燥を感じている、ベースメイクはマットな質感が好みといった特徴に当てはまる方は、まずはしっかりと肌の保湿をして化粧崩れを防止してあげましょう。

原因(3)ファンデを塗りすぎている

原因(3)ファンデを塗りすぎている 出典:adobestock

ファンデの厚塗りも、化粧崩れの原因になってしまいます。きれいな肌に仕上げようとベースメイクの工程でたくさん重ね塗りをすると、肌に密着しきれていない部分がよれやすくなる原因に。

また厚塗りをしている箇所は、メイクが崩れたときに目立ちやすくなるのもネックです。

ベースメイクの際は下地やコンシーラーなどを上手く活用して、ファンデを厚塗りしすぎないように気をつけましょう

原因(4)スキンケアやコスメが肌に合っていない

原因(4)スキンケアやコスメが肌に合っていない 出典:adobestock

使用しているスキンケアやコスメが肌に合っていないと、皮脂分泌を増やしたり乾燥を招いたりして化粧崩れにつながってしまうことも。特定のアイテムを使うと肌にかゆみや赤みがでたり、ベタつきが気になったりする場合は、スキンケアやコスメを見直してみるのも1つの手です。

メイクがよれないような土台作りをするためには肌の状態も重要になってくるので、自分に合ったアイテムを見つけるのも化粧崩れを防止する秘訣ですよ。

スキンケアから化粧崩れを防止するためのポイントとは?

化粧崩れを防止するコツとは?と考えたときに、メイクの仕方やお直しの仕方を真っ先に調べる方も多いはず。実は、スキンケアの仕方次第でも化粧崩れを防止できます。しっかり余分な汚れを落としたり、肌にうるおいを与えたり、油分を補ったり、いろんなコツやポイントがあります。

化粧崩れを防止するためのスキンケアの仕方を、この機会にマスターしましょう!

朝洗顔をして、余分な皮脂や汚れを落とす

朝洗顔をして、余分な皮脂や汚れを落とす 出典:adobestock

夜にきちんと洗顔していれば、朝洗顔をする必要はないのでは?と感じる方もいるでしょう。

ですが、寝ている間にも思った以上に皮脂が分泌されたり汚れがついたりしてしまうもの。メイクのりをよくさせるためにも、朝起きたらまずは洗顔をして肌の上にある余分な皮脂や汚れを洗い流してあげるのが大切。 

朝に洗顔すると乾燥が気になるという方は、ぬるま湯洗顔にしたり、アミノ酸系などの洗浄力が抑えられた洗顔料を使ったりするのもおすすめです。

化粧水で肌にしっかりとうるおいを与える

化粧水で肌にしっかりとうるおいを与える 出典:adobestock

洗顔を終えて肌をまっさらな状態に整えたら、スキンケアを始めていきましょう。肌が乾燥してしまわないように、化粧水は水分をしっかりと補給できるタイプがおすすめですよ。化粧水を適量手のひらに取ったら、顔の中心から外側にかけて広げていきます。

また、化粧水の効果をより高める使い方とはどんな方法かも、ぜひ押さえておきましょう。強く押しつけたりたたいたりするのではなく、手のひらでやさしく包み込むようにつけていくのがポイントです。

皮脂が気になる方は収れん化粧水を

皮脂が気になる方は収れん化粧水を 出典:adobestock

とくに皮脂やテカリが気になるという場合は、収れん化粧水を取り入れるのもよいですね。収れん化粧水は皮脂バランスを調整して、肌のベタつきを抑えてくれる効果が期待できるので、化粧崩れを防止するためにもおすすめなアイテムになります。

ベースメイクのよれや毛穴落ちが気になる方は、スキンケアの段階から皮脂を上手くコントロールする仕方も研究してみましょう。

乳液やクリームで保湿も忘れずに

乳液やクリームで保湿も忘れずに 出典:adobestock

スキンケアの仕上げに、乳液やクリームで保湿をしていきましょう。化粧水で与えたうるおいを蒸発させないためにも、油分を補ってあげるのが重要です。化粧崩れを防止するために乳液やクリームで保湿をする場合は、肌に薄く塗り広げていくのがコツになります。

重ねすぎてしまうと肌になじみきらなかった分がそのまま残って、逆にベースメイクの密着度を弱める原因になってしまうので注意してくださいね。

この記事を書いた人

RAXY Style 編集部

RAXY Style編集部がセレクトした旬のコスメやメイクのHow to情報をお届けします。いつもより輝けるキレイのヒントをお届けてしていきます★

ライター記事一覧

記事一覧へ戻る

share