Beauty Topics

髪の油っぽいベタベタの原因って?ヘアケア・予防方法でトラブルを改善しよう!

出典:adobestock

髪の油っぽいベタベタの原因って?ヘアケア・予防方法でトラブルを改善しよう!

毎日髪の毛を洗っているのに「すぐに油っぽい感じやベタつきが出てしまう」とお悩みの女性の方は、意外と多いのではないでしょうか。
髪が油っぽいと見た目がよくないだけでなく、髪のトラブルの原因となってしまうことも。
そこで今回は、髪の油っぽいベタベタの原因と改善方法、予防対策、毎日のケアの注意事項まで徹底解説していきます。

カテゴリ | ヘアケア
How to

正しい髪の洗い方で油っぽくなるのを予防しよう

油っぽい髪を予防する洗い方を徹底解説!

油っぽい髪を予防する洗い方を徹底解説! 出典:adobestock

油っぽい髪を予防・改善する方法として基本なのが、毎日のヘアケアであるシャンプー。毎日のヘアケアだからこそ、油っぽい髪への対策をしっかり講じた正しい洗い方をして、ベタつきを予防するのが大切です。

正しい髪の洗い方といっても難しい方法ではなく、いくつかのポイントに注意するだけなので簡単。

ぜひ今日の夜のシャンプーから実践して、油っぽい髪を改善していきましょう。

洗い方(1)洗う前にブラッシング

洗い方(1)洗う前にブラッシング 出典:adobestock

油っぽい髪を予防・改善するための最初のヘアケアは、シャンプー前のブラッシング。髪が乾いた状態で、根元からしっかりとかしていきましょう。

ブラッシングをすることで絡んだ髪の毛がほぐれて洗いやすくなるだけでなく、髪に付いているホコリや根元にたまった余分な皮脂もある程度落とせて、洗うのがラクになりますよ。

頭皮を傷つけないように豚毛のような天然毛のブラシを使うなど、アイテム選びにも注意しましょう。

洗い方(2)お湯で予洗いする

洗い方(2)お湯で予洗いする 出典:adobestock

次に、ぬるま湯で頭皮と髪をしっかりとぬらします。髪の毛に付着したほこりや汚れ、皮脂は、ブラッシングと予洗いで8割方落ちるといわれています。

さらにしっかりとお湯にぬらせばシャンプーの泡立ちがよくなり、油っぽい髪もすっきりと洗いあげられますよ。とくに油っぽいときは40度程度の熱いお湯を使うと皮脂が流れやすくさっぱり洗いあがりますが、熱すぎると皮脂が落ちすぎてしまうので注意です。

洗い方(3)シャンプーを泡立てる

洗い方(3)シャンプーを泡立てる 出典:adobestock

シャンプーを手に取ったら、ぬるま湯を1対1の割合で加えてしっかりと泡立てましょう。泡立てることでシャンプーが髪と頭皮にいきわたりやすくなり、油っぽい根元部分もしっかりと洗いあげてくれます。

シャンプーを原液のまま頭皮につけてしまうと刺激が強く、頭皮を傷める原因になるので注意。

シャンプーの泡立てが苦手な場合、フォームタイプのシャンプーアイテムを選んでみましょう。

洗い方(4)マッサージ洗いする

洗い方(4)マッサージ洗いする 出典:adobestock

しっかりとシャンプーを泡立てたら頭皮を中心に乗せ、指の腹で洗います。このときに注意してほしいのが、油っぽいのが気になるあまりに強い力でこすり洗いをしないこと。強い洗い方をすると頭皮がダメージを受けてしまうため、適度な力での洗い方がポイントです。

やさしいタッチで頭皮の皮脂を絞り出すように、マッサージするイメージでしっかりと洗いましょう。

洗い方(5)しっかり洗い流す

洗い方(5)しっかり洗い流す 出典:adobestock

頭皮を中心にしっかりとマッサージ洗いができたら、最後にすすぎをしましょう。すすぎはぬるま湯のシャワーを使って、根元を中心に髪全体をしっかりすすぐことがポイントです。

頭皮にシャンプーが残ると乾燥の原因となってしまうため、すすぎ残しがないように注意しましょう。耳の後ろや首元、もみあげ部分などはすすぎ残しが多いので、とくに注意です。

洗い方(6)トリートメントは毛先のみ

洗い方(6)トリートメントは毛先のみ 出典:adobestock

シャンプーをした後、とくにロングヘアの方など髪のパサつきが気になる方は、トリートメントを行いましょう。トリートメントを付けるときにも注意点があり、油っぽい髪にお悩みの方は「毛先のみ」に使うのがポイント。

頭皮のバランスが崩れている可能性があるため、トリートメントが頭皮についてしまうとさらなるトラブルの原因にもなってしまうからです。油っぽい髪が改善するまでは、根元にトリートメントを付けないようにしましょう。

髪が油っぽい人も、正しい改善方法でサラサラヘアに!

油っぽい髪やベタつきの原因や改善方法、ヘアケアの基本ともいえる正しい髪の洗い方ついて、解説してきました。油っぽい髪は清潔感を欠いて見えてしまうだけでなく、頭皮のトラブルの原因にもなってしまいます。

今回ご紹介した正しい予防方法や改善方法、ヘアケアアイテム選びを実践し、正しい対策を行って、ベタつきの気にならない、一日中サラサラの美髪を目指しましょう。

この記事を書いた人

RAXY Style 編集部

RAXY Style編集部がセレクトした旬のコスメやメイクのHow to情報をお届けします。いつもより輝けるキレイのヒントをお届けてしていきます★

ライター記事一覧

記事一覧へ戻る

share